ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十五回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十五回
広告
広告

『こんな従業員は解雇できますか?(2)』

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。


今月の事例

当社の就業規則には従業員に対して抜き打ちでドラッグテストを行い、その際に陽性の結果が出た場合には直ちに解雇することを定めています。今回抜き打ちのドラッグテストで陽性反応が出た従業員が出たのですが、解雇することに問題はないですか?

 

許されるドラッグテストとは?



    従業員に対してドラッグテストを行うことは、やり方を間違えれば従業員から人権侵害であるとして拒絶される可能性もあります。しかし、多数の従業員がいる職場に薬物の影響下にいる従業員がいることは好ましくないことも疑いようありません。そこで、包括的危険薬物法(共和国法第9165号)及びDOLE省令第53-03号(いわゆる、私企業におけるドラッグフリーな職場環境とプログラム実施のためのガイドライン)は、ドラッグフリーな職場環境の保全のために雇用主が行うべきことを定めるとともに、併せて公表されている就業規則のサンプルの中でドラッグテストが許される場合を以下のとおり規定しています。

 

① ランダムテスト
会社が任意に定めるインターバルで行う抜き打ちテストであり、会社がランダムで選択した従業員にテストを受けさせることができます。

 

② 正当な理由に基づくテスト
従業員が薬物の影響下にあると感じた場合(その従業員の周りに薬物の証拠が発見された場合や、薬物の影響下にあると思われるような行動が見られた場合など)には、いつでもドラッグテストを受けさせることができます。

 

 ③アクシデント発生後のテスト
「ニアミス」事故(危うく他の従業員の身体又は雇用主に対する相当程度の損害を発生させかねない事由が生じた場合)や「労働上の事故」が薬物の使用又はその影響のために引き起こされたと思われる場合にはドラッグテストを受けさせることができます。

 

  なお、ドラッグテストは保健省(Department of Health/DOH)の定める手順に従って、DOHにより認可されたテスト機関が行う必要があります。テストの結果は受検者に必ず通知される必要があり、もしテストの結果陽性となった場合には、会社の評価機関が結果を検討し、どのような処遇を行うかについて決定します。また、ランダムテストの結果は1年間有効であり、その間は、②または③のテストの要件に該当しない限り、再度テストの対象とすることはできません。

 

薬物利用を理由とする解雇ができるか?


   ガイドラインでは10名以上を雇用する雇用者に対して、薬物乱用防止対策を行うことを義務づけるとともに、従業員が薬物を利用したことがわかった場合にリハビリテーションや治療を行うことに関する規定も置かれています。それでは、会社は従業員がドラッグテストの結果陽性とわかった場合にその従業員を直ちに解雇することはできないのでしょうか? 

 

   この点についてはガイドラインが発行された2003年以後に出た判決においても、抜き打ちで行われたドラッグテストの結果陽性であることが判明した従業員を解雇した会社の判断を認めた判例が出ています。具体的には、職場でのドラッグの使用は著しい非行(serious misconduct)にあたるとして、労働法296条に基づき懲戒解雇が認められることとなります。ちなみに、会社が従業員に対して抜き打ちのドラッグテストを受けるように命じたにもかかわらず、これを拒絶した場合も雇用主の合法な命令に故意に従わなかったものとして懲戒解雇が認められることになります。なお、解雇が認められるとしても直ちに解雇が認められるものではなく、通常の懲戒解雇の場合と同様に、書面により通知し、反論の機会を設けるなどの適切な手続を経る必要があります。

 

結論

法律及びDOLEのガイドラインに従って行われたドラッグテストの結果陽性反応が出たのであれば、解雇することに問題はありません。ただし、法に定める手続を経ることが必要です。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
『こんな従業員は解雇できますか?(1)』 今回からはフィリピン人従業員を解雇することができるかどうかについてケースに分けてお話しいたします。

その他

こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はセブンイレブンの牛丼を紹介します!僕は普段フィリピン料理を食べて生活しているのですが、やはりたまに無性に日本食が食べたくなります!しかも夜中に。
今回は「スービック観光」です。 前回もスービックに釣りに行きましたが、今回はスービックに観光にいきました。 スービックはマニラからバスで三時間ぐらいのところで、綺麗な海があります。
。先日僕たちHPN3は日本に行ってきました。 日本に行った時は必ずホームステイファミリーにお土産を買っていっています。チョコレートやスナック菓子、カップラーメンなど。みんな喜んでくれます。僕の帰りよりもむしろお土産を楽しみにしています。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
販売した商品の代金を買主が支払わないため、買主の資産に対する仮差押を行いたいのですが、可能ですか?
自身の体験から整体の技術をゼロから学び、フィリピンに進出。整体に馴染みのないフィリピン人に指導し、国内に10店舗を構えるまでに浸透させてきました。ホスピタリティが大切な業界で生きてきた成瀬さん。フィリピンのマーケットやポテンシャルに大きな魅力を感じ、ここで会社が大きく成長するのを見届けたいと言います。
第11回目はフィリピンにおける税金の「有利・不利の判断」に関するコラムを記載したいと思います。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
かつて、フィリピン航空機内食の総料理長を務めていたBergerさん。ヨーロッパ出身の友人らが、故郷の食べ物を懐かしむのを見てヒントを得た。「肉を輸入して、ここマニラでソーセージを作ろう!」それから30年。彼の経営するデリカテッセン、サンティスは、国内で一番と評価されている。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel