ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンのコミュニティ隔離措置と不可抗力事由について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十七回】

フィリピンのコミュニティ隔離措置と不可抗力事由について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十七回】
広告
広告

『コミュニティ隔離措置と不可抗力事由』


今月の事例

Q.フィリピンで工事請負契約を締結しているのですが、GCQ・ECQのために工事がストップし、納期に間に合わせることができませんでした。注文主から損害賠償を求められているのですが、不可抗力を主張することはできないでしょうか?
 
 

<不可抗力の発生により債務不履行が発生した場合>
 
一般的には契約を締結して債権債務が発生した場合、債務を履行できなかった当事者は相手方に対して債務不履行責任を負担することになります。しかしながら、このたびのコロナウィルスによるコミュニティ隔離措置などの予想できない不可抗力事由が発生した場合も債務不履行の責任が発生すると言えるのかについて考えます。
まず、債権債務を発生させるもととなった契約書に不可抗力が生じた場合についての条項がある場合は、その条項が定める事項が法律や、公序良俗に反するということがない限り、その条項に従って債務不履行責任が生じるかどうかを判断すれば足りるということになります。では、契約書の中に不可抗力が発生した場合についての規定がない場合はどのように判断すればよいでしょうか。この点について、フィリピンにおいては、不可抗力条項が契約書において明確に規定されていないとしても、民法第1174条が「予見できない事象または予見できたとしても回避不能な事象につき、何人たりとも責任を負わないものとする」と規定していますので、予見できない不可抗力事由が発生して債務の履行が不可能な場合、債務を履行できなかった当事者が責任を問われることはありません。
 
 

<コミュニティ隔離措置は不可抗力事由となるか>
 
以上の一般論を前提として、今回のコミュニティ隔離措置が不可抗力事由と言えるのかを検討します。設問の工事請負契約の場合ですが、これが何を建築する予定であったのかによって差異が生じる可能性があります。すなわち、フィリピン貿易産業省(DTI)は、コミュニティ隔離措置下において、産業ごとに操業できるか、また操業できる場合の条件等について回覧覚書を発表しています(現時点で最新のものは2020年6月8日に発表された第20-33号)。これによりますと、必要不可欠な工事として認められたものについてはECQからMGCQのいずれの状況においても100%の操業が可能とされていますが、これらに当たらない一般的な工事についてはECQおよびMECQ下の地域では操業ができず、GCQの地域では50%、MGCQの地域でようやく100%の操業が可能とされています。従って、コミュニティ隔離措置により操業が制限されている工事についてはその遅延等については不可抗力事由が発生したとして工事遅延等の責任を免れることは可能であると考えます。

また、工事請負契約以外の場合であっても、例えば、商品の売買契約において、コミュニティ隔離措置により商品の生産ができなかった、または、輸送手段が止まったという事情が生じて納品ができなかった場合、納品遅延についての責任を逃れることは可能であると考えます。同様に、商品の買主がコミュニティ隔離措置により銀行が閉鎖となったため期限までの支払いができなかった場合も、支払い遅延についての責任を逃れることは可能であると考えます。
 
 
 

結論

A.コミュニティ隔離措置により工事ができなかった場合、不可抗力が発生したとして契約条項の有無にかかわらず、免責される可能性があります。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

Q.従業員の親族から従業員が警察に逮捕されたため、出社することができないとの連絡がありました。その後、身柄が釈放されたため、出社するとの連絡が入りました。会社としてはそのような従業員を出勤停止や解雇することはできますか?
私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?
現在、フィリピンパートナーと60/40法人で事業を行っていますが、これを完全子会社にしようと思います。どうしたらよいですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
売買代金の支払いがないのですが、回収するにはどうしたらよいでしょうか。裁判手続きは時間がかかると聞いていますので、それ以外の方法はないでしょうか。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピン人にトロロを食べさせてみた」です!前回の堀越さんの動画でフィリピン人に納豆、梅干しを食べさせてみた動画があります。
年末年始、僕たちHPN3は仕事の為日本に帰らせてもらいました。 知り合いのフィリピンの方に 「日本に帰るけどお土産何が欲しい?」と聞いたところ 第1位は「日清のシーフードヌードル」でした。
『フィリピンの相続とは?』
今回はビジネスの話を離れて、フィリピンでの相続の制度はどのようになっているのかについてお話しさせていただきます。
『フィリピンでの労働紛争の解決手続はどうなっている?』今回は再びビジネスの話に戻り、フィリピン人を雇用したところ、給与の支払いや解雇など、様々な労働問題でもめてしまい……
今回は「釣具を買って釣りに行こう!」です。 何度か釣り動画を上げさせてもらいましたが、 そもそも釣具はどこで買い揃えたらいいかなど言っていなかったと思うので今回は、釣具屋紹介をしたいと思います!
今回は「またコスプレカーニバルに行きました」です! 前にもSMXで行われたコスプレカーニバル! 前はいつものサムライショートコントで使っている、町娘の格好にメイクをしただけの簡単なコスプレでしたが、今回は友達のフィリピン人のコスプレイヤーにアニメのコスプレ衣装を作ってもらい参戦してきました!
日本国内外での積極的な出店攻勢を続けるコンビニエンスストアの雄、ファミリーマートが4月、フィリピンに上陸。店舗展開の陣頭指揮をとる小泉昌親さんにお話をお聞きしました。
SMXにて開催される食品展示会 WORLD FOOD EXPO FOOD BAZAARに参加します。マニラで手に入るハウス製品全17品が購入可能!試食もできて、通常よりお買い得価格でお買い求めいただけます!
比国に進出して50年以上、比国をASEAN地域における中核市場として位置づける「ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション」社長の柴田彦三郎さんにお話を伺いました
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!僕たちもなんだかんだで三年半近くも住んでいるのでタガログ語はある程度喋れるようになりました。最近フィリピン人の方と話しててわからない単語は英語の時が多いです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー