ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンでコロナウィルス対策で会社が行うべきこと【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十二回】

フィリピンでコロナウィルス対策で会社が行うべきこと【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十二回】

『コロナウィルス対策で会社が行うべきこと』


今月の事例

Q.コロナウィルス対策として会社が知っておくべき事項はありますか?
 
 
本稿を準備している3月上旬の段階で、徐々にフィリピンにおいてもコロナウィルスに感染した人の数が増えてきており、問題が深刻化の様相を見せています。従業員本人がまず感染する可能性もありますし、フィリピンは大家族ですので、家族の中に感染者が出ると濃厚接触している従業員も感染する可能性があります。さらに、感染に気づくまで工場や事務所で勤務していたとすると、社内でさらに他の従業員が感染するリスクもあります。そこで、会社としてどう対処するのかについて検討をしておくことが急務となりますが、本稿では、労務管理についてお知らせ致します。
 

1.従業員が罹患している可能性がある場合
 
従業員本人からコロナウィルスにかかっている可能性があるとの連絡を受けた場合、会社はどうするべきでしょうか。フィリピン保健省はコロナウィルスに感染している可能性のある者に接触した者及び/又はコロナウィルスの感染者が出た地域に旅行をしたことがある者で、熱や咳、倦怠感、痰、喉の痛みや頭痛といった軽い症状が出た場合、14日間自宅に待機することを推奨しており、より重い症状が出た場合は直ちに医療機関に連絡するとともに、保健省のホットラインに連絡をするように求めています。したがって、雇用主が従業員からそのような申出を受けた場合、出社しないよう要請するとともに、症状に応じて自宅待機または医療機関等への連絡をするよう要請することになります。かかる要請に応じて従業員が出社しなかった場合、従業員がまだ有給休暇を残していたのであれば、それを使用したこととして給与を支払うか、既に使い切っている場合は、欠勤した分の給与を支払う必要はありません。
 

2.従業員が罹患した場合
 
次に、従業員がコロナウィルスに感染したことが判明した場合、会社としてはどうすべきでしょうか。従業員がコロナウィルスに感染していることを知らずに工場や事務所で勤務していた間に他の従業員に移してしまった可能性もあることから、会社としてどのように対処すべきでしょうか。フィリピン保健省は3月4日付勧告第09号(Labor Advisory No. 09 Series of 2020)にて、コロナウィルスの大流行を原因とする救済策としてのフレキシブルな労働調整を行うことに関するガイドラインを発表しました。これによりますと、通常の労働条件を継続することによる整理解雇や事業の閉鎖などが起こらないよう、雇用主は従業員と協議の後、フレキシブルな労働調整を一時的に行うことができることとしています。具体的には、労働時間や労働日の短縮、従業員の就業場所の変更(ローテーション)、強制的な有休取得などが具体例として挙げられています。これらを定めた場合、雇用主はその内容を掲示するとともに、管轄のDOLE事務所にその内容を報告する必要があります。
この設例の場合においてもかかる手続きを取り、濃厚接触が疑われる従業員の出勤の停止,その他必要な措置をとることが可能です。
具体的な事例が発生した場合は、専門家にご相談ください。
 
 
 

結論

A.3月4日付で勧告が出ており(Labor Advisory No. 09)、会社としてもフレキシブルな対応をとることが推奨されています。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告

お荷物の国際宅配のBalik Bayan Box ご家族や親しい人がフィリピンへ駐在・留学・渡航の際にご利用ください
2010年「海外で働く日本人を保険を通してサポートしよう!」をスローガンに設立された、マニラとセブに拠点を持つ総合保険代理店。日本を離れると気になる「医療保険」そして意外と見落としがちな「公的年金」など、海外での不安を保険を通じて日本語で分かりやすくサポートしてくれる。英語の保険約款をすべて理解するのはとても困難。海外ゆえに疎遠になりがちな保険を、日本にいるかのように「身近な保険」にしてくれるのが強み。
DMCI Homesは創業60年以上のフィリピン最大手の建設会社DMCIグループを母体とした、フィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
IT、インターネットからオフィス選定、内装まで全てお任せ下さい。NTTコミュニケーションズの子会社であるDTSI Groupまでお気軽にご連絡下さい。
私たちはフィリピンにおいて人材紹介のリーディングカンパニーです。これからも、求職者、企業の皆様に最高のサービスを提供し続けます。また、企業の皆様には国籍・業種をまたいで、世界中のバイリンガル人材をご紹介いたします。

その他

お引越しの際は、安心を心で運ぶ「フィリピン日本通運株式会社(日通)」へ。海外引越や国内引越、事務所移転をお任せできます。
INNOVA LOVING EVERY MOMENT
『人材採用時の"適性検査"ならお任せ!』 フィリピン人技能実習生採用時の検査や日系企業様のフィリピン人の採用でご利用していただけます。
ポスターやバナー・キャンバス地の印刷もお任せ!
デジタルマーケティングでフィリピン7年の実績!
ご要望に応じたデザインと品質の梱包材をご提案いたします
SNSプロモ・SNS運用代行 モバイルAPP開発(IOS/Android) Eコーマスサイト設計・運営代行 WEBサイトマネージメント
DMCI Homesは創業60年以上のフィリピン最大手の建設会社DMCIグループを母体とした、フィリピンを代表するコンドミニアム開発会社(ディベロッパー)です。
イベント(展示会、式典、鏡開き等)、PR、セールスプロモーション(モール販促、キャンペーン等)をサポートします。日本人プロデューサーを中心に、日本と同じクオリティでサポートするノウハウを確立しています。
デジスタンプは、最大解像度2400dpiのデジタルラバースタンプです。ロゴや写真のキャプチャーも可能。ラバースタンプは、各店舗15分ほどで作成できます。また、LBCより全国へお届けすることもできます。

コラム

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー