ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十七回

フィリピンで役立つ!フィリピン法律あらかると第十七回
広告
広告

『工場閉鎖の場合の従業員の解雇』

前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。


今月の事例

Q.クラークとバタンガスに製造工場があるのですが、このたびクラークの工場を閉鎖し、バタンガスの工場を拡張して生産効率を高めようと計画しています。その際にクラ ークの工場の従業員を全員解雇することはできますか? 同様の理由で、バタンガスに第1工場と第2工場があるうち第2工場を閉鎖して、第1 工場を拡張する場合に第1工場のために新たな従業員を雇用し、第2工場の従業員を解雇する場合はどうですか?

 

整理解雇が許される場合



前回の繰り返しになりますが、フィリピンの労働法298条(旧 283条)は整理解雇が以下の場合には許されると規定しています。

 

① 労働省力装置の導入

② 重複人員の発生(Redundancy)

③ 損失を防止するための人員整理(Retrenchment)

④ 組織または事業の解散または停止

 

 

工場の閉鎖に伴う解雇


    会社が工場を閉鎖する場合には、整理解雇が認められる場合の④組織または事業の解散または停止に該当するかどうかをまずは検討することになります。かつては④の事業の停止に 該当するとして従業員を解雇するためには、会社が損失を抱えており、更なる損失の発生を防止するためという理由があることが必要と判断されていたこともありましたが、現在では会社が損失を抱えている場合ではなくとも工場を閉鎖する際にその工場の従業員を解雇することは原則的に認められます。ここで、「原則的」と言うのは解雇が認められない場合もあるということです。全ての整理解雇の場合にいえますが、雇用主には解雇を誠実に(faithfully)行わなければならないという義務 があります。ですから、例えば、工場内で組合結成の動きがあるので、それを防ぐ為に工場を閉鎖して従業員を解雇するというようなことは認められません。
 第1の設例では、生産効率を高める為に工場を閉鎖するということですし、クラークで働く従業員がバタンガスに通勤することは困難ですので、解雇については誠実な理由があると認定されると考えられます。よって、後は雇用主が法律に従って手続を踏 むのであれば、解雇は認められることになります。

 

新旧工場が近接している場合


  では、第2の設例のように、同じバタンガス州内での工場の閉 鎖と拡張の場合はどうでしょうか。ここでは雇用主が「誠実に」解雇を決定したといえるかどうかが問題となりますが、同じバタンガス州内での工場の新設に際して、旧工場の従業員が新工場でも働くことができるにもかかわらず解雇をするというのは雇用主の態度として誠実ではないと判断される可能性が高いと思われます。よって、第2の設例ではよほど誠実な理由がない限り工場の閉鎖を理由として解雇することはできないといえそうです。もっとも、②の重複人員の発生を理由とする解雇が状況によっては認められることもありえます。
 これに近い判例として、マカティにある工場が賃貸借契約の 満了により閉鎖する必要があったため、新たにサントトーマス( バタンガス州)に工場を移転することとなり、旧工場の従業員に対して新工場で働くことを希望する場合には新工場の稼働日に出社することを求めたところ、一部の従業員はこれに応じず、不当解雇であると争ったケースがあります。この事案において、裁判所は元従業員側の不当解雇との主張を認めず、退職金の支払いを雇用主に対して求めたものの、解雇自体は認めました。
 このように具体的な解雇の適法性につきましては判断が微妙なケースもありますので、専門家に相談されることをお勧めいたします。

結論

A.工場の閉鎖に伴う解雇は雇用主に 誠実な理由があり、法律に定める方式に従って行われるのであれば有効です。第1のケースではこれが認められやすいと思われますが、第2のケースでは従来の従業員が新工場でも働くことができると思われるため、解雇によほど誠実な理由があることを証明できない限り、解雇は難しいものと思われます。

 

本稿においてフィリピン法に関する記載につきましては、Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco法律事務所の監修を受けております。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

弊事務所は、下記のフィリピンの法律事務所と提携しており、フィリピン進出中の日本企業及び在留邦人の方々に日本語での法律面でのサポートを提供させていただいております。取扱業務:会社設立、企業法務、倒産、労務問題、税務問題、一般民事、相続等


Quasha, Ancheta, Peña & Nolasco
住所: Don Pablo Building 114 Amorsolo Street, 12290Makati City, MetroManila, Philippines
電話:02-892-3011(代表)・02-892-3020(日本語対応)
FAX:  02-817-6423
E-mail: [email protected]
URL: http://www.quasha-interlaw.com



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

(左) 弁護士 上村真一郎
(右) 弁護士 鳥養雅夫
(桃尾・松尾・難波法律事務所)
〒102-0083
東京都千代田区麹町4丁目1番地
麹町ダイヤモンドビル
電話:+81-3-3288-2080
FAX:+81-3-3288-2081
E-mail: [email protected]
E-mail: [email protected]
URL: http://www.mmn-law.gr.jp/

 

広告
広告
広告

法律あらかると

『従業員の降格はできますか?』前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあら...続きを読む
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
『労働組合ができそうな場合の対処方法』先月号まではいろいろな事例に基づき、従業員を解雇する ことができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフ...続きを読む
『労働組合ができたあとはどうすればよい?』前回は会社に労働組合ができそうな場合にはどうすればよいのかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらか...続きを読む
前回は会社側と労働協約を締結する労働組合が決まるまでの手続きについてお話させていただいております。今回は労働組合と労働協約締結に向けてどのような交渉を行うのかについてお話しいたします。

法律あらかると 一つ前のコラムを見る

法律あらかると
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。

その他

フィリピンに来る前に 「フィリピンでは水道水は絶対に飲んではいけない」 という情報を聞いていました。 なので、来たばかりの時はビビリまくって歯磨きの水ですらミネラルウォーターを使っていました。
こんにちは、ハポンスリーの井上です。 フィリピン料理をもっと日本人に知ってほしい!! という事で、今回ご紹介するフィリピン料理は、、、paresです! Paresは甘辛いタレに柔らかく煮た牛肉が入っている料理です。
フォローでヘッドに引っ張られるように体を回転させる。ハンマー投げのイメージでヘッドの遠心力にまかせて手首を返し、ヘッドを動かしたい方向へ走らそう
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!僕はフィリピン料理の中だと、アドボとパンシットビーフンが好きなのですが、今回はこの2つを掛け合わせたアドボビーフンを作りました!
第2回の今回は「マニラ立命館大学校友会 ゴルフ部」をご紹介します。伊勢全次郎さんにお話をお聞きしました。
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
気軽に海外旅行が楽しめる時代だからこそ、安心安全な旅を届けたい。そして多くのお客さまが旅行を通して世界各地のカルチャーを理解することで世界の平和貢献に繋げたい。そんな想いを持つ、H.I.S.吉田さんにお話しを伺いました。
ラグナ湖の北側の山間に位置するEastridge。コースから見下ろすラグナ湖の景観は山岳コースならではの美しさ。また、山岳コースといっても、しっかり距離のあるコースレイアウトでアップダウンも加味されるため、実距離よりも長く感じるコースです。
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel