ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二九回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第二九回
広告
広告

『請負に関する省令変更のポイント』

前回では新たにフィリピン駐在となった方々向けの注意点についてお話させていただいております( に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回は3月に発表されました請負に関する省令Department Order No. 174 (D.O. No. 174)についてお話しいたします。

 

 

<D.O. No. 174とは?>


D.O. No. 174とは請負労働(派遣労働)に関して定めているフィリピンの労働法106条から109条の施行規則であり、これまでの施行規則であるD.O. No. 18-Aを改正したものです。ドゥテルテ大統領は選挙戦を通じて請負や派遣労働に関する規制を強化することを表明していましたので、その公約を果たすという目的もあり、改正が待たれていたものです。D.O. No. 174は3月16日に発表され、4月2日から施行されました。

新省令において発注者にとって重要なポイントは以下の通りとなります。

① 禁止される労働力のためだけの請負契約の変更
② 上記以外の禁止される労働協定の拡大
③ 発注者の責任の変更


① 禁止される労働力のためだけの請負契約の変更
旧省令では、禁止される労働力のためだけの請負契約の類型の一つとして、「請負業者の従業員が、通常発注者の業務に必要又は望ましい業務を行う場合」が含まれていましたが、今回の改訂でこの条件は削除され、そのような業務を請負業者の従業員に行わせることは可能になりました。したがって、請負業者の従業員が行うことにより直ちに禁止される労働力のためだけの請負契約に該当する業務は、「発注者の主たる業務に直接関連する作業」のみとなりました。なお、いずれにせよ、請負業者が従業員の業務の遂行に対する管理監督権限を行使しない場合は、やはり労働力のためだけの請負契約であるとして禁止されることには変わりはありません。

② 上記以外の禁止される労働協定の拡大
旧省令では、労働力のためだけの請負契約にはあたらないとしても一定の例を挙げ、これらのいずれかに該当する形態で請負会社の従業員に業務を行わせることが、誠実さに欠け、業務上の要請から正当化されない場合には違法であると定めていました。しかし、新省令においては、挙げられた例に該当する形態の業務を請負会社の従業員に行わせた場合、それが誠実になされたものであり、業務上の要請から行われたものであったとしても、一律に違法であると定めています。
新省令で禁止される例として挙げられているものの一つに、「その時点で発注者の正社員に行われている役割を請負業者の従業員に行わせること」があります。すなわち、それまで発注者の正社員が行っていた業務を請負業者の従業員に替わって行わせることは禁止されますし、発注者の正社員が行っていた業務を請負業者の従業員が平行して行うことも禁止されることになります。ですから、請負業者に外注できる業務の範囲は相当限定的になったというべきでしょう。

③ 発注者の責任の変更
旧省令では、禁止される労働力だけのための請負契約に当たる場合や、その他違法な労働協定に該当する場合、実際にどうなるのかについての規定がありませんでした。しかし、本省令では上記の違反がある場合には、請負業者の従業員は発注者の従業員と見なされるとの規定が置かれることになりました。

これらが主な変更点ですが、その他にも変更された箇所が多々あります。特に、これまでとは違い、実地検査を行う係官も大幅に増員され、違反があった場合に摘発される可能性も格段に高まったといえますので、既に請負業者に業務を発注している場合、また、これから発注を行うことを考えている場合には、省令違反がないよう、専門家のチェックを受けるなどの準備をすることが必要です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等

 

Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

フィリピンでも刑事裁判のために逮捕されることがあります。もっとも、日本とはやや違った手続で逮捕されますので、注意が必要です。
フィリピンでは、一定の場合に出国禁止命令が出ます。一般的にはHold Departure Order (HLO)とImmigration Lookout Bulletin Order (ILBO)の2種類があります。
前々回の記事で、フィリピンで刑事裁判になるまでの解説を行いましたが、今回はその続きで、検察官が起訴を行ったあと、裁判所での刑事裁判手続がどうなっているのかについて解説します。
法律により保護の対象となる個人情報とは、媒体に記録されているかどうかを問わず、それにより当該個人の特定が明白もしくは当該情報を有する者により合理的かつ直接的に確定することのできる情報、または、他の情報と併せることによりその個人を直接かつ確実に特定することのできる情報であると定義されています。
民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。

その他

私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
世界的に知られるクラウドファンディング、Cropital。世界中から投資を募り、地元農家が資金調達できるように手助けするのが彼らの主な目的だ。Cropitalの創業者はCEORuelAmparoさん。2015年11月、22歳でCropitalをスタートさせた。彼はフィリピン大学ディリマン校生産工学を卒業、現在、様々な社会的活動に傾注している。
PGA Sompoは日系企業のパートナーとしてフィリピンに進出し四半世紀。小さな市場に60社もの損害保険会社がひしめく群雄割拠の中、近年はローカルを含めた非日系企業にも日本クオリティのサービスを提供して存在感を増しています。市場の潜在性は非常に高く、これからが楽しみな一方、「宵越しの金は持たない」国民性の比人に向け保険の周知活動にも取り組んでいます。
バックスイングで股関節の角度を保っているマキロイに対して、田村さんは股関節を止めるどころか、体全体で回転しています。またトップ からダウンスイングにかけてマキロイは踏み 込んで体重を左に乗せていますが、田村さんはその場でクルッと回るだけ。
焼肉やしゃぶしゃぶが楽しめる和食ビュッフェ店を7月に開業したダイニングイノベーションの西山知義代表取締役会長。焼き肉レストラン牛角など、これまでに様々な業態の店舗を国内外で幅広く展開してきた。「お客様が喜んでくれることがモチベーションにつながる」と語る西山氏は、アジアで多くの人々の胃袋を掴み始めている。
フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?
リーディングカンパニーとしてフィリピン国内家電業界を牽引してきたパナソニック。同社の販売部門を担うパナソニックフィリピンの、豊田勝副社長にお話をお聞きしました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越、田中、井上です。今回はフィリピンのおやつの定番『バロット』に挑戦してきました。皆さんバロットをご存知でしょうか?
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel