ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  第10回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Patrick Tan

第10回 フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー / Patrick Tan
広告
広告

お馴染みのフィリピンで活躍中のアノ人に直撃!日本人以外にもフィリピンには注目のキーパーソンが多く暮らしています。そこで、国籍問わず活躍中のビジネスパーソンにもフィリピンにおける「いろは」を語ってもらうコーナーがスタート!

SkyJet Airlines 最高経営責任者
Patrick Tan パトリック・タンさん 

SkyJet Airlinesの最高経営責任者であるパトリック・タン氏。過去にはSEAir, Inc.やTiger Airwaysで社長を務めた経験があります。毎朝自転車で会社に通勤し、いつも一番乗り。社長室のドアは取り外されており、誰でも気軽に話しかけて貰える様に心がけているそうです。

 

編集部

 

SkyJet AirlinesのCEOとしての役割、自己紹介をお願いします。

 

Patrick Tanさん

 

日々の運営や、今後の事業展開が私の役割です。Sky Jet Airlinesは、リゾート航空会社としてスタートしました。運航地は現在、バタネス、コロン、シアルガオ、そしてボラカイへは、カティックランを経由して運航しています。我々は成長過程にあり、機体数や就航先を現在増やしているところです。今の所、一般のリゾート地に行き先を絞り、有名な観光地(ボラカイ島、パラワンのプエルト・プリンセサ、クラーク、セブ)への直行便就航はまだこれからです。韓国、台湾、中国からも直行便を呼び込む予定です。同時に国内線では、通勤航路も開拓していきます。

 

 

編集部

 

通勤航路とは一般のルート、例えばマニラ-セブ間、マニラ‐ダバオ間などの事ですか?

 

Patrick Tanさん

 

いいえ、レガスピやマズベイトなどの第2の都市です。これらの航路はサービスがまだまだ十分行き届いてはいません。

 

 

編集部

 

御社と他の航空会社の違いは何ですか?

 

Patrick Tanさん

 

現在最重要項目と位置付けていることは、SkyJet Airlinesが運航している全航路において、SkyJet Airlinesが全サービスの責任者であるということです。同じルートを持つ他の航空会社では、同様の事を言える会社は少ないでしょう。なぜなら、現在SkyJet Airlinesが運航する航路は、彼らにとっては小規模航路だからです。私たちは、チェックインから搭乗まで、お客様一人一人に合ったサービスを提供しています。ご利用いただければ、違いを感じていただく事ができるはずです。具体的には、他の航空会社では、地上スタッフはほとんどが外部委託です。何か問題があった時、地上スタッフに苦情を言っても、彼らは答えられる立場にありません。私たちは違います。チェックインカウンターに着いた時から、我々の従業員が直接対応します。つまり、フライトについて直接質問できる、ということになります。格安航空会社を利用したら、それ相応の乗客として扱われると思いがちですが、SkyJet Airlinesは、お客様を大切におもてなしします。

 

 

編集部

 

SkyJet Airlinesは、格安航空会社ですか?それとも全く別の何か、ですか?

 

Patrick Tanさん

 

我々は格安航空会社として市場に出ておりません。ただ、運賃をチェックしていただければわかると思いますが、確かに我々は安価でご提供しています。それでもなお、お客様一人一人に合ったサービスを提供することはできますし、続けていくこともできます。

 

 

編集部

 

現在の運航地は、何が要因となって決まりましたか?

 

Patrick Tanさん

 

要因の一つに滑走路の長さがあります。滑走路が短い場合、大きな飛行機は入れませんし、入れたとしても、天候に左右されます。我々の航空機は、短い滑走路用です。ロンドン・シティ空港に発着できる数少ない航空機の一つです。ロンドン・シティ空港は、滑走路が短く、騒音対策として、航空機が急な角度を保つ必要があります。それに加えて、我々の使用している航空機はイギリス王室御用達機体と同型でもあります。女王自身、個人使用目的で、3機持っています。違いは、座席の数のみ。我々の航空機は、80-90の座席がありますが、女王の飛行機は24席です。バタネスでは、天候状態によって、着陸できないことがありますが、そのような天候の時でも我々は着陸をキャンセルすることはありません。なぜなら、我々の飛行機はそういった滑走路に最も適しているからです。悪天候、強風にもかかわらず、着陸する航空機があるとしたら、それはほぼ間違いなくSkyJet Airlinesですね。

 

 

編集部

 

現在どのような課題がありますか?

 

Patrick Tanさん

 

現在のところ、SkyJet Airlinesは国内航空会社として4番手にも遠い状態です。これを改善し、国内航空会社としての4番手に入りたいです。バタネス行き、ブスアンガ行き、シアルガオ行きにおいて、一週間で提供する座席数が最多であるエアライン-この立場を守っていきたいです。SkyJet Airlinesは航空産業の隙間を埋めるニッチな航空会社としてスタートしました。今後しばらくその状態が続くでしょう。その隙間産業に集中することで、他の格安航空会社とのサービスの違いをアピールします。そのサービスを知ってもらいたいですね。

 

 

編集部

 

CEOとして、それ以外の課題はありますか?

 

Patrick Tanさん

 

他社との競争などが課題でしょう。例えば新ルートの開拓です。自分たちの航路に新しい航空会社が参入してくると、既存の航空会社は運賃を下げる傾向にあり、このことが価格戦争生むことになるからです。

 

 

編集部

 

今後のプランは?

 

Patrick Tanさん

 

3-5年以内に、チャーター便の運営が出来たらと思います。その先は、定期国際便です。

 

 

編集部

 

ご自身の運営スタイルをどう思いますか?

 

Patrick Tanさん

 

私は話しかけやすくオープンな性格です。私のオフィスにはドアがありません。スタッフは誰でも私に声をかけることが出来ます。私の電話番号は一般公開されています(SNSに掲載しています)。つまり、乗客も私に直接連絡することが出来るのです。

 

 

編集部

 

尊敬する人は誰ですか?

 

Patrick Tanさん

 

この業界での開拓者や、成功したリーダーたちですね。Lance Gokongwei氏はCebu Pacificを現在の状態まで育て上げましたが、航空産業の経験はないんですよ!Lucio Tan氏はフィリピン航空に入るまでに、少なくとも10年は航空産業について勉強しています。彼らの粘り強さや勤勉さに敬服です。

 

 

編集部

 

典型的な一日を教えてください。

 

Patrick Tanさん

 

私の一日は、朝4時にスタートします。なぜなら、私は自転車通勤しているからです。5時から7時まではジムへ。オフィスへは8時に行きます。大抵、私が一番乗りです。会議がなければ、午後6時で終業です。私はケソン市、ニューマニラの自宅から自転車通勤をしています。帰宅時はこの方が早いです。車を運転した場合と比べて、少なくとも一日で1時間半は節約になっています。それに、自転車通勤していると従業員も遅刻の言い訳が出来ないですよね。

 

広告
広告
広告

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー

国際決済サービスを提供するQWIKWIREは数々の受賞歴を持つスタートアップ企業であり、その強みは世界中にある支払機関との強いネットワークからなっています。世界中の銀行とパートナーシップを結ぶなど、戦略的なアプローチでビジネスチャンスを常に模索する創設者でありCEOのレイ・レフンド氏にお話を伺いました。
フィリピン初のオンライン3Dプリントプラットホームを提供するShapecloudは、希望の仕様・数量などをWEB上のシステムへアップロードするだけで24時間以内に見積りをお知らせし、3-5日以内にお届けすることが可能です。
世界的に知られるクラウドファンディング、Cropital。世界中から投資を募り、地元農家が資金調達できるように手助けするのが彼らの主な目的だ。Cropitalの創業者はCEORuelAmparoさん。2015年11月、22歳でCropitalをスタートさせた。彼はフィリピン大学ディリマン校生産工学を卒業、現在、様々な社会的活動に傾注している。
家庭医療のプラットフォームを展開するAIDEを創業したPaolo Bugayong氏。自身の経験からフィリピンの医療システムに課題を感じ、スマートフォンを通じて自宅で医療サービスを受けられるシステムを開発した。「成功に近道はない」を信条に、目の前の患者と仕事に全力で向き合い、サービスの拡大を目指す。
現在経営するAdMov Marketing Solutionsを含めて、これまでに3社のスタートアップを起業したCapiral氏。企業に勤めた経験や経営者としての視点をもとに、新たなテクノロジーを使った広告を考案。広告業界を大きく変えるチャレンジを続ける。

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー 一つ前のコラムを見る

フィリピン・ビジネスパーソンインタビュー
彼は環境プランナーとして有名です。フィリピン大学にて建築学の学位を取得し、1970年に実施された建築士試験では5位で合格しました。1978年にはThe Housing and Urban Development Coordinating Council(HUDCC)で、初の民間企業代表となりました。

その他

中国の会社が日本の新幹線をそっくり真似て良いの?今回から「トレードシークレット」について、複数回に分けてお話したいと思います。みなさん、トレードシークレットって聞いたことありますか? なかなか聞かないワードですよね。しかし、東南アジアの知的財産権問題で日本企業が遭遇する被害の多くはトレードシークレット違反なのです。
右への移動を減らしてその場で回転スイングにチェンジ!昨年のスイングと比較すると、その違いはより明確になる。体を揺さぶる動きが消え、スムーズで効率的に進化した。
今回はフィリピンのジャンクフードを紹介します!フィリピン人に「お菓子買ってきて」とお願いして実際に買って来てもらったものを紹介します!なので今回はオススメお菓子を紹介する訳ではありません。普段フィリピン人が食べているであろうお菓子を紹介します!
朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
フィリピンの大人気ビールといえばサンミゲルビール! 常夏のフィリピンで最高の飲み物です。 ただサンミゲルビールといってもたくさん種類があります。 ということで今回僕たちは「利きサンミゲル」をしてみました!
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!以前、日本からのお土産で納豆をフィリピン人友達にプレゼントしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel