ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 アスパラガス

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 アスパラガス
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 アスパラガス


フィリピン食材
まめ知識



フィリピンから日本へ最も輸出されている野菜は「オクラ」というお話は以前させていただきましたが、二番目に輸出量が多い野菜は、今回ご紹介させていただく「アスパラ」なのだそうです。年間で6トン以上ものアスパラが日本へ向けて出荷されているようで、私たちも知らず知らずのうちに日本でも口にしているのかもしれません。フィリピンで主に売られているアスパラは日本で売られているものより細いタイプのもの。これはミニアスパラと言われている品種で、フィリピンの一般家庭では炒め物やスープの具材などに使われることが多いようです。
ところで、アスパラにはグリーンアスパラとホワイトアスパラが主な種類として知られていますよね。 実は両者は同じ品種で、ホワイトアスパラは土を被せて光を当てずに育てているから白くなるのだそうです。 光が当たる分、グリーンアスパラの方が栄養素は高く、アスパラギン酸という栄養素には新陳謝を高め、疲労回復、スタミナ増強にも効果があるようです。今回はそんなアスパラと、相性の良いベーコンを使った一品にチャレンジしてみましょう。

 

 


居酒屋の定番メニュー!

ミニアスパラのベーコン串
Aspara Bacon Kushi (Bacon Wrapped Asparagus Skewers)

●材料(二本分)

アスパラガス............................................................100g
ベーコン.............................................................二枚
塩コショウ.................................................................少々
レモン.................................................................(お好みで)



●調理ポイント

今回は定番のアスパラベーコン串のご紹介です。日本のアスパラよりも細いので、写真のように何本かを束ねて巻いて串に刺してみましょう。一本を巻いたときとはまた違った食感が楽しめます。アスパラは沸騰したお湯でサっと下茹でをしますが、茹でたあとは水につけないでください。せっかくのシャキっとした食感、また栄養素も減ってしまいます。調理前のアスパラはジップロックなどに入れ、冷蔵庫で縦向けに保存してください。数日間は保存可能です。

 

● 手順(調理時間約10分)

根元の固い部分の皮を剥き、沸騰したお湯(塩分1%)で一分ほど下茹でする。

 写真のように食べやすい大きさにカットする。

ベーコンを半分にカットし、アスパラを何本かを束ねて巻く。

巻いたものを写真のように串に刺し、軽く塩コショウをする。

フライパンやグリラーなどで両面を焼いて完成。

 

 

●INGREDIENTS Aspara Bacon Kushi (Bacon Wrapped Asparagus Skewers) /Cooking time: 10min)

Asparagus.................................................................100g
Bacon....................................................................... 1pinch
Salt & Pepper
Lemon Slices
● STEPS

Remove the woody ends of the asparagus.

Boil the asparagus in boiling water for 1min (salt level 1%).

After boiling, cut the asparagus in half.

Cut bacon strips in half crosswise, then slowly wrap bacon around asparagus spears (in a rolling motion)

Thread each skewer with 2 bacon wrapped asparagus.

Cook in the pan or griller until bacon is done. Squeeze lemon on top.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。

その他

こんにちは! HPN3の堀越です。 またまた日本に少し帰らせていただきまして、今回もお土産を買って参りました。 そして今回はホームステイファミリーにではなく、いつも一緒にコメディをやってるコメディアン達に買ってきました。
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。
家画期的な商品を開発してきた名門メーカーシャープはいま、業績低迷から待ったなしの再生を迫られている。重責の一端を担う同社の田中孝弘社長にお話をお聞きしました。
強すぎるグリッププレッシャーはヘッドの走りを妨げて、振り遅れの原因になる。永峯咲希は、ショット直前に右手を脱力させることでショットの安定感を高めているという。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンで年末をすごします」です!
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は僕が最近ハマっているフィリピンのオヤツpenoyを紹介します!Penoyはゆで卵をオレンジ色の衣で揚げたフィリピンの屋台飯です!
トップからフィニッシュまでは0.2秒。その中でスイングを修正するには膨大な練習量が必要だ。でもグリップなら、誰でも5秒で形を変えることができ、真っすぐ飛ぶ球筋に修正できる!指は敏感なので、グリップを変えると最初は違和感が出るもの。でも慣れのも早いので、50球も打てば自分のスイングに馴染むぞ!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel