ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ビーフン

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 ビーフン
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●ビーフン


フィリピン食材
まめ知識



オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。三食いつでも、さらにはミリエンダに、そのままでも、ごはんに乗せておかずにもとフィリピン人が大好きな国民食。今回はビーフンを使ったヘルシー、節約、3分で完成「和風 パンシット」のご紹介♪スーパー、コンビニのインスタント麺売り場にパンシットビーフンが数種類置かれています。1食なんと14ペソ!! 何食分かの大きなビーフンもありますが、小分けではないため、1食分に分けようとすると、キッチンがビーフンまみれに…その際1食分の袋麺タイプ だと便利です。茹でる前は油揚げ1枚分程の小ささが、かなり膨らみボリューム十分♪ 安い!旨い!早い!低カロリーなのにお腹は膨らむなんとも体にうれしい一品です♪

 

 


みんな大好き、ほっこり一品♪

揚げ出し豆腐
Agedashi Tofu (fried tofu with tempura sauce)

●材料 (2人前)

パンシットビーフン(インスタント袋麺)........................2袋
鶏むね肉........................................................................100g
玉ねぎ........................................................................100g
人参.......................................................................50g
油揚げ......................................................................半分
しいたけ.......................................................................2個
白菜........................................................................50g
醤油.........................................................................大さじ2
みりん.........................................................................大さじ1
和風だしの素................................................................小さじ1
かつおぶし........................................................................適量
調理油........................................................................大さじ2



●調理ポイント

具材はお好みで、冷蔵後の余り物でOK♪ かなり水を吸うので多めに水を加えて茹でてください。ポイントはそれだけ!カラマンシーもばっちり合います。焼きの他にも、スープにちょっと入れるだけで簡単ダイエットレシピに♪マーボー豆腐の素と合わせても家族の喜ぶおかずになりますね♪

 

● 手順

具材を食べ得やすい大きさにカットし、フライパンで炒めていく

 ビーフンと水を加え2分程煮る

水分がなくなったら調味用を加え、再度炒める

皿に盛り付け、かつお節を振って完成!!

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Chicken breast....................................................................... 100g
White onion ..................................................................100g
Carrot...........................................................................50g
Chinese.cabbage..........................................................................50g
Deep-fried tofu.......................................................................1/2pcs
Shiitake mushroom........................................................................2pcs
Soy sauce.............................................................................2tbsp
Mirin................................................................................1tbsp
Dashi powder.........................................................................1tsp
Bonito flakes...........................................................................1pinch
Cooking oil............................................................................2tbsp

● STEPS

Cut the chicken breast and shiitake mushrooms. into thin slices. Cut the cabbage and carrots into bite sized pieces.

Saute all ingredients in a Teflon pan.

Cook the noodles and wait to drain the excess water.

Mix together the noodles and ingredients. Add seasonings and sauté evenly.

Arrange the sautéed noodles on plates and sprinkle. with bonito flakes.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。

その他

2013年時点で総資産額約270兆円と、世界中で第二位の規模を誇る三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)。同行の、中尾哲也・マニラ支店長にお話をお聞きしました。
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
マニラからNLEXを2時間北上しパンパンガにあるゴルフ場がPradera Verde。2016年12月にオープンした新設ゴルフ場で全27ホール。
ラーメン業界の競争が激しいフィリピンにおいて、リーズナブルな価格で勝負をする「RAMEN KURODA」。店舗すべてを直営で展開し、本物の味と質の高いサービスを追求する。
マニラで10年以上に渡り飲食業を営む事業家・瀬戸正和氏に、フィリピンにおける飲食ビジネス参入のポイントを直撃取材!! フィリピンで起業・投資をお考えの方は必見です。
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
昨年、日系企業が対象となるストライキが発生しました。そこで、今回はフィリピンにおいてストライキが行われる手続についてご説明させて頂きます。フィリピンの労働法は、適法なストライキの要件について定めています。
1つのビル内に4つのレストランを運営するクリエイティブなシェフ、ガンボアさん。 MilkyWayレストランのオーナー、創業者であるJulie Araullo Gamboa氏を母親持つガンボアさんは、幼い頃より様々な料理やレストランに親しんできた。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
2018年2月に富士ゼロックスフィリピンの社長に就任した加藤英明さん。顧客の業務効率化や業績の拡大をサポートするため、商品の提案だけでなく、印刷に付加価値をつけたサービスの提供に徹底したこだわりをもつ。これまで上海、シンガポール、ミャンマーなど海外に長く駐在した経験をいかし、国の発展や需要に応じた事業展開の舵取りを担う。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel