ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.11 / P&Aグラントソントンさん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.11 / P&Aグラントソントンさん

会計だけじゃない会社経営のオールインワン・パートナー
P&Aグラントソントン

P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。経験豊富な人材を揃え、品質の高い会計サービスの提供を通じて、クライアントから高い評価を受けています。

氏名:伏見 将一 (Shoichi Fushimi)

出身地: 東京都多摩市
来比歴: 2年
業務内容: 全般
ランチの予算と場所:予算300ペソ、グリーンベルト or日本食レストラン orフィリピン人スタッフとローカルフード
以前は何を?: 8年間日本の監査法人で勤務

    

     仕事で求められるスキル

 

    会計事務所の業務、特に会計監査では、公認会計士は独立した立場で監査をすることが求められているため、クライアントの皆様は、会計事 務所との距離を感じている方も多いかと思います。

    一方で、フィリピンの税務上のルールの中には、白・黒はっきりしないグレイなルールも多くあり、会計事務所の視点だけでなく、経営者の視点も加えて、クライアントにアドバイスするということが、強く求められています。

    会社の規模、税務署やPEZAとの関係、親会社のコンプライアンスに対する意識等から、会社が取るべき判断が異なってくることがあるため、会社の状況の理解に努めるとともに、必要に応じて、親会社担当者と直接連絡を取りながら、適切なアドバイスをするように心がけています。

氏名 :川原田麻美 (Asami Kawaharada Remedio)

出身地: 神奈川県横須賀市
来比歴: 9年
業務内容: 税務(会社設立、租税条約適用等)、アドバイザリー、マーケティング
ランチの予算と場所:300~500ペソ前後、 マカティ レガスピビレッジ近辺
以前は何を?: フィリピン国内で法人営業を5年程

    

     フィリピン人スタッフとの連携

 

    日系のクライアントが期待する柔軟かつスピーディーな対応にフィリピン人スタッフが充分に応えられないときもあります

    日本人とフィリピン人の考え方や、時間の感覚が異なるのは当たり前ですので、コミュニケーション量を多くして、そのギャップを埋める努力しています。

    具体的には業務内容やスケジュールに関して、クライアントの日本人マネジメント、フィリピン人スタッフ、私達、日本人スタッフ、フィリピン人スタッフの4者で協議、合意した上で、業務をスタートします。その後の業務の進捗を日本人スタッフが随時管理するとともに、必要に応じて、日本人スタッフが直接手を動かして業務に参加しています。また、業務完了の段階では、発見された論点の解説等の報告を行うため、再度4者でのミーティングを実施しています。

氏名:松下周平 (Shuhei Matsushita)

出身地: 兵庫県明石市
来比歴: 2ヶ月
業務内容: 監査、アウトソーシング
ランチの予算と場所:150ペソ、自宅もしくはファストフード
以前は何を?: 伏見と同じ日本の監査法人で勤務していました。

    

     フィリピンの印象は

 

    フィリピンでは、日本の上場会社でされも適用されていない国際会計基準の適用が求められていたり、税務ルールの改正が頻繁に行われていたり、ほぼ全ての会社が会計監査を受けなければならない等、日本の会計に詳しい私でも、その煩雑さに驚いています。

    一方で、クライアントの窓口となってくださっている日本人マネジメントの方は、日本で経理を専門的に担当されていなかった方や、経理の経験があっても海外の会計基準や税制に明るくない方も多くいらっしゃいます。そのような方にも、会計・税務の論点を理解していただけるように、会計・税務ルールの形式的な説明だけでなく、その趣旨や背景、日本との違い等を踏まえて、わかりやすい説明を心がけていきたいと思います。

 

御社の特徴について教えてください


    P&Aグラントソントンは、フィリピン証券取引所に上場している296社のうち35社の監査を行うほか、フィリピンでトップクラスの会計事務所であり、また、グラントソントンは、グローバルでは6位にランクされる国際会計事務所です。私たちの特徴・強みは、国際基準の「高い品質」、Big4でも、小さな会計事務所でもない、Only oneのユニークな組織規模を生かした「機動力」や「柔軟性」です。

    また、グローバルなサービスが求められる今だからこそ、私たちは、きめ細やかなコミュニケーションや、高いチームワーク力から生まれるマーケットおよびクライアントからの信頼感を大切にしています。もうひとつの特徴としては、価格の面での優位性も挙げられます。イメージとしては、大手事務所のクオリティを中堅事務所の価格で受けられるといったイメージでしょうか。

    P&Aグラントソントンジャパンデスクは、より多くのフィリピンの経営責任者の方々に知って頂く為に、日本語での対応はもちろん、親会社とのコミュニケーションもカバーするような、日本企業が必要としているサービスを充実させることに力を入れています。加えて、クライアント企業の立場にたったアドバイスするように心がけています。

 

 

P&Aグラントンソンのご紹介はこちらから:
https://primer.ph/business/consulting_service/p_and_a_grantthornton/

広告

マニラの街の喧騒をまったく感じさせない空間で、フィリピンで数少ないイタリア料理の真髄を届けるイタリアンリストラン。
【Nu. Vo (ヌーボ)は閉店しました】南仏料理を中心にイタリア、ギリシア、北アフリカの料理がメニューに並びます。夜は大人の集まるナイトスポットに。
【マカティ】デュシタニホテルの看板タイ料理レストラン。バンコクやマレーシアの高級ホテルで13年経験を積んだタイ人シェフが作る料理はどれもハズレなし。おすすめのGaeng Massaman Nueaはビーフの肩のお肉とピーナッツやカシューナッツで作ったまろやかなソースが美味しい。
ロハスブルーバード通り、アロハホテルにある中華レストラン、四川楼。暑さを吹き飛ばす麻婆豆腐はいかが?
フィリピン隠れB級グルメここにあり。ホテルマンが推薦する美味しい小龍包のお店。

その他

中華とフィリピン料理を提供するデンシャスレストランは、ローカルの人々に50年前から愛されている超有名店。
【マカティ】バインミー専門店のBon Banhmiの姉妹店として、隣にオープンしたフォー専門店。Bon Banhmiと同じく、ベトナム人姉妹が自ら作るフォーは本場ベトナムの味。
約371平米の広さと2階建てのスタイリッシュなインテリアを誇るクラブ。
【ラウニオン】地元の材料を使って作るハンバーガーのお店。とびきり大きなハンバーガーを召し上がれ。特別なソース、チェダーチーズ・ビール・ソースが自慢のレシピ。ハンバーガーは、1 0 0 %ビーフパテ。焼き加減はミディアムなので、お肉は柔らかくてジューシー!
お店の内装からコーヒー、食材に至るまで全てフィリピン産にこだわった上質カフェをご紹介。
Nuvali Koiの目の前に位置するアメリカンレストラン。アメリカンカラーの椅子がお店のコンセプトを象徴している。Nuvali Koiの目の前に位置するアメリカンレストラン。アメリカンカラーの椅子がお店のコンセプトを象徴している。
食べ放題ビュッフェで有名な「ナナイ・ベベン」、訪れた人はその安さとボリュームにびっくりするとか。
マカティのコンドミニアムの一階にひっそりと店を構える「とんかつ屋」。知る人ぞ知るマスター秘伝の絶品とんかつ。
【アップタウン】辛く味付けした手羽先料理「バッファローウィング」の専門店。スローガンはWings(手羽先)、Beer(ビール)、Sports(スポーツ)。看板料理のバッファローウィングは異なる辛さレベルの自家製フレーバーを12種類も用意。
【マカティ】パソンタモのLa Fuerza Plazaにあり、セレブなども訪れるハイエンド向けのバー。表からはまったく見えないが、ミニストップの横のゲートを通って奥に行くと、全面ガラス張りの店舗が見えてくる。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー