ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンゴルフ! Canlubang Golf & Country Club カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ

フィリピンゴルフ! Canlubang Golf & Country Club カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ
広告
広告

 

Canlubang Golf & Country Club カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ

雨季ですね。芝が濡れていてランで飛距離が稼げない。飛距離の出ない僕としては苦労する時期でもありますが、ミスショット(主にスライス回転)がハザードの手前で止まってくれると前向きに考えるようにしております。さて今月号はCanlubang Golf & Country Club (カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ)。日本人会コンペを始め各種コンペ会場としての利用されることも多いので日本人には馴染み深いコースです。

日の出前、高速を降りカンルーバンへの道をコトコトとゆっくりゴルフ場に近づいて来ると鬱蒼と茂るヤシの木の陰が見えてきます。このヤシの木がいかにも南国フィリピン。ヤシの木が茂るゴルフ場は多いですが、カンルーバンは特にコース内のヤシの木が多いように思います。南国らしい景色、広いフェアウェイ(気持よくドライバーを振れる!?)、などゲストを連れていくにも良いゴルフ場ではないでしょうか。

コースは北と南それぞれ18ホールの計36ホールあるのが魅力の一つです。北の方が難しいというのはよく聞く話で、僕のスコアも北よりも南のほうが良いです。また、カンルーバンの白ティーと青ティーの距離は極端に違うというのが僕の印象です。青ティーのティーグラウンドに立つと別のコースに来たかのように感じます。




コース

北コースは距離が長いホールや難易度の高いホールを思い出します。6番ショートホールは大きな池超え。グリーンに届かなければもちろん池ポチャ。池ポチャを嫌って大き目の番手でオーバーしてしまうと池に向かって下りの返しが待つバンカー。ハマってしまうと多叩きしやすいホールです。右サイドに安全なエリアがありますが、やはりショートホールはグリーンに向かって打ちたいですよね。

6番に続いて7番も難しいホールの一つだと思います。ティーショットは問題ありませんが、セカンドショット地点に行くとグリーン手前に池が待ち構えているのが見えます。ここで、グリーンを狙うのか、池の手前に刻むのか、選択を迫られます。こちらも6番同様オーバーすると返しのアプローチが難しいので、高くグリーンに止めることができるようなボールを打つ必要があります。ですから残り150ヤードの場合でも「池は超えるけどグリーンに止まるボールとなると。」などと迷ってしまう。手前に刻む場合でも池に向かって下り、左足下がりの難しいアプローチが残るのでやっかい。2打目のライの状況、その日の調子と相談しながらの判断ということになるでしょうか。

南コースの名物ホールは17番谷越えショートホール。正面に大きな木。超えたと思った当たりも木にひっかかって谷に落ちていくこと多々。ティーグラウンドから見るとグリーン奥が一見狭そうに見えますが、意外に広めなので多少大き目に打つのが良いと思います。

 

北コース7番:2打目残り距離によっては刻むか、グリーンを狙うかで迷う

北コース6番:左を嫌って右にプッシュしてしまうこともしばしば

 
キャディさん

どこのゴルフ場でもフィリピン人らしく陽気なキャディさんが多いですが、カンルーバンのキャディさんは特に陽気な気がします。キャディさん同士も仲良く、おしゃべりに夢中になって僕のどスライスボールの行方を見失うこともしばしば。フェアウェイに打て、というメッセージなのでしょうか(笑)。




カンルーバンのキャディさん達




レストランと茶屋

併設のレストランはクラブハウスの2階に位置し、見晴らしが良く、特に北コースの9番と18番グリーンが見下ろせるテラス席は風の通りもよく、ラウンド後の一杯にぴったり。ビールを飲みながら話に興じていると1時間や2時間はあっという間に過ぎてしまいます。

実に贅沢な時間です。また、カンルーバンの茶屋の定番はマミと呼ばれるフィリピン風ラーメン。フロントナインを終えた中休みにはちょうど良い量ですね。ゆでたまごを入れるのも良し。




レストラン・テラスからの眺め




カンルーバン・ウォーター!?

ゴルフ場で見られるピッチャーに入った無料の水。一部ではカンルーバン・ウォーターと呼ばれているこの水。なんでもカンルーバンの地下から汲み上げている水だとか。言われてみると確かに美味。谷越えホールに掛る橋から谷を覗いてみると清流が流れていますので美味しい水が取れるのも納得。茶屋ごとにこれを飲んでスコアアップ!なんて上手くいけばいいのですが、そうは簡単にいきませんね(笑)。

さて、次回はどこのゴルフ場に行きましょう。それではまた。

 
詳細
北コース: 18ホール パー72 6,872ヤード
南コース: 18ホール パー72 6,795ヤード
プレフィー 要会員紹介
会員   平日P1,550/休日・祝日P3,050
非会員 平日P2,100/休日・祝日P4,100
住所:Canlubang Sugar Estate,Canlubang,Laguna
TEL: 049-543-2640 to 2643
FAX: 049-549-0147


自己紹介

大橋 直輝

2013年7月にフィリピンに赴任し、約10年ぶりにゴルフ再デビュー。以来すっかりゴルフに夢中です。年中温暖で美しく開放的なフィリピンのゴルフコースの撮影も楽しみの一つです。

広告
広告
広告

Let's enjoy フィリピンゴルフ!

南ルソン高速道路をバタンガスに向けて南下し、リマ工業団地があるリパにあるのがサミットポイントゴルフエステイト。高速を降りて、ゴルフ場に続く林間の細い道を行くと闘鶏用の三角屋根の小屋が左右に見えてきます。
「フィリピンの名門ゴルフ場は?」と聞かれて思いつくゴルフ場はマニラゴルフと、今回紹介するサンタエレナだと思います。施設の充実、行き届いたフェアウェイの管理、またプレイフィーの高さも名門と言えるでしょう。
観光地でもあるタガイタイに立地するゴルフ場「Tagaytay Midland」。クラブハウスのテラスからタール湖が一望できる風光明媚なコースでラウンド前のコーヒーは実に贅沢な時間。
オーチャードゴルフコースはマニラから1時間弱のカビテ州ダスマリニャスに立地するゴルフ場です。
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。

Let's enjoy フィリピンゴルフ! 一つ前のコラムを見る

Let's enjoy フィリピンゴルフ!
はじめまして。今号からこちらのコラムを担当させてもらうことになりました大橋直輝です。第一回目は、デビュー戦の舞台となったKC Filipinas Golf を紹介したいと思います。

その他

『労働組合ができたあとはどうすればよい?』前回は会社に労働組合ができそうな場合にはどうすればよいのかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらか...続きを読む
おやつが大好きなフィリピンにはたくさんの甘いスイーツがあります! クリスマスシーズンになると街中でPuto bumbong屋台が出没してきます! Puto bumbongとは紫の餅にココナッツや砂糖をまぶして食べるものです。 今回はこのPuto bumbong作りと販売のお手伝いをしてきました!
フィリピンに来る前に 「フィリピンでは水道水は絶対に飲んではいけない」 という情報を聞いていました。 なので、来たばかりの時はビビリまくって歯磨きの水ですらミネラルウォーターを使っていました。
今回は「激辛ヌードルチャレンジパート2」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っていますのでまたまたチャレンジしたいと思います! 前回は1人でどの位辛いかの検証だけだったので、今回は井上とどちらが先に完食出来るかを競いました。
フィリピンでシェフとして活躍する傍ら、外食産業のコンサルタント業務に従事していたStratenさん。2000年から2007年までは、スターバックスにてサンドウィッチの開発に携わる。2007年、日本全国で展開しているステーキ店「ペッパーランチ」とアジア各国に店舗を持つしゃぶしゃぶレストラン「しゃぶ里(Shaburi)」のフランチャイズを運営する会社、Benmark Group Holdingsを設立。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!
世界を股にかけるような大きな仕事をしたいという思いを実現し、20年という長きに渡り海外で活躍を続ける重田さん。現在、フィリピンでは建設業におけるBPOという独自路線を指揮し、150名を束ねている。建設業務がスムーズに行えるように、裏方として常に気配りし、会社を支える大黒柱。オフのときも含め、バイタリティに溢れている。
今回の食材 ●ローカル豆腐(TOKWA)
揚げ豆腐の油林鶏ソースがけ
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel