ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 緑豆春雨(Bean Vermicelli)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 緑豆春雨(Bean Vermicelli)


プロ直伝! 今晩の おかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 緑豆春雨(Bean Vermicelli)



春雨を使った牛すき焼き

 

●材料(4人分)

(スープ)
水......................... 500ml
濃い口醤油.................................................100ml
みりん..............................100ml
砂糖.................................30g
(材料)
緑豆春雨........................................30g
すき焼き要薄切り牛肉............................300g
白菜............................200g
豆腐...........................100g
長ネギ...........................50g
こんにゃく...........................50g
人参...........................20g
きのこ類...........................50g
生卵...........................(お好みで)

 



●調理ポイント

材料が揃ったら、お鍋に全ての材料を入れ煮込んでいきましょう。春雨は下茹で不要です。野菜と肉から出てくる灰汁は丁寧に取りましょう。お肉はローカル薄切り肉(sukiyaki cut Beef)を使用しても問題ありませんが、アメリカ産などの輸入牛を使用した方がより美味しく仕上がります。牛肉はくっつきやすいので一枚一枚剥がして鍋に入れましょう。

 

フィリピン食材
まめ知識



Vermicelli(パーミセリ)とは、イタリア語でミミズのような細長いものを示し、最も細いパスタの名所でもあります。また春雨やビーフンなど、世界中の細い麺の総処としてこの言葉が用いられます。日本語では緑豆春雨と呼びます。普通の春雨と違い、緑豆春雨はコシが強く煮崩れしづらいのが特徴です。サラダや和え物の他、スープや炒め物、春巻きの具材としてなど色々と応用が効き、非常に使い勝手の良い食材の一つです。また乾燥品ということもあり、常温で長期保存可能。食品棚に常備してあるご家庭も少なくないのではないでしょうか。ここフィリピンでも緑豆春雨は大変親しまれている食材です。スーパーなどの食材品店には必ず数種類が陳列されています。特徴的なのは、フィリピンでは一束単位での購入が可能だということ。1パック数ペソで購入することができます。まとめて割安に売られているものもありますが、調理時に一束一束を取り分けるのが大変、という方は和えて個パックを選んでみるのも良いでしょう。フィリピンで緑豆春雨を使った定番料理と言えば、パンシットソータホン。日本で言う焼きビーフンのような味わいで、私達の口に合うフィリピン料理の一つです。そんな緑豆(Bean Vermicelli)を使って、今回はご自宅で簡単に作れるすき焼きおご紹介です。Youtubeチャンネルsimple japanese foodでも動画で分かりやすく説明していますので、そちらも是非。

 

 

● 手順(調理時間90分)

 

材料を食べやすい大きさに切る。

鍋(又はフライパン)にスープ材料を入れる。

火にかけながら、材料を全て入れる。

全て火が入れば完成。お好みで生卵と共に載く。

 

●INGREDIENTS Sukiyaki with Bean vermicelli


(Soup)
water ...........................................500 ml / 2 cups
soy sauce ....................................100 ml / 0.4 cup
mirin .........................................100 ml / 0.4 cup
brown sugar .................................30 g / 3 tbsp(Sukiyaki)
bean vermicelli ..............................30 g / 3.5 oz
sukiyaki sliced beef .........................300g / 10 oz
napa cabbage .................................200 g / 7 oz
tofu .........................................100 g / 3.5 oz
green onion ...................................50 g / 2oz
shungiku(chop suey greens) ...........50 g / 2 oz
konnyaku (yam cake) .......................50 g / 2 oz
carrots .............................................20 g / 1 oz
mushrooms ......................................50 g / 2 oz

 

● STEPS

Chop all the ingredients into bite-size pieces.

Dissolve the soy sauce, mirin, and brown sugar into the water to make the soup and heat it in a pan.

Put the soup and the ingredients for the sukiyaki into a pot and bring it to a boil

Simmer until everything is cooked through.

Serve it with fresh egg (if desired).

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告

プロ直伝!今晩のおかず

フィリピンで手に入るスパイシーな調味料、グリーンカレーペースト。 元々はタイ料理のグリーンカレーを作るためのものですが、ここフィリピンでも家庭料理や、タイ料理、他アジア料理を作るためにスーパーなどで手軽に入手できる食材の一つです。
人気の缶詰シリーズ。今回は缶詰の定番ツナ缶のご紹介です。日本と同じく、ツナ缶はここフィリピンでも、コンビニなどで手軽に入り食卓で親しまれている食材の一つです。
フィリピンのスーパーマーケットでよく目にするAll purpose Flour。日本語に訳すと全ての目的に使える万能小麦粉。日本では用途に応じて薄力粉、中力粉、強力粉の選択肢があるのに対してフィリピンの一般用ではほぼこの一択のみが使われているようです。
油、酢、卵を主原料とした半固体状ドレッシングである、マヨネーズ。元々はスペイン料理のソースの一種でしたが、現在は世界中で家庭の定番調味料として親しまれています。ここフィリピンでも、国内製造の様々なマヨネーズを食品売り場等で手に入れるができます。
今回の「簡単!ウマい!今晩のおかず」では、フィリピンの夏野菜たっぷりの和風ドライカレーレシピをご紹介します♪

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
バーベキューやステーキレストランでお馴染みのベイビーバックリブ。日本の食肉需要等から、日本の精肉店ではあまり骨付きの塊肉は入手しづらいかもしれませんが、フィリピンではスーパーでも市場でも、至るところで色々な塊肉を見かけることができます。

その他

マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
マニラからバタンガス方面に1時間ほどの場所に立地するのがMt. Malarayat。コースはMakulot、 Lobo、Malipunyoのそれぞれ9ホール、計27ホールからなり、景観が良く、フェアウェイも広く、とても気持ちの良いコースです。
新しいネガティブリストでは何が変わりましたか?2015年に発表された第10次ネガティブリストが2018年10月29日付大統領令第65号で発表された第11次ネガティブリストに改定されました(効力発生日は11月15日)。
『フィリピンで交通事故にあったらどうするの?』 今回はフィリピンで車に乗っていて事故にあったときの手続等についてお話しさせていただきます。
今回の豚生姜焼きは、いつもの薄切りの豚肉ではなく、厚切りの肉を使用して作って見ました。ポイントは肉の下準備。肉に塩コショウ、そして片栗粉を薄くまぶしておきます。そうすることで味が絡みやすくなり、短時間の調理でも美味しく仕上げることができます。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!僕は食べるのは好きなのですが伝えるのが苦手、つまり食レポが下手くそなんです。ましてやタガログ語となるとまた難しい。
NO.7 インタビュー どうなる? 電動車市場の動向~DTI-BPS電動車規格検討委員に聞く~
セブ島の中でももっとも珊瑚が綺麗な個所のひとつで、浅瀬の棚の上には元気いっぱいの枝珊瑚が群生しており、アオウミガメやタイマイが沢山みられます。
今回はフィリピンで買ったオモチャを紹介します!オモチャはなんでも揃うデビソリアに買いに行きました!
2015年にマニラ支店を立上げ、1年目から好スタートを切り、現在はセブにも営業所を構えています。世界中に広がるネットワークやブランド力、どんな手配でも自前でやれるという圧倒的な強みには「おもてなし」を体現できる自信が感じられます。日本への窓口、顔として、まさに日本の広告塔となりフィリピンとの架け橋役を担っています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー