ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第四十八回
広告
広告

『第11次ネガティブリスト』


今月の事例

Q.新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?

 

 

<第11次ネガティブリスト>


2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。そこで、新しいネガティブリストによって外資規制が緩和された主な業種をピックアップしてご説明させていただきます。

 

1.外資規制がなくなった業種

(1)インターネット事業
(2)発電事業
(3)ウェルネス事業
(4)公共事業免許を要するインフラ又は開発の施設運営
(5)短期高度技能開発に関する教育事業等
(6)損害査定会社

 

上記はネガティブリストにおいて明文で外資規制から除外されたものになります。なお、(5)の短期高度技能開発に関する教育事業とは、フィリピンにおける通常の学校教育から外れるものを意味しています。具体的には、学位を与えるものではない語学学校や、職業技能訓練などが該当することになります。もっとも、このような教育事業についてはTESDAが管轄しますので、今後100%外資での設立を行う場合にはTESDAによる規則の発表を待つ必要があるでしょう。
また、上記に加えて、第10次ネガティブリストの脚注において外資規制がなされていた貸金業、金融業、投資会社についての記載が今回のネガティブリストでは削除されています。これらにつきましても外資規制から外れたと思われますが、管轄官庁であるSECの発表を確認する必要があるでしょう。

 

2.外資規制が緩和された業種

(1)ラジオ事業
これまで外資が20%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。
(2)国内で資金供与される公共事業の建築、修理契約(例外あり)これまで外資が25%までしか持つことができませんでしたが、40%まで資本参加することが可能となりました。

 

3.法人形態での参入が許された業種

今回のネガティブリストでは、関連法規に従う必要はあるものの、法人形態での外資の参入を個別に認めた業種として、以下の業種が明示されました。航空工学、農業生物工学、建築、化学、電子工学、環境計画、林業、指導及びカウンセリング、インテリア・デザイン、景観設計、造船工学、心理学、不動産サービス業、衛生工学、社会事業

 

4.外国人の就業が認められた専門職

上記のほか、外国人の就業が認められた専門職も明示されました。このうち、特筆すべきものとしては、外国人もフィリピンの学校で教員となれることとが認められたことが挙げられると思います。途中でも触れましたとおり、ネガティブリストで外資規制が変更となった場合であっても、即時に取り扱いが変わるものではなく、個別の規則の改定が必要であり、また、ネガティブリスト以外での規制がある場合もありますので、具体的に参入及び資本構成の変更を検討される場合には改めて検討されることが必要です。

 

結論

A . 一部の業種で外資規制が撤廃又は緩和されたほか、外国人による就業が許可された専門職、また、法人形態での参入が認められる業種が明示されました。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。
解雇された従業員がDOLEに異議を申し立て、当社に連絡が来ました。これはどのような手続きでしょうか?
改正された会社法で認められた一人会社とはどのような会社ですか?
改正された会社法で一般の株式会社についてはどのような点が変更されましたか?
販売した商品の代金を買主が支払わないため、買主の資産に対する仮差押を行いたいのですが、可能ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
日本向けにフィリピン人の人材を派遣するための人材紹介業を行いたいと考えていますが、可能ですか?

その他

東南アジアを拠点に展開している配車アプリ「Grab」。手軽にタクシーやその他の輸送手段を手配できることで知られています。最近ではアメリカ発の配車アプリUberのフィリピン参入が話題になりましたが、依然Grabの人気は衰えていません。その人気のヒミツとはどんなところにあるでしょうか?
今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
日本だけでなくアジアを中心に人と物の交流に貢献し、お客さまへのサービス充実に努力する。そんな想いを持つ「日本航空株式会社」マニラ支店長の石田和宏さんにお話を伺いました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はたまたまとても美味しいフィリピン飯を見つけたので皆さんにお伝えしたいと思います! その料理があるのがGoldilocks というお店です。
フィリピンの危機的状況にいる子どもたちの支援をしているNPO法人ICANマニラ事務所でスタディツアー、研修事業、国際理解教育、資金調達を担当しています。スタディツアー、研修においては、日本からフィリピンの現状について学びたい人を募集し、ICANが実際に活動している事業地に案内します。
今回は「でっかい魚をつるぞパート3!」です。釣りはお嫌いですか? 釣り動画ばかりですみません、、、釣りが好きなんです!!! ずっとでかい魚を求めて色々な所に行ってきましたが、やはり沖に出るのが一番早い! と言う事で今回は、プエルトガレラに行きました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「僕の新しい部屋を紹介」です!三月のなかばからロックダウンになってしまったメトロマニラ、、
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているのかもしれません。
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はフィリピン料理のルーガウを紹介します!ルーガウとは日本でいう所のお粥です!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー