ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで逮捕された従業員の解雇について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十八回】

フィリピンで逮捕された従業員の解雇について【フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第六十八回】
広告
広告

『逮捕された従業員の解雇』


今月の事例

Q.従業員の親族から従業員が警察に逮捕されたため、出社することができないとの連絡がありました。その後、身柄が釈放されたため、出社するとの連絡が入りました。会社としてはそのような従業員を出勤停止や解雇することはできますか?
 
 
既フィリピンにおいては刑事事件が発生した場合、一般的には起訴後に身柄が拘束されますが、一部例外的に、起訴前に身柄が拘束されることもあり得ます(現行犯逮捕など)。従業員が身柄拘束され、従業員本人またはその親族から会社に身柄拘束を受けているため出社できない旨の連絡が入った場合、会社としてはどのような対処が可能かについて検討します。まず、原則として、従業員が刑事裁判の対象となっていること自体をもって解雇することはできません。また、問題となっている犯罪が従業員の会社における就業と何ら関係がない場合、会社が従業員に出勤停止を命令することもできません。逆に言いますと、問題となっている犯罪が会社での業務や会社にいる他の人(雇用主やその代理人、親族や同僚など)に関連する場合、または、当該従業員が会社に出社することが雇用主や同僚の生命や財産に重大な脅威となり得る場合には、雇用主は当該従業員に対して予防的な出勤停止処分を命じることができます。もっとも、この予防的な出勤停止処分は30日間を超えて発令することはできません。また、この出勤停止処分が許されるためには、その期間中に会社側が出勤停止処分の原因となった犯罪事実について社内調査を行う必要があります。かかる作業が行われた場合、この出勤停止処分は合法となり、その期間中、雇用主は賃金を支払う必要はありません 。仮に、この30日の期間内で問題が解決しなかった場合、会社は出勤停止処分の期間を延長することも可能です。ただし、延長された期間については従業員が出社しなくとも賃金その他をその従業員が出社している場合と同様に支払わなくてはなりません。

万一、会社が上記の理由がないにもかかわらず、従業員を解雇したり、出勤停止とした場合、従業員はそのような会社の処分について不服申立を行うことが可能です。例えば、不当解雇であると認定された場合、従業員は元の職に戻ることができるだけでなく、受け取ることができなかった賃金や手当の満額支給、年金支給の基礎となる勤続年数の加算等が命じられることになります。よって、会社が従業員に対して処分を行うに際しては、処分理由があるかどうかにつき、慎重に検討することが必要です。

他方、従業員の側から、身柄拘束が続いていることを理由として出社できない旨を会社に伝えた場合、出社していない期間についてはNo work, no payの原則により、従業員は賃金の支払いを受けることはできませんが(取得できる有給休暇を利用する場合は別です)、出社が可能となるまで、欠勤を続けることは可能です。
 
 

結論

A.問題となっている犯罪が会社の業務に関連していたり、雇用主や同僚に期限を及ぼす可能性がない限り、出勤停止等の処分を行うことはできません。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

広告
広告
広告

法律あらかると

私は日本以外にフィリピンにコンドミニアムを持っていますが、遺言は日本の資産に関するものとは別に準備した方がよいのでしょうか?
現在、フィリピンパートナーと60/40法人で事業を行っていますが、これを完全子会社にしようと思います。どうしたらよいですか?

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
フィリピンで工事請負契約を締結しているのですが、GCQ・ECQのために工事がストップし、納期に間に合わせることができませんでした。注文主から損害賠償を求められているのですが、不可抗力を主張することはできないでしょうか?

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!僕の住むトンド地区は2日間ハードロックダウンになり完全外出禁止になりました。以前は徒歩30秒のサリサリストアには行ってましたがそれも出来ません。
今回はフィリピン最大の激安マーケット、「ディビソリアでスマートフォンを買おう」です!日本人だけで行くと危ない、スリ被害が多いなど結構言われているが、やはり1度は行ってみたい!毎日のように電車やジプニーに乗って居るので、警戒心はすごいある。僕達が住むケソンでも道端でスマートフォンを買わないかとよく話かけられるが、買うならめちゃくちゃ安い物を買いたい!というわけで、ディビソリアに行ってきました!
民事裁判で勝訴判決を得ても被告が自発的に判決で命じられた金銭の支払いを行うとは限りません。そこで、被告が自発的に支払いを行わない場合に判決を執行する方法について説明します。
SMマーケット、ロビンソン、ルスタンス、ウォルターマート、メトロスーパーマーケット、ランドマーク、ピュアゴールド、ランダーズなど、各スーパーマーケットでお買い求めできます!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「コスプレしてジョリビーに行ってみた」です!フィリピンは日本のアニメがすごい流行っていて、毎月のようにコスプレイベントがあります。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はセブンイレブンの牛丼を紹介します!僕は普段フィリピン料理を食べて生活しているのですが、やはりたまに無性に日本食が食べたくなります!しかも夜中に。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「TOYCON2019に行ってきました」です! TOYCON とはフィリピンでとても大きなオタクフェスでコスプレやフィギュア、アイドルなど色んなジャンルがあり毎年開催されています。
こんにちは!ハポンスリーです。 今回は少し前に流行ったutang challenge(ウータンチャレンジ)をやりました! utangは借金という意味で知り合いからお金を借りる事が出来るかという挑戦です!
フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされますが、遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがった遺産分割手続が必要です。
今回はisang daan (100)シリーズ第2弾という事で前回の【焼きそばにカラマンシーを100個かけてみた】に続いて、【焼きそばにチリを100個入れてみた】です。まずチリを100個買いに行ったのですが、普段ならすぐ見つかるはずのチリがどこにも売ってない!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー