ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十五回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十五回
広告
広告

『出社できない従業員を解雇できますか?』


今月の事例

Q.工場の操業を再開し、出社命令を出しましたが、交通手段がないため出社できない社員がいます。この社員を解雇することはできますか?また、出社しない従業員の穴埋めのためにGCQの期間中のみ臨時に従業員を雇い入れることはできますか?
 
 

<出社しない社員を解雇できるか?>
 
まず、原則として、GCQ下においても平常時と変わらず、使用者は労働法の規定に基づいて解雇を行うことは可能です。設問の場合ですが、労働法は使用者が労働者を解雇できる場合としては、懲戒解雇、整理解雇及び病気を理由とする解雇を定めるのみですので、交通手段がないために出社しない社員を使用者が懲戒解雇することができるかということになります。労働法は労働者が故意に使用者の命令に反することが懲戒事由になり得ることを定めていますが、命令違反が懲戒事由になるためには使用者の命令が合理的なものである必要があります。労働者がGCQのために出社するための交通手段がないにもかかわらず、出社を命じることについては合理性がないと判断されることになりますので、出社できない従業員を懲戒解雇することはできないでしょう。もっとも、解雇はできませんが、出社しない以上、No work, no payの原則により、使用者はその間の給与を支払う義務はありません。
 
 

<臨時に雇用することはできるか?>
 
操業を開始し、従業員に対して出社命令を出したにもかかわらず、交通手段がないために出社できる従業員が限られるため、事業に支障を来した場合、使用者としてはその穴を埋めるために従業員を新たに雇用することが考えられます。もっとも、使用者としては今後さらに制限が緩和され、従来の従業員が出社できるようになった場合の人員過剰が気になると思われます。
従来の従業員が出社できるようになった後も穴埋めのために雇用した従業員を雇用し続けなければならない事態を避けるため、使用者は期間を定めた雇用契約(例えば、3ヶ月といった期間を明示した契約や、従来の従業員が復帰するまでの有期契約とすること)またはプロジェクト雇用契約(あくまで特定のプロジェクトのためのみの雇用契約)をすることにより、そのような不安を払拭することが可能です。
 
 
 
<操業を再開したが、人員過剰となった場合>
 
設問のケースではありませんが、操業を再開したものの、業務の量が従来ほどまで回復しないために人員過剰となってしまった場合、使用者は人員過剰(Redundancy)を理由として整理解雇をすることが可能です。整理解雇を行おうとする場合、一ヶ月前までにDOLEおよび本人に対する通知を行い、就労期間に対応する退職金を支払うことが必要となります。
 
 
 
 
 

結論

A.交通手段がないために出社できない従業員を解雇することはできません。もっとも、出社できない従業員の代替要員として臨時に従業員を雇用することは可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

売買代金の支払いがないのですが、回収するにはどうしたらよいでしょうか。裁判手続きは時間がかかると聞いていますので、それ以外の方法はないでしょうか。
フィリピンで工事請負契約を締結しているのですが、GCQ・ECQのために工事がストップし、納期に間に合わせることができませんでした。注文主から損害賠償を求められているのですが、不可抗力を主張することはできないでしょうか?
Q.従業員の親族から従業員が警察に逮捕されたため、出社することができないとの連絡がありました。その後、身柄が釈放されたため、出社するとの連絡が入りました。会社としてはそのような従業員を出勤停止や解雇することはできますか?
私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
GCQ下の操業再開に関連する労務の取り扱いについて

その他

2018年2月に富士ゼロックスフィリピンの社長に就任した加藤英明さん。顧客の業務効率化や業績の拡大をサポートするため、商品の提案だけでなく、印刷に付加価値をつけたサービスの提供に徹底したこだわりをもつ。これまで上海、シンガポール、ミャンマーなど海外に長く駐在した経験をいかし、国の発展や需要に応じた事業展開の舵取りを担う。
マニラ名物といえばエドサアベニューの大渋滞です。 特に通勤ラッシュ、帰宅ラッシュはひどいです。 「一生たどり着かないんじゃ?」 と思うこともあるでしょう!そのくらい混みます。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
2014年にジョイントベンチャーとして設立されたUCC上島コーヒーフィリピンのCEOを務めるHubert Young氏。三ツ矢堂製麺など多くの日本食事業をフィリピン展開する架け橋となり、飲食業界を30年以上率いてきた。
焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人 HPN3 堀越です。今回はフィリピンの子供の遊びSipa(シーパ)をしてきました。Sipaとはタガログ語で「蹴る」という意味です。どんな遊びかというと、テープで作った羽がついた平べったい鉛をリフティングして競う遊びです
住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー