ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Prince of Jaipur (プリンス・オブ・ジュピター) ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

Prince of Jaipur (プリンス・オブ・ジュピター)

ハイソな人々が集う場所フォートボニファシオにあるインド料理屋。素敵なナイトライフには外せないお店です。

嵐を呼ぶインド料理

 

高級車に乗ったハイソな人間たちの優雅な社交場、それが夜のフォート・ボニファシオ。その中のThe FORTにあるインド料理の店、Prince of Jaipurは、高い天井に広々としたフロア。壁は黒で統一されており、ガンジーやインドの貴婦人の絵が飾られている。照明も柔らかく、落ち着ける雰囲気です。

まずは冷えたビールで渇いた喉を潤してもよし。カクテルやワインなどスピリッツ系メニューも豊富です。もちろん定番ラッシーもあるから、お酒の飲めない友人との会食にもバッチリ。料理はベジタリアンメニューもありますが、人気メニューはMurgh Biryaniというスパイシーチキンライス(690ペソ)。ハーブとスパイスが効いたチキンは辛味も程よく、ビールによく合います。

食後の美食に酔い痴れるのもつかの間。ここではインドの水タバコ“シーシャ”が楽しめるのです!いくつかのフレーバーの中からグレープをチョイス。早速吸ってみると口の中にほんのり甘さが広がり、喉を痛めることもありません。シーシャの独特な形状と水泡と煙が、さらに気分を良くしてくれます。シーシャは数人で回して吸うのが通なよう。

The FORTにあるインド料理の店、Prince of Jaipur。素敵なナイトライフにはずせないお店です。


●用途:ちょっと素敵な夜を過ごしたいとき
●店内の雰囲気:黒で統一された大人の雰囲気
●予算:1,000ペソ以上
●オススメメニュー:Murgh Biryani(チキンライス)P690



辛いものが大好きなアナタの食欲をそそります。


インドの水タバコ「シーシャ」。


水タバコは一気に吸うと頭がクラクラしてしまうかも。特に普段タバコを吸わない人は注意。大人数で少しずつ回して吸うのがいいみたい。ほどよく吸って、独特の香りを楽しんでね♪

<各メニューの価格範囲>
アピタイザー:25ペソ~400ペソ
カレー:400~700ペソ
ライス系:100~700ペソ
パン系:100ペソ~200ペソ
ケバブ:600~3000ペソ
飲み物系:100~200ペソ
デザート系:100~400ペソ

店舗情報

  • 住所 : Unit E Fort Bonifacio, Global City, Taguig City, Metro Manila
  • TEL :  (02)884-1692 / 94
    Email: [email protected]
  • 2008年10月11日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】香港料理のデリバリーサービスを提供。イートインできる店舗はないが、クリークサイド4階にキッチンを構える。
    【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
    【マカティ・レガスピ】広東、シンガポール、インドネシアなど、アジア各国のさまざまな国や地域にインスピレーションを受けた創作料理が人気のレストラン。Torched Salmon Doburi(写真〓)は黒米を使ったサーモンの焙り丼。
    【マカティ・レガスピ】インドネシアを本拠とし、インドネシアやシンガポールに60店舗ほど展開するレストランのフランチャイズ。
    【マカティ・レガスピ】フィリピンでは数少ないオーストラリア料理レストラン。ハンバーガー、ステーキ、パスタ、サラダ、ミートパイなど、幅広い種類の料理が楽しめる。
    【タギッグ】スタッフからBawai(ベトナム語でおばあさん)と呼ばれ慕われているベトナム人女性がオープンしたレストラン。タガイタイなどに支店を構え、ここBGC店は2017年4月にオープンしたばかり。
    【アラバン】ダンなチャイニーズビストロで、シンガポール、広東、フィリピン料理のバラエティに富んだ料理が人気。中でもThomson Road Roasted Pork Platterが人気。甘辛い特製タレに漬け込み、こんがり焼いた厚切りポークはお好みでそのままいただいても、クアパオに挟んでもよい。
    【マカティ】アジアやヨーロッパの味を取り込んだモダンな料理がグルメの間で大人気。シェフは、SALA RESTAURANTも手掛けるColin Mackay氏。店舗自体はかつてNielson Towerと呼ばれる管制塔を改造したもの。
    【タギッグ】ベトナムから取り寄せた食材を使い、オーセンティックな味にこだわる。揚げ春巻きにはフィリピンでは珍しいメッシュ状の皮が使われており、サクッとした仕上がりが美味しい。
    【マカティ、サルセド】インドネシア人兄弟が経営するレストラン。3人のインドネシア人シェフが作る料理はどれも本場と同じ味。メニューはデザートも含め、ざっと60品ほど。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー