ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food サーモンときのこの炊き込みご飯

今晩のおかず The Simple Japanese Food サーモンときのこの炊き込みご飯



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food



サーモンときのこの炊き込みご飯

炊飯器に入れて炊くだけ!

 

●材料(2人前)

サーモン切り身 .........200g
しめじ .....................30g
しいたけ ..................30g
生姜 ........................5g
青ネギ .....................5g
米............................300g
水 ...........................300ml
醤油 ........................大さじ2
砂糖 ........................大さじ1

 

 

 

 


Point!

サーモンの下処理として、塩を表裏に一つまみずつふりかけましょう。数分後に表面からうっすら水分が出てくるので、キッチンペーパーなどで拭き取ります。こうすることでサーモン独特の臭みを消すことができます。さらに、下味がつくので魚の旨味も増します。

 

フィリピン食材
まめ知識


サーモンは寿司や刺身で1,2を争う程の人気のネタ。脂分が多く、しっとりとした、クセのない味はフィリピンだけでなく世界中の方々から支持を得ている理由なのかもしれません。ここフィリピンで出回っているサーモンのほとんどは北欧やチリからの輸入品です。市場はもちろん、一般スーパーでも購入することができます。日本との違いは販売方法。日本の一般スーパーでは殆どが調理しやすい”切り身” や ”フィレ” の状態で売られていますが、フィリピンでは丸の状態、又は ”ステーキカット” と呼ばれるブツ切りの状態で売られています。また、日本の一般家庭でよく使われる下味のついた塩鮭のような切り身もありません。少々面倒ですが、それぞれのご家庭で切り身やフィレの状態にするまでの下処理が必要となります。最近ではそんな日本人のニーズに答えて一時加工をしてくれる食材店さん等もありますので、是非活用してみてください。そんなサーモンを使って今回は炊き込みご飯を作ってみました。サーモンときのこの旨み、そして生姜の風味が食欲をそそる一品です。炊飯器に入れるだけで簡単に挑戦できるので是非お試し下さい。Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (20分)

サーモンの骨と皮を取り除き、表裏に塩をふり、10分程度おいておく。
生姜、ネギ、椎茸を薄くスライスする。
米を研ぎ、炊飯器に調味料、水と一緒に合わせる。
サーモン、具材を乗せる。
15分置き(浸漬させる)、炊飯器で調理開始。
炊きあがったら完成。

 

 

●Steamed Japanese Salmon rice ( Slmon Takikomi Gohan)
[Takikomi gohan] salmon .................200g w / 1pnch salt
shiitake mushrooms..........30g
shimeji mushrooms ...........30g
ginger ...............................5g
green onion ......................5g
rice ...................................300g (1.5cup / 360ml)
water.................................300ml (1.2cup)
soy sauce .........................2tbsp
sugar ................................1tbsp

 

●Cooking time: 20 minutes

Take off skin and bones from salmon fillet. and put pinch on salt.

Slice thinly Ginger, Green onion, and shiitake mushrooms.

Wash rice, and put in Rice cooker with water, soy sauce and sugar.

Put all ingredients on 3.

Soak 15mins. then start to cook by rice cooker.

Once done to cook, It will be perfectly Salmon Takikomi Gohan!

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず

青汁などによく入っている野菜として知られるモロヘイヤ。ネバネバした食感でのどごしが良く、暑さで食欲がない時にも食べやすい食材の一つです。安価で栄養満点なモロヘイヤを使って色々なお料理に活用してみてください。
フィリピンの代表的な調味料、バナナケチャップ。柔らかいパスタに甘味の強いバナナケチャップが絡み、フィリピンの食文化を感じるにはオススメです。今回はそんなバナナケチャップを使ってナポリタンのレシピを紹介させていただきます。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
最近日本食の中でもジワジワと人気を集めているかき揚げ。元々海老天ぷらは不動の人気メニューでありますが、かき揚げも飲食店各所で注文されているのをよく見かけます。そんなかき揚げを今回は家庭で簡単にできるレシピにアレンジしました。ご家庭で揃う材料で作れますので気軽にチャレンジしてみてください。

その他

今月はCanlubang Golf & Country Club (カンルーバン・ゴルフ&カントリークラブ)。日本人会コンペを始め各種コンペ会場としての利用されることも多いので日本人には馴染み深いコースです。
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
はじめまして。今号からこちらのコラムを担当させてもらうことになりました大橋直輝です。第一回目は、デビュー戦の舞台となったKC Filipinas Golf を紹介したいと思います。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はフィリピンで見つけたレモンを紹介します!このレモンは普通のレモンよりかなりデカくて一目にはレモンだとわかりません!
今回はクリスマスシーズンも近いという事でフィリピンのイルミネーションを見に行きました! マニラでもこの時期たくさん綺麗なイルミネーションが装飾されていますが、せっかくなので少し遠出してサンタローサのヌバリという所に行ってきました!
皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
皆様、はじめまして。 日本で弁護士をしております上村真一郎と申します。 これまでご縁をいただきましてフィリピンの弁護士と一緒にフィリピンの法律業務に携わる機会が...続きを読む
フィリピンでは安価で手に入り、甘味が国民性に合う、ということからバナナケチャップがケチャップ需要の主流となっています。国民食であるジョリビーでは、甘いトマトケチャップを使用したスパゲッティは大人気です。
26歳で今の会社をフィリピンで立ち上げ、最初はオンライン英会話からスタートしました。現在では、語学事業の中でより幅広くオンライン英会話、語学留学、海外インターンシップ、オープンカレッジ、フィリピン現地の駐在員の方たちを受け入れる、通学可能な英会話教室も運営しています。
日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you