ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第8回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Elbert Cuenca

第8回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Elbert Cuenca
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

AIDE  Co-Founder and CEO
Paolo Bugayong パウロ・ブガヨンさん


レストラン産業に関わって約23年。エルバート・クエンカ氏は、アップルに勤務した経験も。以前は、ラーメン・優勝軒、メンドコロ・ラーメンバ、日本料理店のKazunori (和徳)の経営チームに関わっていたが、現在は彼自身が手掛けるオリジナルベンチャー企業“ステーキ・ルーム・コンセプト”(Steak Room Concepts)に専念している。

 

編集部

 

飲食業に入ったきっかけについて教えてください。

 

Elbert Cuencaさん

 

私の父は、1977年に開業した、「ふるさとジャパニーズレストラン」(以下、ふるさと)の社長を務めていました。それが私のスタート地点でしょう。以前、「クラブ・マー」で、マーケティングをしていて、それが最初に経験したホスピタリティ業でした。当時、「ふるさと」は従弟たちが経営。1995年、彼らが新しい日本食レストラン「Zen」をオープンすると言うのでマーケティングを担当しました。2000年、私は家業から身を引き、クラブやレストランなどのコンサルタント業に携わりました。IT業に関わる前です。2002年には、レストラン業に戻り、Restaurant12をグリーンベルトにオープンしましたが、2004年に閉店。レストラン業の厳しさを学びました。そして、IT業に戻り、パソコンの使い方を1対1で教える仕事で、たくさんの出会いがありました。その中には私の良き友人、実業家の故Archie King氏もいます。彼は、Victoria Court Group of Companies のオーナーでした。私は彼に、ステーキレストランのアイディアを打ち明け、彼は私の良きパートナー、助言者となり、2007年、ついにエルバート・ステーキ・ルームをオープンさせました。

 

 

編集部

 

人気レストランの秘訣を教えてください。

 

Elbert Cuencaさん

 

そもそも、なぜこのレストランに来てくれたのか。それを探ることが大切なことだと思います。お客様が来てくれる理由が分かれば、また来てもらえるよう、何をすべきか分かるはずです。目的は、お客様の求めるものを提供することです。お客様が求めるものが、質の高い料理とサービスであったなら、その期待に応えるべく、努める必要があります。私はスタッフ全員に対して繰り返し伝えていることがあります。我々の目的はお金儲けではない、お客様を満足させることだ。お客様がレストランを出る時、笑顔でいてくれたなら、我々の目的達成だ、と。

 

 

編集部

 

Steak Room Conceptsとはどんな企業ですか?

 

Elbert Cuencaさん

 

このビジネスについて考えを巡らせたとき、以前行ったこと全てを簡素化しよう、と思いました。もしレストランに100種類もの料理があったら、そのすべてを満足ゆく物にはできないでしょう。なぜなら焦点を見失うからです。そこで私は、シンプルにステーキを提供しようと決めました。Steak Room Conceptsと言う企業名は、ステーキが我々の商売であり、小さな店舗なので、文字通りステーキ“ルーム”としました。それから、人々が「店名の意味は何だろう」と思わないよう、単刀直入でありたいと思いました。Elbert’s Steak Roomと、自分の名前をレストランにつけることにより、エルバートが心を込めて贈ります、私はいつもここにいる、と親しみを伝えることが出来ます。

 

 

編集部

 

他のステーキ店との違いは何ですか?

 

Elbert Cuencaさん

 

Elbert’s Steak Roomはおそらく、最も小さなステーキハウスです。意識的にそうしました。お客様をもてなすことに専念するためです。テーブルが少ないほど、お客様に気を使うことが出来ます。最もステーキ中心のステーキハウスでしょうね。というのも、それ以外の料理は提供していないから。他のステーキハウスは、シーフードやパスタも提供しています。しかし我々はステーキに専念。サイドメニューのシーフードはあります。(メニューに小さく書いてあります)万が一のためにね、ただ、メイン料理ではありません。そして、ディナーのみのステーキハウスから、高級ランチ、ステーキディナーを提供し、シガー&シングルモルトウイスキーバー(Riedel Room - オーストリアのグラスメーカーにちなんで名付けた)を持つまでに成長しました。

 

 

編集部

 

2007年、Elbert’s Steak Roomがオープンした時、どんな課題点がありましたか?

 

Elbert Cuencaさん

 

最大の課題は、資金が底をついてしまったことです。経済的に余裕がないところからスタートしましたから。そこで、レストランを部分的にオープンさせることにしました。テーブルは3卓。残ったお金で3つのテーブルに必要なリネン、お皿、ナイフ、フォークなどを買いました。3卓でスタートしたレストランですが、毎日お客様が来てくれました。そんな時、私のMac指導員時代に会った人達が皆、お客様になってくれました。彼らは、医師、主婦、事業家、弁護士、銀行家など、様々な職業の人達です。一人がまた別の人を招待する、口コミで評判が広がってゆきました。この時私は、宣伝する必要はないと気づきました。看板も出していないんですよ。それが現在のレストランへと成長する手助けとなりました。それぞれのテーブルから出た儲けは、レストランに必要な物を買うために費やし、12月にレストランは完成。利益はありませんでしたよ、私たちはすべてをレストランに再投資しましたから。

 

 

編集部

 

近い将来のプランを教えてください。

 

Elbert Cuencaさん

 

そういうことは考えたくありません。私がする多くの事は自然なこと。計画を立てないですし、さらなる物を求めて自分を追い込んだりしません。機会がやって来た時、それを掴むのです。料理でお金を儲けない。私が切望する物、それは料理を出来るだけ多くの人とシェアすることです。SteakRoomに関して私が思うことは、私自身が市場を、少なくともその一部を代表している、と言うことです。このようなレストランを探していましたが、存在しませんでした。だから私がそれを作り、人々に受け入れられ、嬉しく思います。同じことが、ロックウェルにある、私のサンドイッチ店と、ラーメン店に言えます。私のプロジェクトはすべて、収まるべきところに収まるプロジェクトです。自らプロジェクトを計画したり、決定を強いたりしません。

 

 

編集部

 

ご自身の経営スタイルを表現すると?

 

Elbert Cuencaさん

 

私はとてもカジュアルです。計画性は全くありません。物事は自然に進んでいくと信じています。雇用する時の面接に、私は5分しかかけません。そして最後に、「明日から来てください」と言います。履歴書を見たり、面接をしただけで、仕事が出来るかはわかりません。それを知るためには働いてもらうのみです。また、従業員に対しては、友達、という感覚で、上司として見られたくないですね。従業員からは、指導者とか、教えてくれる人、としてみてもらいたいです。それから私は、大変な理想家です。なぜそうするのか、どうやるのか。私の考えをシェアする、それが私の経営スタイルです。お金がモチベーションであってはならない。これは、私が従業員に教えている教訓の一つですが、皆驚きますよ。お金目当てで働くと、お客様はそれを感じ取ります。そしてもう来店してくれません。しかし、お金のために働いているのではないと分かれば、お客様は心からのおもてなしを受けていると感じます。チップがもらえたら嬉しいですが、それを期待してはいけません。それはご褒美。どのようにしてサービスを高め、保っていくか。それが大切です。

 

 

編集部

 

尊敬している人は誰ですか?

 

Elbert Cuencaさん

 

Archie King氏です。私のパートナーであり、最初に投資をしてくれた人です。彼は億万長者の実業家です。その彼が私と知識をシェアし、実の息子のように、ビジネスを教えてくれました。また、私の考え方は、Steve Jobs氏の影響も受けています。アップルは、宣伝を行わない時期がありました。お客様がリピートするから、商品を出せばいいと感じたからです。私はいつも、シンプルで使いやすいアップル製品を信じています。これらの多くの要素を自分のお客様との経験にも活かしています。出来るだけ、率直、シンプルでありたいと思います。

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。
SkyJet Airlinesの最高経営責任者であるパトリック・タン氏。過去にはSEAir, Inc.やTiger Airwaysで社長を務めた経験があります。
国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。
フィリピン初のオンライン3Dプリントプラットホームを提供するShapecloudは、希望の仕様・数量などをWEB上のシステムへアップロードするだけで24時間以内に見積りをお知らせし、3-5日以内にお届けすることが可能です。
世界的に知られるクラウドファンディング、Cropital。世界中から投資を募り、地元農家が資金調達できるように手助けするのが彼らの主な目的だ。Cropitalの創業者はCEORuelAmparoさん。2015年11月、22歳でCropitalをスタートさせた。彼はフィリピン大学ディリマン校生産工学を卒業、現在、様々な社会的活動に傾注している。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。

その他

法律により保護の対象となる個人情報とは、媒体に記録されているかどうかを問わず、それにより当該個人の特定が明白もしくは当該情報を有する者により合理的かつ直接的に確定することのできる情報、または、他の情報と併せることによりその個人を直接かつ確実に特定することのできる情報であると定義されています。
長年に渡り、国際畑を歩んでこられた唐木さん。来比1年弱で習慣の違いなどに戸惑いつつも多くのスタッフを取りまとめ、さらに過去の経験を活かし自ら現場へ出向くことも。現在は日系企業向けの移転、新設などのお手伝いを中心に、今後はより業務に踏み込んだサービスを展開していく予定だ。
今回は「ワンピースレストラン紹介!」です! 日本が世界に誇る物は沢山ありますが、やはりアニメですよね! 何度かフィリピンのコスプレイベントを紹介し、フィリピンでも日本のアニメが人気なのが分かりましたが、なんと!世界的人気アニメ、ワンピースのレストランがフィリピンに出来た様です!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はたまたまとても美味しいフィリピン飯を見つけたので皆さんにお伝えしたいと思います! その料理があるのがGoldilocks というお店です。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
今回僕らは、とあるご縁からROUGEさんのライブに出させてもらう事になりました!ROUGEさんとは…Karaさん(Bass),Princessさん(Violin),Jeriさん(Guitar),Gyanさん(Drums)からなる女性四人組バンドです。
構えてからじっと固まってなかなか動かない”お地蔵さん”みたいな人がいますよね・実は止まっている時間が長いと、あれこれ考えてしまうので力みやすいんです。私は構えたらなるべく時間をかけ最低でも3秒以内です。
世界規模で見てもトップクラスの豪華な設備を誇る5つ星ホテルとして、その名を馳せているソレア・リゾート。今回のビジネス・トークでは、そのバイス・プレジデント(以下VP)であり、フィリピンとスイスの混血であるジャンピエトロ・イセッピ氏に、ホテル業界での経歴やソレアの将来の展望などについてお話を伺った。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はフィリピンの道端で売られていた、よくわからないデザートを4種類ほど買って食べてみました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel