ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マンゴージュース (Mango Juice)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マンゴージュース (Mango Juice)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 マンゴージュース (Mango Juice)



南国の爽やかな甘さ香る♪

 

ポークカレーライス

Japanese Pork Curry Rice with Mango flavor

●材料(2人前)

豚バラ肉(スライス) 100 g
玉ねぎ 100g
リンゴ 100g
油 大さじ2
にんにく 5g
生姜 5g
マンゴージュース 70ml
牛乳 130ml
水 300ml
カレー粉 70 g
塩・コショウ 少々

 



●調理ポイント

すりおろした玉ねぎとリンゴはにんにくと生姜で弱火でじっくり炒めて下さい。そうすることでカレーの甘味とコクがアップします。水の代わりにココナッツミルクを用いると、より一層アジアンなテイストが楽しめます。肉類はお好みに応じて鶏肉でも牛肉でも合います。

 

フィリピン食材
まめ知識



東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。また生で食べるだけではなく、レストランなどでは冷たく甘いイエローマンゴーシェイク、そして早熟の甘酸っぱいグリーンマンゴーシェイクも楽しむことができます。日本では高級品として出回っていますが、フィリピンではごく一般的な庶民のフルーツ。どこでも、いつでも購入可能。また、ここフィリピンは料理の材料としても活用されていることが少なくありません。サラダのアクセントなどに用いられることはもちろん、カリフォルニアロールのような巻き寿司の材料として、そしてソースにも甘さや酸味をプラスする目的として使われることがあるようです。フィリピンではマンゴージュースも様々な種類が出回っています。ただ美味しく飲むのも良いですが、今晩はちょっぴりいつもの料理にアクセントを加えてみませんか?

 

 

● 手順(調理時間120分)

 

玉ねぎ、リンゴ、ニンニク、生姜をすりおろす。

鍋に油をひき、1を弱ー中火でじっくり炒める。

香りが出てきたら豚肉を入れ、一緒に炒める。

マンゴージュース、牛乳、水、カレー粉を入れる。

とろみが出てくるまで10分少々煮詰める。

最後に味を見て塩コショウで調節し、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 30min)


Sliced pork belly 100g
White onion 100g
Fresh Apple 100g
Cooking Oil 2tbsp
Garlic 5g
Ginger 5g
Mango Juice 70ml
Fresh Milk 130ml
Water 300ml
Japanese Curry Paste 70g
Salt and Pepper Pinch

● STEPS

Grate Onion, Apple, Garlic and Ginger.

Put Cooking oil on Pan. Saute 1 in middle fire.

After saute, it will come good flavor. Its time to put Pork, then saute with them.

Put Mango juice, Milk, Water and Curry paste.

Simmer for around 10min until soup becomes thick.

Put Salt and Pepper as final adjust taste.

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
日本とフィリピンのお肉屋さんの違い。肉の種類や品質は言うまでもありませんが、一番違う点は塊肉で売られているという点でしょうか。骨付きや皮つき、時には足や頭などの部位がまるっと売り場に置かれていると、慣れていない方はびっくりしてしまうかもしれません。

その他

今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
アリマンゴは先に下茹で(3%の塩水で15分程度)を行い、その後はたわしなどを使い、綺麗に汚れを落とて下さい。旨味が溶け出てしまうので、殻を割るのは必ず茹でた後にしましょう。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
Southlinksはアラバンエリアに立地するパブリックのゴルフコースです。最近ではSLEXから分岐する高速道路MCXが開通したため週末に混雑するアラバン内を通らずにアクセスすることも可能で大変便利です。また、パブリックのためメンバー同伴無しでプレーすることも可能です。他ゴルフ場でも言えることですがフィリピン在住者と旅行者でプレイフィーが異なりIDの提示が求められるため注意が必要です。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンの国民食といえばフライドチキンとご飯!これです!僕もたくさん食べてきました。そしてほとんどのファストフード店にはチキンとライスのセットがあります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「コスプレしてジョリビーに行ってみた」です!フィリピンは日本のアニメがすごい流行っていて、毎月のようにコスプレイベントがあります。
フィリピンは一年中暑くて嫌になってしまう時がありませんか? クーラーの涼しさより自然の涼しさを感じたいと思う時がありませんか? そんな時はピクニックグローブパークに行ってみて下さい!
2014年にイオンクレジットサービスフィリピンの社長に就任した荒木さん。フランスの銀行会社勤務後に上海での飲食事業立ち上げに参画するなど、多彩な経歴の持ち主だ。冷静な分析力と「何事も現場に答えが落ちている」と語る熱い情熱で、フィリピン人の様々な層に適した金融商品を投入し、彼らの生活力の向上につなげている。
レストラン産業に関わって約23年。エルバート・クエンカ氏は、アップルに勤務した経験も。以前は、ラーメン・優勝軒、メンドコロ・ラーメンバ、日本料理店のKazunoriの経営チームに関わっていたが、現在は彼自身が手掛けるオリジナルベンチャー企業“ステーキ・ルーム・コンセプト”に専念している。
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はフィリピンはオロンガポにあるスネークアイランドに行ってきました!!フィリピンといえば島なのでマップを見て適当にオロンガポらへんの島に行ってみよう!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー