ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンのフィンテック産業動向について【フィリピンビジネス情報 by JETRO 第3回】

フィリピンのフィンテック産業動向について【フィリピンビジネス情報 by JETRO 第3回】

フィリピンのビジネスに関した様々な情報をJETROの吉田さんに寄稿していただきます。
コロナ禍はこれまでのフィリピン人の行動様式を大きく変えました。その一つが人々の生活の中にデジタル金融が大きく浸透したことです。本稿では、フィリピンでのデジタル金融やフィンテック産業の動向について概況を説明します。

日本貿易振興機構(ジェトロ)マニラ /
Japan External Trade Organization (JETRO) Manila
吉田 暁彦さん Mr. Akihiko Yoshida

 

2015年、ジェトロ入構。本部、ジェトロ名古屋を経て、2020年9月より現職。フィリピン経済についての調査・情報発信と、日系スタートアップに対するフィリピンへの展開支援を主に担当。

 

 

 

(1)コロナ禍前の金融包摂(注)に関する状況

 

まず、コロナ禍前の状況について簡単に言及します。これまで、フィリピンでは金融取引口座が十分に浸透しておらず、フィリピン中央銀行(BSP)が2019年に発表したレポートでは、成人10人がいるとすると約7人が金融取引口座を有していませんでした。人々の資金調達方法について、BSPの調査では家族や友人からの借り入れが44%、正式な金融機関として認可されていない高利貸や街金等の金融機関からの借り入れが10%を占めました。これらの「インフォーマル金融」が個人の資金融通の中心となっていたのです。

 

(2)新型コロナ禍で非接触型の決済サービスに対する需要が急増

 

新型コロナ禍でフィリピン政府は厳格なロックダウンを導入し、他国と比較しても強力な経済・移動制限を行いました。そうした中で、オンライン上で送金や支払いが可能な電子ウォレットサービス「Gキャッシュ」と「ペイマヤ」が急速に普及しました。「Gキャッシュ」については、2021年10月末時点にて成人人口の70%に当たる5,100万人超が登録を行いました(「ビジネス・ミラー」紙2021年11月23日付)。また、「ペイマヤ」には2021年6月時点で約3,800万人が登録しています。
米国の格付け会社ムーディーズは2021年7月、既存の銀行についてデジタルサービスの導入・開発が遅れている点を指摘し、フィンテック企業が銀行に対して個人向け金融サービス分野で優位にあるとコメントしました。

 

(3)フィリピンにて新たな金融機関類型「デジタル銀行」を導入

 

BSPは2020年12月、物理的な支店を持たずに、金融商品・サービスをデジタルな方法によって提供する金融機関類型「デジタル銀行」を新たに導入しました。2022年4月4日時点にて、デジタル銀行のライセンスを得たのは以下の6行。なお、BSPは当面の間、デジタル銀行の数を6行に制限し、綿密に金融監督を行うとともに、これらのデジタル銀行間、あるいは既存の銀行との間での適度な市場競争が起こることを期待しています。

 

表:デジタル銀行の一覧

 

(4)フィンテック分野への投資も活発化

 

デジタル金融が勃興する中で、フィンテック分野への投資も活発化しつつあります。ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の集計によると、2021年上半期のフィンテック企業による資金調達額は3億4,200万ドルであり、2020年通年での資金調達額1億3,700憶万ドルを大きく上回りました(「フィンテック・ニュース・フィリピン」2021年12月22日付)。同記事によると、フィリピンには222社のフィンテック企業があり、業種分類では、「レンディング」が27%と最多。次に「ペイメント」(20%)、「電子ウォレット」(13%)、「ブロックチェーン・暗号資産」(12%)、「送金」(12%)と続きます。
 これらのフィンテック企業の特徴として、創業者やメンバーの中に有名校の博士号・修士号等を取得している高学歴者が多く在籍していることが挙げられます。例えば、DG Daiwa Venturesが米国の投資会社Tiger Global等と2022年2月に共同出資した、フィリピンにおける暗号資産取引所を運営するPhilippine Digital Asset Exchange(PDAX)のCEO、Nichel Gaba氏は米国の名門ペンシルベニア大学ウォートン校にてMBAを取得しています。
 これまで、フィリピンでは優秀な人材が高賃金を求め、海外へ就労する「頭脳流出」が課題に挙げられていました。今後、フィリピンにてデジタル金融の浸透が続くことで、海外にいる高度人材がビジネス機会を求め、母国のフィリピンへ戻って働くというシナリオもあり得るかもしれません。

(注)ファイナンシャル・インクルージョン。国民全員が基本的な金融サービスを受けられること。

 

JETRO サイト:
https://www.jetro.go.jp/philippines/

広告

JETROコラム

ドゥテルテ政権は、政権の重点政策として10のアジェンダを挙げました。その中で、「GDP5%相当のインフラ支出」を行い、「インフラの黄金時代」を築き上げる、通称「ビルド・ビルド・ビルド」は同政権の最重要政策の1つと位置付けられてきました。今回はビルド・ビルド・ビルドの概要について、政策の振り返りも含め説明します。
今回は次期マルコス政権の主要な経済閣僚について、彼らの経歴を中心に説明します。
日本においては、最近、物価上昇・円安が世論の注目を集めています。今回は、フィリピンの物価動向や金融政策について説明します。
2022年6月30日に就任したフェルディナンド・マルコス新大統領の経済政策について、フィリピン大学経済学部准教授のレナート・レシーデ・ジュニア氏にインタビューを行いました。同氏は、マクロ経済学や公共経済学を専門とする経済学者で、フィリピン財務省(DOF)や国際金融公社(IFC)の研究プロジェクトに参画した実績を持ちます。
フィリピンでは、2022年の8月頃から砂糖や玉ねぎといった農産品の供給について、不安が指摘されています。今回は、フィリピンの食糧事情について説明します。

JETROコラム 一つ前のコラムを見る

JETROコラム
昨今、EV(注)への関心が世界的に高まっています。そうした中で、フィリピン国内においてもEVを導入あるいは生産する動きが起きています。本稿では、フィリピンのEV産業について概況を説明します。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「久しぶりにバロットチャレンジ!」です!僕達は2016年にフィリピンにきて、もうすぐ四年になります。
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「グラブフードとフードパンダどっちが早い?」です!ロックダウンで封鎖が始まりはや一か月、、、
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵
Philippines Urban Living Solutions(PULS)の共同創業者のKooijman氏。以前はDevelopment Principles Group(DPG)の創業者でありCIOを務めていました。2004年にはマニラに拠点を置くBPOのMicro Sourcingも共同創業していたこともある人物です。
このたび、日本法人の完全子会社であるフィリピン法人が他のフィリピン法人の株式全株を譲り受けることを検討していますが、フィリピンの競争法上の手続がどのような場合に必要となりますか?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピン人にトロロを食べさせてみた」です!前回の堀越さんの動画でフィリピン人に納豆、梅干しを食べさせてみた動画があります。
日本だけでなくアジアを中心に人と物の交流に貢献し、お客さまへのサービス充実に努力する。そんな想いを持つ「日本航空株式会社」マニラ支店長の石田和宏さんにお話を伺いました。
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you