ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  出会いを大切に-様々な活動を続ける日々

出会いを大切に-様々な活動を続ける日々
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。
今回は、フィリピン少数民族の伝統文化研究・工芸技術維持のため、彼らの伝統織物の販売を支援し、
自身も国際服飾学会会員、フィリピン伝統織物研究家、服飾コーディネーターなどと多彩な経歴を持つ、
HIBI・インターナショナル代表取締役の高木 妙子さんにスポットを当てました。

出会いを大切に-様々な活動を続ける日々
HIBI・インターナショナル代表取締役
高木 妙子さん


 最初は好きになれなかった・・・
1971年、高木さんはご主人の転勤に伴い初めてフィリピンの地を踏んだ。まだ新婚で、英語もあまり話せず知人もいない中、二人はフィリピンで結婚式を挙げた。当時のフィリピンは治安が悪く、「怖い・汚い・貧しい」所だと思い、好きになれなかったそうである。ご主人の仕事は地元織物会社との合弁事業で、当初は3年以上5年以内の赴任という話であった。しかし、5年が過ぎそろそろ帰ろうかと思う頃、色んな出来事が起こり、帰国はとうとう今日まで延び延びになってしまった。


変化の始まり
人生における出来事の多くがそうであるように、高木さん自身の変化もある出会いと共に始まった。1976年、International Fiber Artist Guild(国際織物研究協会)に招待され、そこで始めてフィリピンの伝統織物に出会う。この頃から、どうせ住むなら楽しく前向きにと、物事を肯定的に見るようになり、元々繊維会社に務めていたこともあって、フィリピンの伝統織物について目を向けるようになった。勉強をしていくうちにフィリピンの国や人々のことが解るようになり、どんどん好きになって離れがたくなっていったという。またこの年、Museum Volunteers of the Philippines(MVP)の創立メンバーにも出会う。MVPは主にフィリピンの少数民族の伝統的な織物、手工芸品、家具などを中心に研究活動を行っており、1983年にメンバーとなって以来、高木さんは、日本人にも参加してもらいたいとの思いから、日本人向け窓口の責任者を務めている。


takagisan2.jpg


重ねていく出会いの中で
元来、人付き合いが好きという高木さん。フィリピンの伝統織物に魅せられてフィリピンが好きになるにつれどんどん活動範囲が広がり、様々な出会いを重ねていく。1974年にはミンドロ島の少数民族ハヌノー・マンヤン族と出会い、生活援助と伝統文化維持のため、彼らの織物・民芸品の販売を手伝うボランティア活動を始めた。以後ルソン島北部から南部スル島に亘る約10もの少数民族の代表達に会い、その活動を展開していく。そして、1983年からは年に2回、夏休み前とクリスマスの時期に織物の販売をする活動も始めた。販売の売り上げは全て織り子の子供達の教育費に充て、一方で在住の日本人、外国人、フィリピン人を対象に伝統工芸技術の維持・継承・紹介も行っている。


1980年、高木さんは「フィリピンに学ぶ会(フィリピカ)」をメンバーと共に立ち上げる。本やニュースレターの交換等、個々の活動や文化的な交流を通じて、みんなでフィリピンの文化をもっと知ろうという日本人の組織である。フィリピカの活動は多岐に渡っており、2003年6月に行われた歌舞伎の着物の講演や着物ショーではスポンサーを務め、成功を収めている。高木さんはその時の主力メンバーであった。
ご自身では裏方の仕事が好きだ、という高木さんだが、目の前に来たものに対して素通りできない好奇心と頼まれたことを断れない性格ゆえに、表に出ての活躍も目覚しい。


takagisan.jpg


NHKジャーナル (ラジオ第1放送ニュース番組) のマニラ・レポーターを務めたり、フィリピンの日本語ケーブルテレビチャンネルWINSでニュースキャスターを務めた。1997年から2004年までのWINSでの7年間、彼女はトークショーを通してフィリピンの文化や芸術の紹介に努めた。同時に同社の支店設立にもあたった。さらに、高木さんは「日比パガサの会」と共にストリートチルドレンのための奨学金と住宅を与えるエルダ財団を支えている。様々な活動を行う一方で画家として、写真家として、歌手として、織り手として多彩な才能を持ち、フィリピンの民族衣装や服飾文化史事典の執筆も担当している。また、Silahis Textile Museumのディレクター兼染色の考証の研究家としても重要な人物である。


いろいろな人と逢うのが楽しみで、一期一会、本音で話して相手がどういう方なのかを知るのが楽しい、とおっしゃる高木さん。どこにでも飛び込んでいく柔軟さが人との出会いを生み、一生学びながら自分を成長させていきたい、という前向きさが“出会い”を“きっかけ”に変えていくのだろう。その積み重ねが高木さんの意識を変化させていった。好きではなかったフィリピンを、やがては日本人に紹介することに半生を捧げるほど愛するようになるまでに。高木さんは今日も、大好きなフィリピンの素晴らしい点を皆に伝えたいと、フィリピンの空の下を颯爽と駆け抜けている。

 

プロフィール
高木 妙子
HIBI・インターナショナル代表取締役

1971年、結婚と同時にマニラ駐在となった夫に伴い来比。1977年よりフィリピン在留邦人のための情報誌「マニラ生活案内/医者と薬・果物・野菜・魚・暮らしのしおり」の編集部員となる。1981年「フィリピンに学ぶ会(フィリピカ)」をメンバーと共に創立。「ミュージアム・ボランティア・フィリピン」、「日比パガサの会」など幅広いコミュニティー・ボランティア活動にかかわる。1974年からミンドロ島少数民族ハヌノー・マンヤン族に始まり、フィリピン少数民族(約10民族)の伝統文化研究・工芸技術維持のため、彼らの伝統織物の販売を支援。国際服飾学会会員。フィリピン伝統織物研究家。服飾コーディネーター。趣味は絵画、写真、歌など多彩。

広告
広告
広告

輝く日本人

今回の輝く日本人は、グローバルマインドをもち様々な活動に意欲的に取り組まれる安部妙さんにスポットを当てました!
今回の輝く日本人は、グローバルマインドをもち様々な活動に意欲的に取り組まれる安部妙さんのお話、後編です。
今回は、ウナギの栄養成分を分析、政府の製造認可を取得して栄養剤を開発販売している坂本知弘さんのご紹介。
このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。 今回は、マニラ学習塾の塾長を務める石川誠司さんにスポットを当てました...続きを読む
人種・年齢・宗教に関係なく教育ととことん向き合う。フィリピンで輝く日本人、石川さんの後編です。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
日本の歯科技術伝授のためフィリピン人に帰化した日本人第一号となった小林さんのお話、後編です。

その他

2016年10月に三菱商事のシニア開発オフィサーに就任した栗生さん。近年、フィリピンではショッピングモール内に日本コンセプトの商業エリアや日本のコンテンツに対して注目が集まっている。JR東日本で培った沿線再開発のノウハウを糧に、不動産開発を通じて海外と日本をつなげる仕掛け作りに注力する。
住友商事と比大手財閥ロペスグループが共同で開発・運営するバタンガスの工業団地、「ファースト・フィリピン・インダストリアル・パーク」の福田繁夫さんにお話をお聞きしました。
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンの遊びビアポンを紹介します」です!みなさん!ビアポンって知ってますか?
今回は知り合いのフィリピン人の子供がキリストの洗礼式(binyag)をするという事で参加してきました!
今回はフィリピン料理のシニガンを作ってみました!フィリピンに長く住んでいる方なら1度は食べたことがあると思います。 シニガンはフィリピンの代表的な料理で一言で言うととても酸っぱいスープです。フィリピンではシニガンスープは日本でいう味噌汁と似ていて各家庭によって作り方や味が違います。
PGA Sompoは日系企業のパートナーとしてフィリピンに進出し四半世紀。小さな市場に60社もの損害保険会社がひしめく群雄割拠の中、近年はローカルを含めた非日系企業にも日本クオリティのサービスを提供して存在感を増しています。市場の潜在性は非常に高く、これからが楽しみな一方、「宵越しの金は持たない」国民性の比人に向け保険の周知活動にも取り組んでいます。
私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?
今回はisang daan (100)シリーズ第2弾という事で前回の【焼きそばにカラマンシーを100個かけてみた】に続いて、【焼きそばにチリを100個入れてみた】です。まずチリを100個買いに行ったのですが、普段ならすぐ見つかるはずのチリがどこにも売ってない!
NO.8 インタビュー どうなる? フィンテック市場の動向 ~ NRI マニラ支店のコンサルタントに聞く〜
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー