ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 グリンピース (Green Peas)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 グリンピース (Green Peas)
広告
広告


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 グリンピース (Green Peas)



ヘルシー志向なあなたへ!

 

グリンピースのトマトパスタ

GREEN PEAS AND TOMATO PASTA

●材料(2人前)

パスタ.........................................150g
トマト.........................................200g
グリンピース................................60g
にんにく......................................20g
オリーブオイル............................. 大さじ4
ゆで汁........................................100ml
塩コショウ...................................少々 
トマトケチャップ...........................大さじ2

 



●調理ポイント

どの材料も火が入りやすいので手早く調理していきましょう。野菜の旨味を生かしたシンプルな味付けになっていますが、味やボリュームに物足りなさを感じたらハムやベーコンを足してみて下さい。一気に旨味がアップしますよ。盛り付け後に粗びきの黒コショウをまぶすと味が引き締まります。パスタの太さは細めがオススメ。

 

フィリピン食材
まめ知識



ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。100-200g程入ったグリンピースの塩ゆで缶詰が数10ペソで購入可能。日本のものより少し緑の鮮やかさが少ない気もしますが、味や食感は同じです。トッピングやメイン食材のサイドディッシュとして使われることが多い食材ではありますが、栄養素に関しては侮るなかれ。グリンピースにはタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランス良く含まれています。特に豊富な食物繊維は体内の余分な脂肪を老廃物を吸着し、体外に出す効果があります。ダイエットや便秘解消に非常に重要な役割を果たします。食感や味に少しクセがあり、苦手な方も多い食材ではありますが、食卓を彩ってくれる栄養満点なグリンピース。今晩一度口に運んでみては。

 

 

● 手順(調理時間20分)

 

パスタを茹でる(茹で水に1%の食塩を加える)。

オリーブオイル、にんにくの粗みじんをフライパンに入れ、弱火で炒める。

香りが出てきたら、さいの目切りにしたトマトを入れ、軽く炒める。

グリーンピース、トマトケチャップ、ゆで汁を入れ、塩コショウで味を調える。

茹で上がったパスを4と混ぜ合わせる。

写真のようにもりつけ、完成。

 

 

●INGREDIENTS

(/Cooking time: 20 min)


Pasta.........................................150g
Tomato......................................200g
Green peas...............................60g
Garlic........................................ 20g
Olive oil..................................... tbsp4
Boiled pasta soup.....................100ml
Salt and Pepper........................1pnch
Tomato ketchup........................2tbsp

● STEPS

Boil pasta in boiling water (adding 1% salt for water).

Cut by half Pasta, then boil in to boiling water.

When it comes flavor, put dice cut of Tomato in 2.

Put Green peas, Ketchup and Boiled pasta soup in 3.Add salt and pepper for adjusting taste.

Put boiled Pasta in 4, then mix well.

Decorate on the plate and serve.


 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

豚の生姜焼きと言えば、昔ながらの定食屋さんの定番メニューではないでしょうか。生姜の聞いた醤油ベースのたれは豚肉と抜群にマッチし、ごはんが進む進む。 フィリピンは豚肉の消費が非常に高い国なので、安価に購入することができます。
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。フィリピンでは鶏肉が多く消費されるので、鶏レバーも日常的に一般家庭の食卓に並びます。
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているのかもしれません。
世界で流通している米の種類は10万種以上と言われていますが、大きく分けるとジャポニカ種とインディカ種の二つに分けることができます。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
ちょっとした味のアクセントやトッピングなどに!ほのかな辛味とキリっとした酸味で味を引き締めてくれるマスタード。ホットドッグやサンドイッチと相性抜群ですよね。アメリカの食文化の影響を強く受けているフィリピンでは様々な種類のマスタードを購入可能です。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンの国民食といえばフライドチキンとご飯!これです!僕もたくさん食べてきました。そしてほとんどのファストフード店にはチキンとライスのセットがあります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピン人にトロロを食べさせてみた」です!前回の堀越さんの動画でフィリピン人に納豆、梅干しを食べさせてみた動画があります。
社用車で客先に商品を搬送中の弊社のドライバーが人身事故を起こして逮捕されてしまいました。どうしたらいいですか?
今回僕たちはパシグリバーフェリーに乗ってきました。 パシグ川といえばゴミが多く、水も汚い、そしてなんといっても臭いが強烈なイメージです。実際にパシグリバーフェリーも臭いなどの理由から運行、運休を繰り返しているそうです。運休させるほどの臭いとは一体どのようなものか!を確かめに僕たちは行ってきました。
今回はフィリピンで買ったオモチャを紹介します!オモチャはなんでも揃うデビソリアに買いに行きました!
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
学生時代に人の心の豊さについて興味を抱き、現在は人事コンサルティングやマネジメントなど人に関わる総合的な仕事を通じて、国内外の企業の支援に注力する。
今回は「ビジータイグレシアをしてきました!」です! ビジータイグレシアって何の事やらですよね、僕も全く知りませんでした。フィリピンではホーリーウィークの事をセマナサンタと言い、セマナサンタに行われる教会巡りの事をビジータイグレシアと言います。
今回はマニラで活動している日本人サッカーチームMAJ(Manila all Japan)にお邪魔してサッカーをしてきました。 主な活動として毎週月曜日と水曜日の22時からマカティでフットサルをしているのと、 日曜日にはBGCなどのサッカーグラウンドで試合をしています。
こんにちは、ハポンスリーの堀越です! 今回で三度目のクリスマスを迎える事ができました。時が経つのは早いですね。トンドで迎えるクリスマスも三度目です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー