ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十六回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第三十六回
広告
広告

『フィリピンでの遺産分割協議について』


今月の事例

Q.フィリピンで相続が発生した場合で遺言書がなかったとき、相続手続はどうなりますか?

 

 

<フィリピンでの相続>


フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。

 

<原則>


まず、原則的な遺言がない場合の相続手続ですが、法定相続人等が裁判所に遺産管理手続開始の申立を行います。この申立を受けて裁判所は遺産管理人を選任し、遺産管理人が相続財産を管理し、債務の支払いを行ったのちに残った財産があればこれを法定相続人に分配することになります。なお、相続に関しては日本法が適用されますので、たとえば法定相続人が配偶者と子の場合、法定相続分としては配偶者が2分の1、残りを子が均等に相続するということになります。

 

<裁判外の遺産分割協議>


上記の裁判所による遺産管理手続は、裁判所の手続が必要ですから、手間と時間がかかるため、以下の条件を満たす場合には裁判外の遺産分割協議に基づいて遺産分割を行うことも可能です。
①被相続人に債務がないこと
②被相続人が遺言を残していないこと
③相続人が成人か、未成年の場合、法定代理人により代理されていること


これらの条件を満たした場合には、裁判外での遺産分割協議を行うことが可能ですが、遺産分割協議書を作成するだけでは有効とはならず、以下の手続を行う必要があります。

①BIRから登録許可書(CAR)の取得
 まずは、BIRに相続税(Estate Tax)の申告を行い、相続税の申告を行った上で、遺産分割協議書の登録許可書(Certificate Authorizing Registration; CAR)を取得する必要があります。ちなみに、フィリピンでは20万ペソを超える金額の資産がある場合には相続税が発生し、相続財産の金額に応じて5%から20%の税率で相続税がかかります。


②相続人保証金証書(Heirs’ Bond)の取得
 相続資産に不動産以外の資産(銀行預金等)が含まれている場合には、不動産以外の資産の金額の約3%に相当する額の保証金を預託し、保証金証書を取得する必要があります。


③3週連続の新聞広告
 遺産分割協議書を日刊紙において3週連続、週1回ずつ公告しなければなりません。


④遺産分割協議書の登録
 上記の手続を実行したことを証明する書類を添付して登録官に申請することにより、遺産分割協議書の登録が完了します。不動産については登録官が遺産分割協議書に従った内容の権利証を発行し、銀行等については遺産分割協議書の登録完了の証書を提出することにより、それに従った払い戻し等が行われることになります。

結論

A.フィリピン国内の資産に関する限り、日本人が亡くなった場合でも手続はフィリピンの法律に従って行われます。原則的には裁判所の管理が必要になりますが、条件が合えば訴訟外で相続人による遺産分割協議に基づく遺産分割が可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

前回の遺産分割協議の説明の際にもご説明いたしましたが、フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがって遺産分割がなされ、有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされます。
現在、外資の参入を制限するネガティブリストの最新版の公表が待たれているところですが、大きな流れとしては外資規制が緩和されていく方向にあると言えそうです。これまで外資規制があったために60/40法人としてフィリピンに進出した企業も多く、外資規制がなくなった場合にはローカルパートナーから株式を譲り受け、独資100%となりたいと考えている会社も多いのではないかと思います。
フィリピンでローカルの会社 に継続的に商品を販売するた め、商品の売買に関する基本契 約を締結したのですが、公証人 による公証を受けませんでした。 仮に後で買主に対して未払い代 金を請求する裁判を起こさなけ ればならなくなった場合、問題 がありますか?
我々は日本法人が100%株主のフィリピン会社なのですが、フィリピンにおいて株式上場 (IPO)を行うことは可能なのでしょうか?
フィリピンでラーメン店のフランチャイズ事業をやろうと計画していますが、契約を締結する際にはどういう点に注意すればよいですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。

その他

気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
工場の操業を再開し、出社命令を出しましたが、交通手段がないため出社できない社員がいます。この社員を解雇することはできますか?また、出社しない従業員の穴埋めのためにGCQの期間中のみ臨時に従業員を雇い入れることはできますか?
日本だけでなくアジアを中心に人と物の交流に貢献し、お客さまへのサービス充実に努力する。そんな想いを持つ「日本航空株式会社」マニラ支店長の石田和宏さんにお話を伺いました。
フィリピン最大オンラインショップLAZADA Philippines(ラザダ・フィリピン/以下、ラザダという。)のCEO兼共同創設者 Inanc Balci(イナック・バルチ)さん。イナック・バルチさんはトルコのイスタンブール生まれ。
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
前回ではフィリピンでの事業譲り受けの手段についてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?
今回は日本人とフィリピン人の結婚と離婚についてお話しさせていただきます。特に多いと思われるフィリピン在住の日本人男性とフィリピン人女性の結婚と離婚を念頭においてお話しいたします。
こんにちは、ハポンスリーの田中です!今回は「フィリピン人のマシーン紹介」です!毎月グロリエッタで行われているブリキヤードカップ!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel