ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 Cabbage キャベツ

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 Cabbage キャベツ
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 Cabbage キャベツ


フィリピン食材
まめ知識


私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。どこでも気軽に手に入れることができ且つ安価に。そして何の料理にも合う万能野菜ということが、キャベツの魅力なのではないでしょうか。 ここフィリピンでもキャベツは大変親しまれている野菜の一つです。フィリピン料理ではニラガのようなスープによく使われているのを見かけます。日本人のように千切りにして食べるということは無いようです。多少シャキシャキ感が弱かったり、一玉の大きさが小さめだったりはしますが、日本のものと同じような使い方で調理可能です。 また、キャベツは栄養の宝庫と言われる程、多くの栄養素を含んでいます。美容効果が期待できるビタミンC、「キャベジン」で知られる胃を健やかに保つ働きのあるビタミンU、目の健康維持を助けるベータカロチン、骨の構成要素であるカルシウム等々。 良いことばかりを挙げてしまいましたが、多量摂取は便通が悪くなったり、ガスが溜まりやすくなるようです。適量を楽しく美味しく食べて、今晩もパパっと一品チャレンジしてみましょう!

 

 


今晩の食卓はがっつり魚で!

キャベツとキノコのホイル焼き
Cabbage and Mushrooms Foil-yaki (Foil-baked Cabbage with Mushrooms)

●材料(2人分)

キャベツ............................................................30g
玉ねぎ.............................................................30g
しめじ..............................................................50g
エノキ...............................................................50g
レモン..........................................................お好みで
醤油............................................................15ml
バター.............................................................5g
出汁の素............................................................5g
塩コショウ.........................................................少々



●調理ポイント

ホイル焼きは材料と調味料を一緒に包んで、蒸すだけという非常にシンプルなメニューです。ですが、油断は禁物。味馴染みを良くするために、包む前に材料と調味料を混ぜ込んでください。サーモンや鱈などの魚介、また鶏肉なども入れてもおすすめ。その際は酒を一振りすると臭みが抑えられ、風味が良く仕上がりますよ。蒸し時間は具材によって異なりますが、開いてみて湯気が立っていたら火が通っている合図です。

 

● 手順(調理時間約20分)

 

材料を一口サイズに切る。

 ボウルに材料、調味料を入れ、一度混ぜ込む。

熱湯を魚にかけ、臭みを取る。

フライパンなどに水を1cmほどの高さまで入れ、沸騰させる。

③を入れ、蓋をし、10分ほど蒸し焼きにする。

10分後、中身を開け火が入っていたら完成。お好みでレモンを添えてどうぞ♪

 

 

●INGREDIENTS Cabbage and Mushrooms Foil-yaki (Foil-baked Cabbage with Mushrooms) /Cooking time: 20 Minute)

Cabbage............................................................30g (350g)
White Onion..............................................................30g
Shimeji Mushrooms.............................................................50g
Enoki Mushrooms................................................................50g
Lemon...............................................................1slice
Kikkoman............................................................15ml
Butter...............................................................5g
Dashi powder.............................................................5g
Salt and Pepper..............................................................1pinch
Water

● STEPS

Cut the cabbage, mushrooms into bite size.

Mix all ingredients and seasonings in a cooking bowl.

Put the mixed ingredients in the foil, butter it up and wrap it.

Pour 1 cm of water in a heated pan.

After boiling, put the ingredients in the pan and cover. Steam it for 10 min.

Remove from heat. Decorate and drizzle a little lemon juice right before serving.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

焼き鳥の定番メニューの一つである砂肝。鶏の消化器官の一つで、筋肉が発達していることから、コリコリ!と、独特な食感を楽しめることからおつまみとしても親しまれている食材の一つです。こ
スーパーの冷凍コーナーによく置かれているCream Dory(クリームドリー)という白身魚。フィリピンで長く生活されている方は一度は家庭やレストランで口にしたことがあるのではないでしょうか?
今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
フィリピンのKare-Kareという料理をご存知でしょうか? 見た目は黄色でカレーのように見えますが、味は全く別物。ピーナッツバターをベースに作っているのでほんのり甘め。とろみと香ばしさをプラスために炒った米を使用して作られます。カレー粉などのスパイスを使わないので、味はマイルド。
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。

その他

鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります
皆さんこんにちはHPN3です。今週はフィリピンでごく普通の床屋さん(カット50ペソ=約120円)に行き、写真通りのカットになるかを検証してきました!カット50ペソと聞くと安すぎて色々と不安になってしまいますが、店内に入れば不安一掃!赤いオシャレな鏡、掃除の行き届いた店内、大量のヘアカタログ、丁寧かつ迅速なカット、撮影OKしてくれる優しい店員さん!
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
海外にいると、ふと和菓子が食べたくなったりすること、ありませんか?甘党の筆者はそんなとき日本食材店を物色しに行ったりするのですが、少しだけ手間をかければ簡単に和菓子の基本でであるあんこを作ることができます。今回ご紹介するのはフィリピンでMongoと呼ばれている小豆。スーパーの乾物コーナーでは様々な豆が売られており、安いところでは1パック数10ペソで購入することができます。
今回は「初心にかえってトゥロトゥロ紹介」です。僕たちハポンスリーは2016年4月にフィリピンに来て、早、2年半たちました。フィリピンにきた当初はまだ物価や文化など全く分からず、フィリピンの街をうろちょろしてました。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
ゴルフコースといえば郊外の広い土地や山間部に作られることが多いと思いますが、Philippine Navy Golf Clubがあるのはボニファシオなどのあるタギッグ市。
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
『フィリピンで株式会社を作るには?』
今回は前回の検討を経ていよいよビジネスを始めるに当たって100%日本資本で株式会社を設立することになった場合についてご説明させていただきます。
フィリピンではその地区ごとで週に2,3回ほどバレーボールをしているみたいです。 メンバーは主婦の方たち。 いわゆる「ママさんバレー」です! チーム数も多くいつも白熱しています!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー