ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十六回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十六回
広告
広告

『フィリピンのADR(裁判外紛争解決手続)について』


今月の事例

Q.売買代金の支払いがないのですが、回収するにはどうしたらよいでしょうか。裁判手続きは時間がかかると聞いていますので、それ以外の方法はないでしょうか。
 
 

<フィリピンの裁判外紛争解決手続き(ADR)>
 
既にご存じのとおり、フィリピンで民事裁判を提訴して判決を得ようとすると、相当の時間及び費用がかかります。そこで、裁判外での紛争解決手段(いわゆるAlternative Dispute Resolution; ADR手続)が期待されています。フィリピンにおいて、いわゆる仲裁を含む裁判外の紛争解決手段に関する法律として共和国法第9285号(ADR法)と共和国法第876号(仲裁法)があり、仲裁法は国内仲裁に関する規定を置き、ADR法は調停(Mediation)および国際仲裁に関する事項を規定しています。
 
 

<調停と仲裁の違い>
 
ADR法にいう調停とは、紛争当事者により選任された調停人が意思疎通及び交渉を促進し、紛争当事者が紛争となっている事項について自発的に合意に至ることを援助する手続きをいい、調停人が自ら裁定を下すということはありません。よって、調停が不調に終わった場合、裁判により解決を図ることになります。フィリピンにおいて調停機関としてよく使われるのは、知的財産権に関する知的財産庁(Intellectual Property Office of the Philippines; IPOPHL)が行う調停が挙げられます。これに対し、仲裁は紛争当事者により選任された仲裁人が仲裁判断を出すことにより紛争を解決するという、仲裁人自らが判断を下し、それに紛争当事者が従う義務を負うという点で、調停とは異なる手段となります。なお、全ての法的問題が調停や仲裁により解決可能というものではなく、例えば、労働問題や、市民権、婚姻の有効性や刑事責任といった事項については裁判所その他法律により定められた機関により判断されることが必要です。
 
 
 
<フィリピン国内の仲>
 
仲裁により紛争当事者間の紛争を解決するためには、まず、当事者が紛争を仲裁により解決することを合意していることが必要です。具体的には、当事者が紛争の元となった取引に入るときに締結した契約書に紛争が生じた場合にはそれを裁判ではなく、仲裁により解決することに合意する条項(仲裁条項)を入れることになります。仲裁条項の中にどの仲裁機関を用いるか、仲裁人の人数や選定方法等につき、合意することが必要です。仮に有効な仲裁合意があるにもかかわらず、一方当事者が仲裁手続による解決を拒絶した場合、仲裁を申し立てた当事者は裁判所に申し立てを行い、他方当事者が仲裁に応じることを命じる命令を出すことを求めることができます。
 
 
 

<フィリピンの仲裁機関>

 
フィリピン国内の主要な仲裁機関としては、以下が挙げられます。

❶ Philippine Dispute Resolution Center Incorporated (PDRCI)
1996年にフィリピン商工会議所により設立された仲裁機関です。

❷ Philippine International Center for Conflict Resolution (PICCR)
2019年にフィリピン弁護士会により設立された仲裁機関です。

❸ Construction Industry Arbitration Commission (CIAC)
大統領命令第1008号に基づき、フィリピン国内における建設に関して締結された契約に基づく問題については、CIACが専属の仲裁機関となっており、他の仲裁機関で仲裁を行うことはできません。
 
 
 

結論

A.フィリピンにも裁判外紛争解決手続きがありますので、紛争当事者の合意により、それらの利用が可能です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
工場の操業を再開し、出社命令を出しましたが、交通手段がないため出社できない社員がいます。この社員を解雇することはできますか?また、出社しない従業員の穴埋めのためにGCQの期間中のみ臨時に従業員を雇い入れることはできますか?

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はたまたまとても美味しいフィリピン飯を見つけたので皆さんにお伝えしたいと思います! その料理があるのがGoldilocks というお店です。
来比10年目になる齊藤さん。女性ばかり400人のオフィスを束ね、今年は新たにパンガシナンに350人規模のオフィスを立ち上げました。日本の企業文化を浸透させるためにフィリピン人に寄り添って繰り返しぶれずに意思を伝えてきました。今度はその精神を受け継いだフィリピン人スタッフが教育にあたります。
みなさん、こんにちは! HPN3の堀越です。突然ですが、僕は野球が大好きです。 見るのもプレーするのも好きです。 そんな野球好きは日本にはたくさんいます。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「アヤラモールVertis North ブリキヤード紹介」です!前回の動画でケソンシティーのアヤラモールにジャパンフードコートがあると紹介しました!!
今回は「フィリピンの闘鶏に行ってきました。」です。闘鶏とは、鶏の脚に小型の刃物を付けて、雄鶏と雄鶏が戦う競技です。フィリピンでは闘鶏がすごく盛んで、テレビ中継もされているそうです。しかも闘鶏は賭博が認められているのです!
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
みなさん、こんにちは! HPN3の堀越です。 僕は現在ホームステイをしていましてフィリピン料理ばかり食べています。 家にいるときは三食のご飯はもちろん、ミリエンダ(おやつ)もフィリピン料理です。
右への移動を減らしてその場で回転スイングにチェンジ!昨年のスイングと比較すると、その違いはより明確になる。体を揺さぶる動きが消え、スムーズで効率的に進化した。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「日本のデンモクがあるカラオケを紹介します!」今回は新曲も沢山入っているしっかりとしたカラオケを紹介します!!!
今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel