ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 手羽先 (Chicken wing)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 手羽先 (Chicken wing)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 手羽先 (Chicken wing)



甘辛だれが止まらない旨さ♪

 

手羽先揚げ甘辛ソース

Fried Chicken wing with sweet sauce

●材料(2人前)

手羽先....................................500g
片栗粉....................................大さじ5
塩コショウ..............................各小さじ1
醤油.......................................100g
ハチミツ.................................100g
砂糖........................................50g
黒ゴマ.....................................大さじ1

 



●調理ポイント

手羽先は骨の入った部位なので他の部位よりも多少火通りが悪く、味が染み込み辛いです。調理(揚げ)前に骨の周りの身の厚い部分にしっかり包丁を入れ、下味(味の漬け込み)も30分以上行いましょう。冷凍の手羽先を使う場合は、解凍をしっかり行って調理を行わないと半生になってしまうのでご注意を。

 

フィリピン食材
まめ知識



フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。驚きなのは、某有名バーガーチェーン店でもフライドチキン&ライスを一押しメニューとして売られているということ。世界展開している中で唯一フライドチキンの売り上げ比率がバーガーメニューよりも高いのがフィリピンなんだとか。チキンが好きなのか、ライスが好きなのか。笑 おそらく、そのコンビネーションがフィリピン人の食文化にマッチしているのでしょうね!今回紹介させていただく手羽先ももちろん人気食材の一つ。フィリピンの手羽先は通常手羽先と手羽元が一体になって売られているので、購入時は戸惑ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。調理方法は同じなので一緒に調理しても問題ありませんが、気になる方は調理時に切り分けて別々に使用しましょう。お店によっては”Buffalo wing cut”と言えば手羽先のみ販売してくれる店もありますので是非試してみてください。

 

 

● 手順(調理時間45分)

 

手羽先の骨の周りに隠し包丁(切り込み)を入れ、全体に塩コショウをまぶし、揉み込む。

❶を30分程放置している間、たれを仕込む。醤油、ハチミツ、佐藤、黒ゴマを鍋に入れ、火にかける。

砂糖が溶け、全体が馴染んだら火を止める。

❶に薄く片栗粉をまぶし、180度の油で揚げる。

きつね色に揚がったら取り出し、そのままタレと絡める。

全体にたれがコーティングされたら、皿に盛り付け完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 45 min)


Chicken wing.........................500g
Corn starch........................... 3tbsp
Salt & Pepper........................1tsp each
Soy sauce.............................100g
Honey....................................100g
White sugar............................50g
Black sesame........................1tbsp

● STEPS

Cut chicken wing lightly between bones and bones. Put salt and pepper for all part of Chicken. Keep in kitchen bowl for 30mins.

Heat Soy sauce, Honey, Sugar and black sesame in pan until mix well.

Coat corn starch on chicken wings. Fry in oil pan. Oil temperature should be 180℃

When chicken color became golden brown color, marinate with ❷.

Decorate on plate with side vegetables.


 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
東南アジアと言えば!そしてフィリピンと言えば!南国のフルーツ天国。日本にも四季に合わせて沢山のフルーツを楽しめますが、ここフィリピンでも南国特有のフルーツを楽しむことができます。特に、その代表格と言うべきはマンゴーではないでしょうか。黄色に熟した甘いマンゴーは口に頬張るごとに幸せを感じてしまいます。

その他

皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
もち米と言えば、その名の通りモチモチとした食感が特徴的な米です。日本では餅としての用途はもちらろん、炊き込みごはんや赤飯、またおはぎなどの和菓子としても広く親しまれている食材の一つです。ここフィリピンでももち米は流通されており、Malagkitと言う名称で地元スーパー、市場などの米売り場でよく販売されています。
今回は「MNL48(マニラ48)って知ってますか?!」です。 今、フィリピンで活躍中のMNL48って知ってますか? そうです! あの日本で有名なAKB48の姉妹グループがついにフィリピンでデビューしました!
魚コーナーを覗いてはみるものの、見慣れない魚ばかり。結局いつもの食材をカゴの中に入れてしまう方、いらっしゃいませんか?今回紹介する魚Tulinganもその一つかもしれません。実はこの魚、私たち日本でとても親しみのある魚、鮪の幼魚だそうです。
先月号ではフィリピンでの紛争解決方法についてお話させていただいております。今回は外国で得た仲裁判断の執行についてお話しいたします。
ミニ四駆をフィリピンで初めて早2カ月!最近では小さなミニ四駆の大会では二位になったりとだんだん自分のマシンが速くなってきたので、今回は!フィリピンで一番大きいであろうマカティのグロリエッタで開催されているブリキヤードカップに出場しました!!
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
日本の会社がフィリピンの会社に技術ライセンスを提供して製品の製造等を行わせるケースが多いと思われますが、仮に問題が起こった際に不利にならないよう、自社の権利を十分に保護した上でライセンスを供与することが必要となります。
人々の「ライフ」に関わる服を提供し、フィリピンのすべての方々にユニクロの魅力を伝えたい。そんな想いを持つ、FAST RETAILING PHILIPPINES, INC.のCOO久保田さんにお話を伺いました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel