ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンでの遺産分割協議について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十六回】

フィリピンでの遺産分割協議について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十六回】

『フィリピンでの遺産分割協議について』


今月の事例

Q.フィリピンで相続が発生した場合で遺言書がなかったとき、相続手続はどうなりますか?

 

 

<フィリピンでの相続>


フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。

 

<原則>


まず、原則的な遺言がない場合の相続手続ですが、法定相続人等が裁判所に遺産管理手続開始の申立を行います。この申立を受けて裁判所は遺産管理人を選任し、遺産管理人が相続財産を管理し、債務の支払いを行ったのちに残った財産があればこれを法定相続人に分配することになります。なお、相続に関しては日本法が適用されますので、たとえば法定相続人が配偶者と子の場合、法定相続分としては配偶者が2分の1、残りを子が均等に相続するということになります。

 

<裁判外の遺産分割協議>


上記の裁判所による遺産管理手続は、裁判所の手続が必要ですから、手間と時間がかかるため、以下の条件を満たす場合には裁判外の遺産分割協議に基づいて遺産分割を行うことも可能です。
①被相続人に債務がないこと
②被相続人が遺言を残していないこと
③相続人が成人か、未成年の場合、法定代理人により代理されていること


これらの条件を満たした場合には、裁判外での遺産分割協議を行うことが可能ですが、遺産分割協議書を作成するだけでは有効とはならず、以下の手続を行う必要があります。

①BIRから登録許可書(CAR)の取得
 まずは、BIRに相続税(Estate Tax)の申告を行い、相続税の申告を行った上で、遺産分割協議書の登録許可書(Certificate Authorizing Registration; CAR)を取得する必要があります。ちなみに、フィリピンでは20万ペソを超える金額の資産がある場合には相続税が発生し、相続財産の金額に応じて5%から20%の税率で相続税がかかります。


②相続人保証金証書(Heirs’ Bond)の取得
 相続資産に不動産以外の資産(銀行預金等)が含まれている場合には、不動産以外の資産の金額の約3%に相当する額の保証金を預託し、保証金証書を取得する必要があります。


③3週連続の新聞広告
 遺産分割協議書を日刊紙において3週連続、週1回ずつ公告しなければなりません。


④遺産分割協議書の登録
 上記の手続を実行したことを証明する書類を添付して登録官に申請することにより、遺産分割協議書の登録が完了します。不動産については登録官が遺産分割協議書に従った内容の権利証を発行し、銀行等については遺産分割協議書の登録完了の証書を提出することにより、それに従った払い戻し等が行われることになります。

結論

A.フィリピン国内の資産に関する限り、日本人が亡くなった場合でも手続はフィリピンの法律に従って行われます。原則的には裁判所の管理が必要になりますが、条件が合えば訴訟外で相続人による遺産分割協議に基づく遺産分割が可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

リモンズは、一国に依存せず、よりご自身、大切なご家族の生活を何時も守り、 謳歌して頂く為の新たな選択肢を提案するライフサポート企業です。
キヤノン製品を「ずっと、快適に」ご利用頂くために。
お荷物の国際宅配のBalik Bayan Box ご家族や親しい人がフィリピンへ駐在・留学・渡航の際にご利用ください
フィリピン退職庁(Philippine Retirement Authority=以下PRA)は、外国人や外国の市民権をもつフィリピン人退職者の安全な投資先として、フィリピンをおすすめしています。
2010年「海外で働く日本人を保険を通してサポートしよう!」をスローガンに設立された、マニラとセブに拠点を持つ総合保険代理店。日本を離れると気になる「医療保険」そして意外と見落としがちな「公的年金」など、海外での不安を保険を通じて日本語で分かりやすくサポートしてくれる。英語の保険約款をすべて理解するのはとても困難。海外ゆえに疎遠になりがちな保険を、日本にいるかのように「身近な保険」にしてくれるのが強み。

その他

SNSプロモ・SNS運用代行 モバイルAPP開発(IOS/Android) Eコーマスサイト設計・運営代行 WEBサイトマネージメント
世代を越える。世界を照らす。
フィリピンで特別なサービスを体験してみてください100万画素から400万画素まで!!
注目の物件 ・スタジオユニット 36 SQM / P45,000/month / ICON PLAZA, BONIFACIO GLOBAL CITY
TOTAL ENERGY SOLUTION。 ・オールインワン町路灯、防犯灯 ソラーパネル+LED照明+高性能電池の一体型 ・各種LED LIGHT ・ソーラーシステム
Partner with Pokemon Christmas 2021 Calling all businesses!
マニラに35店舗あり、購入からアフターケアまでスマートフォンに関わることを全てサポートします

コラム

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー