ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マスタード( Mustard sauce)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マスタード( Mustard sauce)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 マスタード( Mustard sauce)



マスタード香る!

 

スパサラ

Japanese Pasta Salad

●材料(4人前)

パスタ...................................100g
きゅうり.................................20g
人参......................................10g
玉ねぎ...................................20g
ハム......................................20g
コーン....................................20g
マヨネーズ..............................40g
マスタード..............................10g
塩コショウ..............................適量

 



●調理ポイント

玉ねぎは出来るだけ薄くスライスし、その後一度水にさらすことで、独特な辛味と臭いを抑えることができます。茹で上がったパスタは氷水で冷やし、その後しっかりと水を切ってください。材料に水気が多く残っていると味がボケてしまいます。

 

フィリピン食材
まめ知識



ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。ところで、皆さんはマスタードとからしの違いをご存知ですか?からしは和がらしと呼ばれ、オリエンタルマスタードの種を細かくすりつぶし、お湯で溶いたもの。鼻にツンとくる香りが特徴です。マスタードはイエローマスタード、ブラウンマスタードが主原料で、そこに酢や砂糖、ワインなどを加えて滑らかなペースト状にしたもの。マスタードはからしより辛味がマイルドで、爽やかな酸味が特徴です。種子を残してツブツブ感を楽しめる粒マスタードも日本では人気ですね。今回はそんなマスタードを使ってパパっと今晩の一品を作ってみましょう。お弁当の副菜としてもおすすめです。

 

 

● 手順(調理時間20分)

 

きゅうり、玉ねぎ、人参を細切りにスライスする

パスタを半分に折り、鍋で茹でる。

2が茹で上がる1分前くらいに人参を入れ、一緒に軽く茹でる。

茹で上がった3を冷水にあけ、冷ます。水気を切る。

すべての材料をボールに入れさっくりと和える。塩コショウで味を調える。

写真のように盛り付け、完成。お好みで粗びきの黒コショウをかけて召し上がれ

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 20 min)


Pasta...................................100g
Cucumber............................20g
Carrot..................................10g
White onion......................... 20g
Ham..................................... 20g
Sweet Corn......................... 20g
Jap.Mayo............................ 40g
Mustard............................... 10g
Salt & Pepper...................... pnch

● STEPS

Thin slice Cucumber, Onion and Carrot.

Cut by half Pasta, then boil in to boiling water.

Boil Carrot in same pan (1min before finish boiling pasta)

Soak in cold water, then squeeze water once pasta became cold.

Mix all ingredients in mixing bowl. Adjust taste by salt and pepper.)

Decorate on the plate. Sprinkle Black pepper.


 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているのかもしれません。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
フィリピンはチキン大国、と言っても良い程チキンの消費量の多い国です。一般家庭の食卓でよく使われるのはもちろん、コンビニや飲食店でも様々なチキンメニューを見かけます。特に、人気のメニューはフライドチキン。

その他

知る人ぞ知る、通称「ラジコン」="R/C"のファンが集まる場所を紹介します!ホビーを通しての国際交流はいかがでしょうか?
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
David Leechiu(デイビッド・リチュウ)さんは、フィリピンの商業不動産ブローカーの第一人者です。20年以上にわたり、激動のフィリピン不動産業界を駆け抜けてきました。
クラークの工場で月に81万本のタイヤを生産する能力を有する横浜ゴム株式会社(以下 「ヨコハマタイヤ」という。 ) 。フィリピン国 外にも広く輸出。タイヤは乗員の生命を預かる役目も担っているからこそ、ジャパンクオリティの高品質なタイヤをフィリピンの方にもお届けしたい。そんな想いを持つ、YOKOHAMA TIRE SALES PHILIPPINES INC. の針山さんにお話しを伺いました。
「アマチュアはインパクトで右に傾いてはいけないと思っています。この意識がフットワーク が使えない原因の1つなんです」と片岡大育の活躍を支える青山充はいう。「松山英樹のインパクト写真を見てください。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。フィリピンの道を歩いているとよく猫や犬を見かけます。今回は子猫が道で鳴いているのを見つけてしまったのでほっとくわけにはいかないと思い里親に届けに行きました!
タガイタイからほど近い場所に位置するRivieraは山岳コースでLangerとCouplesの2コース計36ホールからなるゴルフ場。非常に難しいコースとして知られており、順調にラウンドしていても常に大叩きと背中合わせの緊張感あるコース。
「打ち出し1メートルが命です」体の自然な反応でボールを自在に曲げる。持ち球あった方がアマチュアはやさしい
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel