ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十七回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第五十七回
広告
広告

『フィリピンの産休制度』


今月の事例

Q.産休に関する法律が変わったと聞きましたが、フィリピンの産休制度はどう変わりましたか?

 

 

1.フィリピンの産休制度


本年3月から産休に関する新しい法律(通称:105日拡大産休法(共和国法第11210号))が施行されました。
まず、主な改正点を挙げさせて頂きます。
・従来は帝王切開の場合60日、自然分娩の場合78日間であった産休期間が出産方法に関わらず105日間に延長されました。なお、シングルマザーの場合は、更に15日間が追加され、合計120日間の産休期間が認められています。
・従来は平均日当の日数分の支給であった産休手当が、対象となる従業員の給与の月額平均の満額をベースに支給されることになりました。雇用主は従業員から産休取得の申請があった場合、30日以内に産休手当を支払う必要があります。
・死産または緊急に堕胎が必要となった場合も60日の産休が認められることが明文化されました。
・従業員が申請をした場合、追加で30日間の無給の産休を取ることが可能となりました。
・従来は手当の支給される産休は4回目の出産までに限られていましたが、新法においては回数の制限なく産休を取ることが可能となりました。
・女性従業員は自らの産休のうち最高7日間を子の父親(婚姻関係にあるかどうかを問いません)に取得させることができます。
 
具体的な申請手順ですが、妊娠が判明した従業員は、その段階で妊娠した旨及び出産予定日を雇用主に通知し、雇用主はその旨をSSSに報告します。その後、具体的な産休開始日を決めましたら、産休申請を雇用主に提出し、雇用主は申請から30日以内に産休手当を支給します。なお、法律上、出産後最低60日は産休期間とすることが定められていますので、(有給で)産休に入ることができるのは最も早くて出産予定日の45日前からということになります。また、追加の無給の30日間の産休を取得するためには、当初予定されていた産休期間終了日の45日前までに雇用主に対して書面にて通知されることが必要です。
 
 
2..日本との違い


日本の法律では産休は出産6週前、出産後8週間とされていますが、フィリピンの場合、一定程度従業員の側で産休期間の開始日を選択することが可能です。また、支給額も日本の場合は従来の給与の3分の2であるのに対し、フィリピンにおいては満額が支給されるという点も異なるといえます。もっとも、日本の場合、産休後に育児休暇を取得することが可能ですが、フィリピンでは育児休暇は法律上の権利としては認められていません。

結論

A.大きな改正点としては、出産方法に関わらず、産休期間が105日間に延長されたことが挙げられます。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?
フィリピンの会社相手に損害賠償を請求する民事裁判を提起することが考えていますが、フィリピンの民事裁判制度はどうなっていますか?
フィリピン事業を撤退することになりましたので、現地子会社をなるべく早く清算したいのですが、どのような手続が必要ですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
ラグーナ州内に製造工場を新設する予定なのですが、フィリピンにはどのような環境規制があるのですか?

その他

皆さんこんにちは!ハポンスリーの井上です! 今回お仕事で日本に帰らせて頂いたので 僕の出身地広島にある平和公園を紹介したいと思います。
5番ウッドでの練習を強烈にオススメするのは、藤田寛之。ツアーの中でも屈指のショットメーカーだ。なぜ7番アイアンではなく5番ウッドがいいのか、詳しく教えてもらおう。
『交渉が行き詰った場合の対処方法』先月号では労使交渉に臨む姿勢についてお話させていただ いております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃さ...続きを読む
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
世界的に知られるクラウドファンディング、Cropital。世界中から投資を募り、地元農家が資金調達できるように手助けするのが彼らの主な目的だ。Cropitalの創業者はCEORuelAmparoさん。2015年11月、22歳でCropitalをスタートさせた。彼はフィリピン大学ディリマン校生産工学を卒業、現在、様々な社会的活動に傾注している。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
みなさん、こんにちは。 フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です! 今回は「フィリピンでミニ四駆をやろー!!」です。 皆さんご存知!あのタミヤのミニ四駆です! 僕が小学生の頃ミニ四駆二次ブームで、すごく流行りました!
こんにちは、ハポンスリーの井上です!僕は普段日曜日にMAJ(マニラオールジャパン)という日本人サッカーチームでサッカーをしているのですが、そこで試合中、腰を痛めてしまいました。という事で、今回はその治療の為にフィリピンで針治療に行ってみました!
「人類が考え出した最も知的なゲーム」、コントラクトブリッジの同好会のご紹介です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel