ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 コンビーフ

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 コンビーフ
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●コンビーフ


フィリピン食材
まめ知識



人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。フィリピン人はこれを油でソテーしてご飯と一緒に食べたり、時にはサンドイッチの具材として挟んで食べたりと、幅広く普段の食生活に用いられています。今回はこれを豆腐と和え、海苔で包んで揚げてみました。コンビーフの旨味に豆腐のフワフワ感がプラス、さらに外側は海苔のパリパリの食感。料理のおかずとしても、おつまみとしても楽しめる一品に仕上がりました。お好みで天つゆにつけてどうぞ。また、コンビーフの味はブランドによって様々。色々試してお好みのものを探すというのも楽しみの一つですが、日本と同じような味をお求めの場合は輸入品、または比較的値段が高いものを選んでみてください。僕の経験上ですが、味の満足度は値段に比例するように思います。笑

 

 


簡単なのに、本格おつまみ!

コンビーフと豆腐のふわふわ包み揚げ
Nori wrapped fried Tofu with Corned Beef

●材料 (2人前)

コンビーフ..................................................................100g
豆腐........................................................................100g
生姜.......................................................................10g
万能ねぎ.................................................................10g
合わせ味噌..................................................................10g
海苔........................................................................1枚
片栗粉......................................................................大さじ1
天つゆ......................................................................(お好みで)
油................................................................(調理用)



●調理ポイント

豆腐は木綿、絹どちらでも使用可能ですが、よりフワフワ感を出すためには絹豆腐がオススメ。その際は混ぜる前にキッチンペーパーなどでよく水気を取るようにしましょう。揚げている最中に崩れにくくなります。また、揚げる際は多めの油を使って調理してください。落とすようにして投げ入れると海苔と豆腐が綺麗に包み込まれるように仕上がります。

 

● 手順

生姜、ネギは細かく刻む。豆腐はキッチンペーパーなどで水を切っておく。

 ①とコンビーフ、味噌をボールで合わせる。

全型の海苔を4分の1にカットし、②を均等に海苔に乗せる。

片栗粉をまぶし、175℃の油で揚げる。

きつね色にカラリと揚がれば完成!写真のように器に盛り付ける。

 

 

●INGREDIENTS (Good for 2 persons)

Corned Beef....................................................................... 100g
Japanese Tofu ..................................................................100g
Ginger.................................................................................10g
Spring onion..........................................................................10g
Miso paste.......................................................................10g
Nori sheet........................................................................1pcs
Corn starch.............................................................................1tbsp
Tempura sauce..........................................................................(option)
Cooking oil.........................................................................(for fly)
● STEPS

Small chop Ginger and Spring onion. Tofu remove water by kitchen paper.

Mix① with Corne Beef and Miso paste in cooking bowl.

Cut Nori sheet by 4, and put② on there as split.

Sprinkle the corn starch on top of Tofu, then fry by 175℃ oil.

After fried, decorate on the plate.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

「森のバター」として知られるアボカド。まったりとした食感と綺麗な色合いから日本ではサラダや前菜などに使われたり、わさび醤油でそのまま食べたりすることが多いですが、フィリピンではコンデンスミルクをかけて食べたり、シェークにしたりと、デザート的な感覚で使われることが多いようです。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
オフィスの食堂、道端の売店、パーティー、何かの集会には必ず大皿のパンシットと炭酸ジュース、毎日のように目にするフィリピンの代表料理の一つパンシット。中国料理の影響を受けているとされ、中太麺やビーフンを用います。味付けはパティス(魚醤)、具は鶏肉、エビ、レバーや野菜、そして付け合わせには必ずカラマンシー。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「ミニ四駆の大会に行ってきました!」です。
入社1年目で経験した飛込み営業で扱っていた事務機器を自分の武器に各国で事業を行ってきた尾澤さん。フィリピンでの販売はB to C系の製品や商業印刷の売上は堅調ですが、事務機器が伸び悩んでいます。自社製品は優れているもののお客様の課題解決に活かしきれておらず、’17年8月に赴任され、現在改善を進めています。
Ryan K. Cruz氏はRamen Yushoken(優勝軒)、Mendokoro Ramenba(麺処ラーメンバー)、Kazunor(i 和徳)というメトロマニラで名高い3つの日本食レストランの経営者だ。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!今回僕たちは11月9日10日にSM AURA SMX CONVENTION CENTER で開催されたJAPAN FIESTA 2019に行ってきました。
練習量が少ないアマチュアこそ、カッコいいスイングをするべき。カッコいいスイングとは、動きにムダがない証拠で、球が曲がらないのだ。これを目指さない理由が、ありますか?
こんにちは、ハポンスリーの井上です。 フィリピン料理をもっと日本人に知ってほしい!! という事で、今回ご紹介するフィリピン料理は、、、paresです! Paresは甘辛いタレに柔らかく煮た牛肉が入っている料理です。
いまではフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を牽引してきたのがDTSI(Diversified Technologies Solution International)グループだ。
フィリピン国内最大手の総合人材会社でもあるジョンクレメンツパーソルフィリピンジャパンデスクでManagerを務める田渕大輔さん。クライアント· 求職者はもちろんのこと、社員やパートナー企業など関わるすべての人々に対して謙虚に接し、信頼関係の構築に意欲を燃やす。様々な業界で必要とされる人材の輩出を通じて、フィリピンの経済発展を後押しする。
今回の食材 ●ローカル豆腐(TOKWA)
揚げ豆腐の油林鶏ソースがけ
フィリピンにはジープニー、トライシクル、バス、FX、電車などたくさんの交通手段があります。 中でも一番小回りが利き、地球に優しいエコな乗り物といえばやはり... サイドカー(ペディキャブ)です! サイドカーとは自転車の横にお客さんの乗る所を付けたフィリピンの人々の足となる乗り物です。 今回はそのサイドカーを運転してきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel