ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マニ(ローカルピーナッツ)

簡単!ウマい!今晩のおかず 今回の食材 マニ(ローカルピーナッツ)
広告
広告


プロ直伝! 今晩のおかず まめ知識付
The Simple Japanese Food

今回の食材 ●マニ(ローカルピーナッツ)


フィリピン食材
まめ知識



フィリピンの屋台で売られている揚げピーナッツ。香ばしい匂いに惹かれよく買ってしまいます。スーパーの乾物コーナーで皮つきの味のついていないものが100g10ペソ程度で売られています。ピーナッツの成分の50%は脂質で太りやすいと思われがちですが、ピーナッツはとても栄養価の高い食品で、含まれている油は良質な太りにくい油です。お父さんには二日酔いを予防し、お母さんには肌に良い成分、お子さんには記憶力アップと家族みんなに様々な良い効果をもたらしてくれます。日本では薄皮を剥いて食べることが多いですが、実はこの薄皮が非常に栄養価の高く免疫力を高める優れものなのです。カリッと揚げることで薄皮も食べやすくなります。焦がし醤油とニンニクの香りが魅力的な揚げピーナッツをぜひお試しください♪




焦がし醤油とニンニクが食欲増進!

日本風味の揚げピーナッツ
Fried Peanuts with Garlic soy sauce

●材料

ピーナッツ....................................100g
ニンニク....................................4かけ
油.............................................大さじ2
ゴマ油.......................................大さじ2
醤油.........................................大さじ1



●調理ポイント

焦げやすいので、フライ返しで絶えず混ぜてください。最後の醤油もたいへん焦げやすいのでさっと炒めてください。今回はニンニクを控えめにしましたが、お酒のおつまみにする際はニンニクを増やしても合うと思います。一味、山椒をまぶしても、より個性的なピーナッツになります。お子様には、シロップをまぶした甘いピーナッツがおやつにぴったりです。



● 手順

ニンニクを皮ごと潰す

油、ゴマ油にニンニクを皮ごと加え弱火で香りを出す

ピーナッツを加え弱火で⒑分ほど炒める

こんがりしてきたら、油を切り醤油を入れさっと炒める

クッキングペーパーの上で20分程休ませる


●INGREDIENTS

Peanut.........................................................100g
Garlic.....................................................4pcs
Oil...........................................................2tbsp
Sesame oil...................................................2tbsp
Soy sauce...................................................1 tbsp

● STEPS

Crush garlic with skin.

Saute garlic until aromatic by low heat.

Add peanuts and saute until golden color for 10 minute.

After saute, drain off oil and add Soy sauce

Put peanuts on the cooking paper and just keep for 20 minutes until crispy.


Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]

広告
広告
広告

プロ直伝!今晩のおかず

今回の食材 ●エデンチーズ(eden cheese)
ミルフィーユポテトのグラタン風
懐かしの給食メニュー! 揚げパン(ココア味/抹茶味)。 ふっくらとした食感に香ばしい香り。
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵

プロ直伝!今晩のおかず 一つ前のコラムを見る

プロ直伝!今晩のおかず
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ

その他

東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
販売した商品の代金を買主が支払わないため、買主の資産に対する仮差押を行いたいのですが、可能ですか?
たまたま入社できたと謙遜する清水さんは、日立でその当時人気の海外営業を担当。東南アジアを中心に世界各地で活躍してきたグローバルな視野を持ちながら、その話しぶりはとても気さくだ。輸出の対象から生産拠点、そしてマーケットへ。海外に根を張って事業を行うに至るまでの日立の歴史も興味深いものだった。
現在の仕事は、昔からの夢だったと語る矢野さん。ルールやマニュアルに則った仕事を地道にこなしつつ、フィリピンを舞台に、若者をつなげる会の立ち上げや勉強会など、未来の世界を見据えた活動も精力的にこなしている。そのパワーみなぎる姿勢とユーモアのある語り口には、矢野さんの魅力ある人柄が溢れていた。
『フィリピン人を解雇する場合の注意点』
今回は実際に雇用したあとに解雇する場合の注意点についてお話しさせていただきます。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
幼少期から世界各地で生活をしてきたが、フィリピンに惚れ込んで転職までしたという梅林さん。休日は現地調査も兼ねて各地を巡り、現地の人と話しをするのが楽しみという。「フィリピンについてより多くのことを深く知りたいという思いが、日系企業の役に立ち、更にフィリピンの発展につながれば」と語る真摯な姿が印象的だ。
今やフィリピンを代表する産業に発展したBPO業界。その成長を影で支えてきたのがDTSI (Diversified Technologies Solution International) GROUPです。そこで活躍する伊藤新吾さんの物語もとても興味深いものでした。
子どもたちの想像力を最大限に引き延ばす。「語り手たちの会」サークル紹介です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel