ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働くキラキラ海外就職 第3回

フィリピンで働くキラキラ海外就職 第3回
広告
広告

CANON MARKETING (PHILIPPINES), INC. マネージャー 川原田 麻美さん

<今月の語り手>
CANON MARKETING (PHILIPPINES), INC.
Business Imaging Solutions Group
Manager 川原田 麻美さん

こんにちは! ゲストライターSuniです。
「なぜフィリピン? キャリアプランは?
英語力は? 恋愛は?」とズバズバ攻めこむこのコーナー、
今月は CANON MARKETING (PHILIPPINES), INC.
(以下:キヤノン)の川原田さんです!

CANON MARKETING (PHILIPPINES), INC.
ウェブサイト http://www.canon.com.ph

フィリピンで大学院に通い、卒業後に就職

Suni● さっそくですが川原田さん、フィリピン歴がとても長いと伺いました。いつからいらっしゃるんですか?

川原田さん● 日本で大学卒業後にアテネオ・デ・マニラ大学(以下:アテネオ)の大学院に留学し、その後就職したので、通算で7年になります。

川原田 麻美さん

Suni● 珍しい経歴ですね。フィリピンの大学院に留学しようと思った理由は?

川原田さん● 大学生時代にインド留学とインターンを経験して海外の大学院への進学意欲が高まり、国を問わずいろいろ候補はあったのですが、インドの帰りにたまたま立ち寄ったフィリピンで、いくつか学校見学をした結果、アテネオが印象よかったので、決めちゃいました。

Suni● 7年前のフィリピンってちょっと想像つかないんですが、来たばかりの頃はどういう感じでした?

川原田さん● アテネオのある場所は治安もよく、勉強しやすい環境でした。インターネットは自宅でもできなくはなかったのですが、非常に遅かったのを覚えています。

ネットを使いたい時は大学のパソコンをよく使っていました。ほかには、周りの人はノキアの携帯…今でもたまに見ますが、通話とテキストのみの小さな端末を2台持ちしている人が多いのが印象的でした。フォートボニファシオにセレンドラやハイストリートなどがどんどんできてきて、「おぉ~~」と思ったのを覚えています。

Suni● なるほど。ところで日本の大学からフィリピンの大学院に進学となると、語学面でとても苦労しそうなイメージがあります。

川原田さん● もともと英語が好きで、高校入学後から本格的に勉強を始めました。インド留学中にインド英語に慣れてしまいましたが、フィリピンで聞く英語は聞き取りやすく、すぐ慣れました。

Suni● そしてそのままフィリピンで就職したんですね。

川原田さん● 大学院では社会学を専攻していて博士課程に進学することも考えていたのですが、「働いてみたい」という意欲が湧き、人材会社が紹介してくれた会社がキヤノンでした。2010年1月から働いています。

キヤノンマーケティングで唯一の日本人として

Suni● では簡単に、キヤノンのビジネスについて教えてください。

川原田さん● 弊社含めキヤノングループはフィリピンに4社拠点(開発1社、製造1社、販売2社)あり、グループ会社共々キヤノンブランドがもっと多くのお客様に知っていただける様努めています。
 
私が勤めるキヤノンマーケティングでは、キヤノンブランドの製品販売と、マーケティング、サービス提供がビジネスの軸です。

Suni● 実は昔から気になっていたんですが、、、社名として正しいのは「キヤノン」なんですよね?発音するときは「キャノン」になるのに、文字にすると「キヤノン」になるのはどうして?

川原田さん● 見た目、バランスの問題ですね。「キャノン」だと「ャ」の上に、空白ができてしまい、穴が開いたように見えてしまうからです。

Suni● なんと...ここがフィリピンでよかったです。 読者の皆さん!「キヤノン」ですからね!覚えてくださいね! さて、そのキヤノンで川原田さんはどういうお仕事を?

川原田さん● 法人向けのマーケティングや営業管理、社内の営業ツールの管理やサポートを行っています。日本の本社に定期的にレポートを送ったりもします。 私は主に日系企業がターゲットで、新規開拓も行いますし、プロダクトローンチに合わせてセミナーを主催したり、イベントのスポンサーとして協賛させていただくこともあります。

Suni● 製品販売以外のマーケティングやサービスなどは、具体的にどういうビジネスですか?

川原田 麻美さん

川原田さん● プロジェクトベースでお客様をサポートさせていただくこともございます。2013年5月の中間選挙では、キヤノンとローカル企業との2社で5200万枚の選挙用紙の印刷プロジェクトを政府機関から受注しました。
具体的には、一分に314枚、もしくは一日に100万枚の投票用紙を印刷できるオセ社(オセ社:2009年キヤノンの傘下に入った、ヨーロッパで高いシェアを持つ大型印刷機ブランド)の大型印刷機を使い、5200万枚の不正防止用のUVインクで加工を施した選挙用紙を納品するという案件です。国政に関係することだったため関係者共々ひやひやしましたが、対前年比でプロジェクト期間を大きく圧縮し、人件費の削減にも貢献するなど、期待以上の成果を残せてよかったです。
 
Suni● 日系企業がフィリピンの選挙の役にたっているってすごいですね!!ほかには、イベントスポンサーはどのようなことを?

川原田さん● 最近の事例ですと(Suni注:取材したのは8月上旬)、「マニラグリークラブ(男声合唱団)」が主催したほろよいコンサートに協賛し、プログラムやポスターを印刷させていただきました。ほかにもイベンドなどで写真や映像撮影等で協賛させていただくこともあります。自社製品がプリンタやスキャナ、カメラ、ビデオカメラ等多岐に渡るので、プロダクトを活かしたイベント協賛ができるのはキヤノンの強みでもあります。 私の通常の営業範囲はB to Bがメインですが、このような場を活用して、実際に製品をご利用になるお客様や見込顧客とのリレーションを構築できるのはとてもやりがいのある仕事だと思います。

Suni● 自社製品を活かしたマーケティング、いいですね。ところでキヤノンでは日本人が川原田さん1人と伺いました。業務中のコミュニケーションは常に英語でしょうか?

川原田さん● 日系企業のお客様と接するときのみ日本語で、ほかは英語かタグリッシュです。

Suni●  タグリッシュって、語尾に「ぽ」(※)をつける系のしゃべりですか? (Suni注: 日本語に例えると「です・ます」のような言葉。丁寧度合いが増す。例:「Good morning po」「Thank you po」)

川原田さん● いえ、タガログ語半分・英語半分です。年配のエンジニアには英語が得意でない人もたまにいて、お客様先での対応内容についてヒアリングしたいときにタガログ語混じりで聞いた方が本音を聞きやすいんです。逆に、社長(マレーシア人)や海外からのお客様にはもちろん英語100%です。言葉遣いは、相手に合わせてアジャストするようにしています。

Suni●  その柔軟性、見習いたいです。日本人1人というのはそれなりにプレッシャーもありそうですよね。

川原田さん● 世界中の拠点との情報交換や会議にはフィリピン代表として私が参加しているので、いいプレッシャーになっています。ただ、休みを取る際は日本語のバックアップ要員がいないため、英語対応にはなりますがお客様がお困りのときに部下や営業担当が対応できるようにしています。

Suni● 他拠点との繋がりは強いんでしょうか?

川原田さん● 成功事例や失敗事例を密に共有し、新規開拓のアプローチの参考にしたりしています。メールや電話だけでなく、本社で定期的に開催される会議に参加し、直接顔を合わせて意見交換もできます。

海外で「新卒入社」で働くこと

Suni● ところで、海外で新卒入社って大変そうなイメージがあるんですが、今の川原田さんの仕事スタイルを形成するにあたり、これまでどのように業務に携わってきたのでしょうか。

川原田さん● 会社で学ぶのは「プロダクトのナレッジ」と「営業に対するユニバーサルなノウハウ」のみで、ほかはすべて現場でコツコツと学び、積み上げ、自分のセオリーとして作り上げました。さきほど申し上げた通り他の拠点との繋がりも太いので、本社や他拠点にノウハウを聞いたりもしました。マーケティング予算を勝ち取るにも、まずは企画立案、そして材料を揃え、上司や部署にプレゼンして合意を得る、これを自主的・能動的に行う必要があるので、必然的にそう動けるようになりました。

フィリピンで結婚し、仕事とプライベートを両立させる日々

Suni●  しかも英語で、ですよね。すごいなぁ。「指示待ちタイプ」には厳しそう。フィリピンで就職を考えている方はぜひ参考にしてください。 さて、そろそろプライベートについて攻めこみたいと思います。去年ご結婚されたと伺いましたが、相手の方とはどうやって知り合いました?

川原田 麻美さん

川原田さん● アテネオ留学時に住んでいた家のご近所さんです。フィリピンの住宅街って、ご近所さん同士、道端でしゃべっていることが多いじゃないですか。当時住んでいた家のオーナーに誘われて雑談していたとき、その輪にいたのが今の旦那です。

Suni● マジで!井戸端会議すればいいのね!独身女子のみんな、合コンじゃなくて井戸端会議よ!
おっと、取り乱しましたすみません。
ところでナーバスな質問かもしれませんが、旦那様とのこれまでの付き合いの中で、文化の違いによるストレスだったり、ケンカの時に言いたいことが言えなくてムキー!ってなったり、国際結婚だと親御さんに反対されたり、そういうハードルはありませんでした?

川原田さん● 旦那とは「好きなもの」「嫌いなもの」の共通項が多く、付き合っている頃から「一緒にいるのが普通」という感覚だったんで、むしろ違和感はありませんでした。親はどちらも歓迎してくれましたし、あまり大変なことはなかったですね。あ、言葉の問題は最初大変でしたが、がんばりました(笑)

Suni● いいですね~。羨ましい~~。週末はどう過ごしています?

川原田さん● 一週間分の買い物をしたり、パブリックマーケットに行ったり、グリークラブで歌ったり。グリークラブは会社としてもスポンサードさせていただいていますが、自分個人も、歌う方で活動しています。あとは、家族と過ごしたり、ですね。旦那と一緒に料理を作ったりもします。最近リトルトーキョーで糠をゲットしたんですよ。4リットルくらいのサイズの入れ物に入ってて、旦那と毎日かわりばんこに糠床をかき混ぜてるんです。

Suni● いいな~羨ましい~~。あ、さっきから私、それしか言ってませんね(笑) すみません、真面目に質問続けます。ご趣味は?

川原田さん● ダイビングが好きで、アニラオによく行きます。旦那ともたまに。

Suni● 仕事もプライベートも充実していて羨ましい~~!! さて、そろそろお時間が迫ってまいりました。最後に一言、PRをお願いします。

川原田さん●  先ほども申し上げた通りキヤノンは製品ラインナップが充実していて、インプット(カメラ)からアウトプット(プリンタ)まで同一ブランドで揃えることができます。皆さまのお仕事も、ご家庭も、ぜひキヤノン製品でサポートさせていただきたければと思います。 私自身は、フィリピン生活が長いこともあるので、製品のことだけでなく、フィリピンでお困りのことがあればなんでも聞いてください。

Suni● キヤノンの川原田さんでした。ありがとうございました!

Suni 会社員兼ブロガー

Suni
会社員兼ブロガー。日本のIT・Web企業を渡り歩き、2013年7月からMakatiの日系企業に勤務。「夏休み最終日のお母さん」のような仕事をしています。
ブログはこちら http://sunikang.blogspot.com/

 

広告
広告
広告

働くキラキラ海外就職

今回は、現地採用から経営陣にのし上がった漢(おとこ)がいると聞き、行った先は…「ぐんぐん英会話」!

働くキラキラ海外就職 一つ前のコラムを見る

働くキラキラ海外就職
今回は、バリバリ働くビジネスウーマンがいると聞きつけ、Makati市にオフィスを構える野村総合研究所アジア・パシフィック マニラ支店にお邪魔してきました!

その他

現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。
フィリピンにもクリスマス本番が近づいて来ました! 最近は普段にも増して渋滞が増えた気がします!12月になるとフィリピンの至る所でバザーが開催されます。クリスマス本場に向けて皆さん最後の追い込みですね!今回は数あるバザーの中の1つ、ワールドバザーフェスティバルに行きました!
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
こんにちは、ハポンスリーの堀越です!皆さんはプールを知っていますか!?プールはプールでも泳ぐプールではありません!ビリヤードの事です!
タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピン食堂に日本のカレーがあったらオーダーしてもらえるのか!?」です。僕が今住んでる家のすぐそばにはフィリピン食堂が何軒かあり、昼時になると沢山のフィリピン人で賑わいます。
フィリピンの激安マーケットといえばDivisoria!そしてDivisoriaといえば値段交渉です!僕がホームステイしている母ちゃんもよく買い物する時に値段交渉をして安くしてもらっています。という事で今回僕たちはDivisoriaで値段交渉をしてきました。
こんにちは、ハポンスリーの田中です!今回は「デビソリアに売ってたミニ四駆買ってみた」です!もうおなじみミニ四駆動画です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel