ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マラキット Malagkit(フィリピンのもち米)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マラキット Malagkit(フィリピンのもち米)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 マラキット Malagkit(フィリピンのもち米)

フィリピン食材
まめ知識



もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。フィリピンでの主な使用用途はスイーツ。ココナッツミルクや黒糖を入れて餅のようなもの(ライスケーキとよく呼ばれています)を作り、祭事や祝い時に振舞われることが多いようです。もち米の食感はアミロペクチンというでんぷん質がら成っています。歯ごたえがあり、冷めても柔らかいという性質から、パサパサとしたフィリピン米に多少混ぜて炊くことで日本米のようなネバりをつけることができます。そんなMalagkitを使って、今回は炊き込みおこわのレシピをご紹介します。

 

 


炊飯器におまかせ!

Malagkitの五目おこわ
Gomoku Okowa Rice
(Steamed glutinous rice with assort ingredients)

●材料(2合分)

Malagkit........................................1カップ(150g)
白米............................................1カップ(150g)
醤油...................................................大さじ2
酒....................................................大さじ1
塩...................................................1つまみ(2g)
粒状和風出汁...............................................小さじ1
鶏肉(もも or ムネ)....................................80g
人参................................................20g
椎茸.................................................20g
こんにゃく.............................................20g
油揚げ................................................10g

 



●調理ポイント

計量時は1合カップを使うと便利。もち米の1カップが150g、水の1カップが180ccちょうど1合炊く分の量になります。もち米はとても吸水性が高いので、炊飯前の浸水は不要です。洗う時もミネラルウォーターを使うと良いでしょう。炊きムラを防ぐために炊きあがった後すぐに蓋を開けず、15分程蒸らしてください。蒸らした後はしゃもじを使って大きく、空気を入れるように混ぜ込みます。そうすることでよりふっくらと仕上がります。

 

● 手順(調理時間約1時間)

 

具材を好みの大きさに細切りする。

調味料と合わせ、下味をつけておく。

米ともち米を合わせ、研ぐ。

炊飯器に❷、❸を合わせ、水を入れて炊飯ボタンを押す。

炊けたら15分程蒸らし、混ぜ合わせて完成。

火が入ったら皿にご飯を盛り、写真の用に具材を盛り付け、完成。

 

 

●INGREDIENTS Gomoku Okowa Rice
(Steamed glutinous rice with assort ingredients)

(/Cooking time: 1h)

Malagkit.....................................................................1cup(150g)
Japanese rice..........................................................1cup(150g)
Kikkoman................................................................2tbsp
Sake.....................................................................1tbsp
Salt.....................................................................1pnch
Dashi powder..............................................................1tbsp
Chicken(thigh or breast)...............................................80g
Carrot.......................................................................20g
Shiitake mushrooms......................................................20g
Konnyaku(Elephant foot)..............................................20g
Fried tofu................................................................10g

● STEPS

Thin sliced ingredients.

Marinate ingredients with with seasonings
(kikkoman, sake, salt, dashi powder)

Wash and drain rice and Malagkit for 5times.

After wash, put in Rice cooker with ingredients.
Then turn “on”

After rice was cooked, just keep there 15minutes for extra steaming.

Open rice cooker, then mix everything well.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

朝食にコンビーフ缶詰をニンニクで炒めた物、昼食にイワシのトマト煮缶詰、夕食にスパムの缶詰を焼いたものと、フィリピンでは缶詰が日常食として大活躍しています。スーパーでは日本と比べ物にならない程、缶詰スペースが設けられていますね。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
タイではナンプラー、ベトナムではヌックマム、日本では魚醬(しょっつる)、そしてフィリピンではパティスと呼ばれているこちらの調味料。 独特な風味で味に深みとアクセントを加えられることから、炒め物やスープなど、特に東南アジアでは広く使われている調味料の一つです。

その他

今回僕たちはパシグリバーフェリーに乗ってきました。 パシグ川といえばゴミが多く、水も汚い、そしてなんといっても臭いが強烈なイメージです。実際にパシグリバーフェリーも臭いなどの理由から運行、運休を繰り返しているそうです。運休させるほどの臭いとは一体どのようなものか!を確かめに僕たちは行ってきました。
みなさん、こんにちは!フィリピン住みます芸人のHPN3の堀越です。僕の住んでいるトンド地区の近くにはディビソリアという激安マーケットがあって平日でもたくさんの人でごった返しています。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
最近の日本の子供たちは家でゲームばかりで外遊びをあまりしないと聞きます。 フィリピンはまだ外遊びが主流かと思いきや、フィリピンも一緒でした! 日本よりは外で遊んでいる子供も多いですがそれでも減ってきているみたいです。 最近の子供の遊びは日本もフィリピンもゲーム!
今回は「フィリピン大学のTOMOKAI(日本愛好サークル)のイベントに参加してきました」です。フィリピン大学はケソンシティーにある国立大学でフィリピンにおける最高ランクの大学です。そのフィリピン大学に、TOMOKAIという日本愛好サークルがあり、今回はそのイベントに参加してきました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンにはTambayと呼ばれる仕事をしてない方々がたくさんいます。日本でいうニートみたいな感じかもしれません。ただニートというと少し暗いイメージですがタンバイは明るいです!
Ray Alimurung氏がLazada PhilippinesのCEOに就任したのは2018年6月。2012年から2013年までの間ラザダの経営に携わっていたが、その後いったん離れ、バンコクを拠点とした他のeコマース企業にてマネジメントに携わった。
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
フィリピンはインドネシアに続き、世界で第2位のココナッツの生産量を誇ります。そして、消費量は世界で堂々の第1位。田舎ではどこにでもヤシの木があり、マニラの都心部ではココナッツジュースを売っている露店商を見かけるくらいココナッツは大変身近な食材のひとつです。ココナッツミルクは固形の胚乳部分を水と共に弱火で煮込み、裏ごしし、さらにガーゼ等で絞って作られます。そして今回の食材「ココナッツミルクパウダー」はそれを乾燥させてパウダー状にしたものを指します。
今回は「運動不足のあなたにズンバを紹介したかったのですが、、」です! フィリピンに居る日本人の方達は、タクシーを使う機会が多いと思います。 ですので、中には運動不足に悩んでる方もいるのではないでしょうか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー