ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  社員のエンゲージメント向上の先にある 強い組織を目指して【NRI 野村総合研究所 フィリピンビジネス通信 第21回】

社員のエンゲージメント向上の先にある 強い組織を目指して【NRI 野村総合研究所 フィリピンビジネス通信 第21回】

フィリピンビジネス通信 ~コンサルの視点から~

◆お客様の声◆ BOT Lease and Finance Philippines, Inc. 様
『社員のエンゲージメント向上の先にある強い組織を目指して』 ~お客様からの声

 

 

 

 

野村総合研究所 (NRI) シンガポールマニラ支店では、 人事制度改革やデータを用いた戦略的人事の変革支援等、 人事領域におけるコンサルティングサービスの他、 産業 ・ 市場動向調査、 新規事業立案支援、 業務改善等に関するコンサルティングサービスを提供しています。 産業 ・ 市場動向調査サービスは、 海外市場進出をご検討されている日系企業様やフィリピンに進出されており事業を拡大されたい企業様にご利用頂いています。

今回は、三菱 UFJ フィナンシャル ・ グループの東銀リースフィリピン拠点BOT Lease and Finance Philippines, Inc.様からの声をご紹介します。

 

 

今回、人事制度改革プロジェクトを行うことになった背景や NRI マニラ支店によるコンサルティングサービスを利用された経緯を教えてください。

 

組織強化のため、基礎となる社員のエンゲージメント向上を意図して、人事制度改革プロジェクトに着手することとなりました。社員が自主的に関与し、より公正、且つ納得感を持てる制度導入には、システム構築も然る事ながら、運用していく社員自身の理解、意識改革を促す教育面が最重要と考えておりましたので、人事コンサルティング会社選定にあたっては、形だけの仕組み作りに終わることなく、現地スタッフに適切な指導、サポートをいただけるかどうかを重視しました。NRI マニラ支店は在フィリピン企業支援の経験値も高く、当地事情を熟知した日本人代表とフィリピン人コンサルタントで構成されたチームが社員を直接サポートいただける点が依頼の決め手となりました。

 

研修風景

 

プロジェクトの運営、支援内容はいかがでしたか。

 

日本人マネジメントの意向は日本人同士の打合せで聴取、方向性を共有いただきつつ、現地スタッフのプロジェクトチームへはフィリピン人コンサルタントチームが丁寧に説明の上、意見交換をしながら進めていただく日系企業としては大変やりやすく効率的な方式でした。
 評価要素や基準、プロセス設計等、実に多くの作業項目を、社員に必要以上の負荷がかからないよう配慮、適宜サポートしながらスケジュール管理し、着実にプロジェクトを推進していただきました。
 制度内容については、プロとして選択肢を提供いただきながらも、既成の枠組みに嵌め込むのみではなく、弊社固有の事情を勘案しながら細かく調整の提案をいただき、オーダーメイドの最適な人事制度を構築できたと考えています。その過程で様々な疑問、相談事項に具体的事例や数値で助言いただけたことも判断の助けになり、当地に根差して多数の企業を支援してこられたコンサルティング会社にお願いした利点を感じました。
 また、選定の決め手となった社員への指導・サポートについては期待以上でした。コンサルタントから顧客向け一方向ではなく、現地スタッフ参加型の KPI セッティングワークショップ、ロールプレイングも含めた評価者研修等、随所で行っていただいた現地スタッフ管理層への指導は、部下とのコミュニケーションの重要性も含め、管理・評価する立場としての理解を深め、意識を変える契機となったと感じています。社内プロジェクトチームによる全社員向けオリエンテーションに際しても、資料作成からプロジェクトリーダーへの個別指導まで手厚い支援がありました。導入後の相談事項についても常に迅速、丁寧な回答、フォローをいただいています。
 プロジェクト後半はコロナ禍に見舞われたにも拘わらず、システム構築完遂へ漕ぎ着けたのは、NRI コンサルティングチームの豊富な経験と知見に裏打ちされた支援、不測の事態にも柔軟な対応と現地スタッフへの手厚いサポートがあったからこそと実感しています。

 

 

【今回のお客様】

企業名: BOT Lease and Finance Philippines, Inc 様
事業内容:建機、車両、製造設備等のファイナンスリース

WEBサイト:https://www.botlease.co.jp/global/philippines/index.html

 

 

フィリピンでの各種調査、事業推進、人事・組織開発を支援します。

 

事業・サービス内容

■産業・市場動向調査

産業・市場動向、規制調査、競合分析、バリューチェーン分析等

■事業支援(ビジネスコンサルティング)

新規事業立案支援、業務改善、M&A準備・実行支援 等

■リーダーシップ開発、組織開発、組織風土改革

人事評価・報酬制度等の人事制度改革、データアナリティクスによる戦略的人事への変革支援 等

 

野村総合研究所グループは、1997年に野村総合研究所マニラ支店を設立以来、フィリピンで各種調査、事業支援、人事、組織開発等に関するコンサルテーションを提供しています。事業課題や予算等に応じて各社の要望に沿った支援内容を提案します。お気軽にご相談ください。

 

 

●本リサーチおよびコンサルに関するお問合せはこちらへ

Nomura Research Institute Singapore Pte. Ltd Manila Branch

住所:26th Fl., Yuchengco Tower, RCBC Plaza 6819 Ayala cor Sen. Gil J. Puyat Avenues, 1200 Makati

メールアドレス:[email protected]

 

野村総合研究所シンガポールマニラ支店の企業情報はこちらから。

 

広告

フィリピンビジネス通信

今回は、NRIシンガポールマニラ支店がフィリピンの大手現地企業向けに実施した「戦略人事の実現に向けた改革支援」の事例をご紹介します。
今回は、NRIシンガポールマニラ支店がフィリピンのコングロマリット傘下の企業向けに実施した「ビジネストランスフォーメーションにおける組織風土改革」の事例をご紹介します。
野村総合研究所 (NRI) シンガポールマニラ支店では、デジタルトランスフォーメーション (DX)の構想策定、フィージビリティスタディ(実行可能性調査)からパイロット実施および実行支援までのコンサルティングサービスを提供しています。今回は、NRI シンガポールマニラ支店が支援しているフィリピンの現地大手ノンバンク企業の声をご紹介します。
野村総合研究所 (NRI) シンガポールマニラ支店では、産業・市場動向調査、新規事業立案支援、業務改善等に関するコンサルティングサービスを提供しています。今回は、NRI シンガポールマニラ支店が支援しているEonomoto Philippine Manufacturing, Inc. (EPMI) の馬場社長にお話を伺いました。
今回は、 コロナ禍で注目が集まる 「サステナビリティ」 について、 Industry Solutions Consulting (ISC) セクターに所属する Jonas Marie Dumdum にインタビューした内容をご紹介します。

フィリピンビジネス通信 一つ前のコラムを見る

フィリピンビジネス通信
今回は、アセアン市場への事業拡大を検討され NRI マニラ支店の市場調査サービスをご利用された業務用クリーニング機器および真空包装機の製造販売会社である株式会社 TOSEI 様からの声をご紹介します。

その他

ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「僕の新しい部屋を紹介」です!三月のなかばからロックダウンになってしまったメトロマニラ、、
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
「打ち出し1メートルが命です」体の自然な反応でボールを自在に曲げる。持ち球あった方がアマチュアはやさしい
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンに来て約三年、YouTube動画を毎週あげています。ですが、残念な事に登録者数がまだまだ少ない!!
SMXにて開催される食品展示会 WORLD FOOD EXPO FOOD BAZAARに参加します。マニラで手に入るハウス製品全17品が購入可能!試食もできて、通常よりお買い得価格でお買い求めいただけます!
前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
フィリピンでは安価で手に入り、甘味が国民性に合う、ということからバナナケチャップがケチャップ需要の主流となっています。国民食であるジョリビーでは、甘いトマトケチャップを使用したスパゲッティは大人気です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you