ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 チリガーリック(Chili Garlic)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 チリガーリック(Chili Garlic)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 チリガーリック(Chili Garlic)

フィリピン食材
まめ知識



先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。油に唐辛子の色が移り、ニンニクに火が入ったら火からおろし、ミキサーで攪拌、仕上げにもう一度火にかけ、ニンニクがクリスピーになったら出来上がりです。少量でもしっかりとにんにくの香ばしい香りに辛さが効いているので、調理の辛みとしてのアクセント、また料理のトッピングとしても広く利用されています。今回は、このチリガーリックを使用した汁なし坦々麺のご紹介です。フィリピンではラーメンブームが継続中で、最近では大衆向けに屋台式のラーメン店などもよくみかけるため、Tan tan menという名前も一般的になってきました。ピリ辛な味噌味はフィリピン人ウケも良いので、是非フィリピンのご友人の方々にも作ってあげて下さいね♪

 



ピリっと料理にアクセント!

汁なし坦々麺
Soupless Tan-tan Ramen

●材料(2人前)

麺.......................................2玉
豚肉スライス........................................100g
長ネギ..........................................10g
レタス..............................................1枚
トマト........................................1カット
(合わせ調味料)
チリガーリック...................................大さじ1
味噌..............................................大さじ1
みりん.............................................大さじ1
酢...........................................大さじ1
ピーナッツバター..............................大さじ1
牛乳...........................................大さじ3
醤油...........................................大さじ1/2

 



●調理ポイント

製品によってチリガーリックは辛さが違うので、お好みで合わせる分量を調節してください。合わせ調味料のポイントは牛乳。辛みがマイルドになる、麺と合わせたときの味馴染みが良くなる効果があります。ピーナッツバターがほのかな甘さとマイルド感をプラスしてくれます。

 

● 手順(調理時間約10分)

 

麺を茹でる。(豚肉も一緒に茹で、火を通す)

調味料をすべて混ぜ、合わせ調味料を作っておく。

麺が茹だったら流水でぬめりを取るように洗う。

❷、❸、茹で豚を一つのボールに入れ、混ぜ合わせる。

写真のように皿に盛り付け、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 20 minutes)


Ramen noodles.........................................2pc
Pork slice...................................................100g
Onion leak...................................................10g
Lettuce...........................................(for toppings)
Tomato...........................................(for toppings)
(mix seasoning)
Chili garlic..........................................1tbsp
Vinegar.............................................1tbsp
Peanut butter........................................1tbsp
Milk.........................................................3tbsp
Soy sauce..................................................1/2tbsp

● STEPS

Boil noodles (boil pork slice together in same pan).

Make mix seasoning (Just mix all in cooking bowl).

After noodles were boiled, wash by running water to take the slime.

Mix ❷, ❸, and boiled pork in cooking bowl.

Decorate on the plate with toppings. 28

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

鶏皮は鮮度の良いものを使うのが一番ですが、臭みを消すために酒をよく揉み込んでください。ニンニク、生姜なども匂いを抑え、風味をプラスしてくれる働きがあります
日本の家庭料理で使われている定番の魚、鯵。焼きや刺身はもちろん、揚げ物や干物にして朝食でもよく食べられている万能な魚とも言えます。
フィリピンで食用とされているホタテ貝は主にビサヤ地方で収穫されており、日本のものより小型で成長が早いのが特徴です。品種はイタヤガイ、ヒオウギガイという貝で、通年市場にで回っている食材ですが、素潜り漁であるため海が穏やかな4-9月の方が安定して流通がされているようです。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
日本ではSKIPPYでお馴染みのピーナッツバター。フィリピンでももちろん購入でき、日本では見慣れない種類のものを入手可能。それもそのはず、フィリピン人はピーナッツバターが大好物。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
お店の新メニュー、さつま揚げをスタッフに食べさせたところ、スタッフ:「これ、KIKIAMですネ!」私「え? なにそれ?」こんな普段の日常会話から新たなフィリピンの食材を発掘、なんていうことも結構あったりします。

その他

今回は「〜Kami ay pumunta sa kamay ni Hesus〜 私たちはカマイニヘスースに行きました」です。マニラからバスとジープニーで約5時間Quezon provinceのLucbanというところにある場所です!
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
『フィリピンで犯罪があった場合の手続って?』
今回はフィリピンの刑事手続についてお話しさせていただきます。
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!日本でも最近流行っているというタピオカミルクティーはフィリピンではだいぶ前から流行っていて、至る所にミルクティー屋さんがあります!
みなさん、こんにちは! HPN3の堀越です。突然ですが、僕は野球が大好きです。 見るのもプレーするのも好きです。 そんな野球好きは日本にはたくさんいます。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はたまたまとても美味しいフィリピン飯を見つけたので皆さんにお伝えしたいと思います! その料理があるのがGoldilocks というお店です。
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
今回は「フィリピン料理を作ってみよう!」 第2弾ということで前回のシニガンに続いてフィリピン料理シシグを作ってみました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel