ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Som’s noodle house (サムズ ヌードル ハウス)

Som’s noodle house (サムズ ヌードル ハウス)

フィリピン人もタイ料理がお好き?マニラ有名タイレストランのシェフが独立して始めた屋台風タイレストラン。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 5936 Gloria, Makati, 1210 Metro Manila
  • TEL : (623)-757-8079
  • 営業時間 : 10:00am - 10:00pm
  • 休日 : なし
    アクセス: ブルゴスからロックウェルに向かい、ロックウェルの入り口の左側
  • タイレストランSOM'S。ローカル屋台風が癖になる?

     

    マニラで最も優雅なショッピングモール、ロックウェルの「パワープラント」の傍にある、小さな小さなタイレストラン。

    気軽さ、安さ、そしてその美味しいさで、フィリピンの雑誌やウェブサイトで頻繁に取り上げられ、ロックウェルをはじめ、マカティーのオフィス街のサラリーマンたちに昼夜を問わず大人気。


    オーナーは、マニラの有名タイレストランから独立したタイ人。フィリピン人の奥さんと一緒に、タイの屋台風のレストランを始めました。なので、味はお墨付き!

    メニューは、タイ料理王道のトムヤンクン、パッタイ、グリーンカレーなどからはじまり50種類。席は、室内に数席、ほとんどが、野外。建物の前の道路を挟んだ歩道に簡易テーブル&イスが用意されています。

    ピノイたちに混ざり、東南アジアの風を感じてみよう。




    ●用途:天気の良い日のランチに。
    ●店内の雰囲気:道路に簡易テーブルイスあり。屋台。
    ●予算:1皿 P65~P150
    ●オススメメニュー:
     ・トムヤンクン(P120)- Tom Yam
     ・ソムタム<青いパパイヤのサラダ>(P69)- Som Tam
     ・タイグリーンカレー(P95)- Green Curry
     ・タイレッドカレー(P95)- Red Curry
     ・タイ風鶏肉のスープ(P120)- Tom Ka Gai
     ・空心菜の強火炒め(P80)- Pak Boong
     ・パッタイ<タイ風焼きそば>(95ペソ)- Phad Thai
     ・タイ風ミルクティー(30ペソ)-Thai Tea



    オーダーは、外のカウンターにて前払い。


    チキンヌードル。太い米粉麺とやさしいスープが人気。

    2008年02月26日更新

    広告
    広告

    コメント / トラックバック 2 件

    タイ料理ラブ | 
     

    ローカルの同僚からもおすすめと聞いて行ってきました。本化的なタイカレーを食べてきました。レッド、グリーン、イエローと3種類。どれも美味しいです。
    友達から聞いた話ですが、タイ人の同僚が出張でフィリピンに来た時、フィリピン人料理が食べれず、ここに連れて行ったら、気に入ってくれて、毎日、ランチは、Som’s だったそうですよ。雨季になると路上では食べ難くなるので、今のうちに。

    プライマー編集部 | 
     

    >タイ料理ラブさん
    コメントありがとうございます。
    そなんです!フィリピン人でいつも混んでいますね。
    ストリートフードには手が出し難い方もいるかと思いますが、あそこなら安全。天気のいい日外で食べるのもなかなかですよね。また、ビールのおつまみに合うメニューも多いので、これからの時期、夜遅くまで楽しむのみいいと思います。

    コメントを投稿

    コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
    コメントを入力:
    ※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
    ※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

    ※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】パサイロードのMilky Wayビルに構え、スパニッシュのCirkulo、和食の筑地、フィリピン料理のMilky Wayと同じグループ。タイ商務省が「タイ・セレクト」に認定したフィリピン初のレストラン。
    【マカティ・レガスピ】広東、シンガポール、インドネシアなど、アジア各国のさまざまな国や地域にインスピレーションを受けた創作料理が人気のレストラン。Torched Salmon Doburi(写真〓)は黒米を使ったサーモンの焙り丼。
    【マカティ・レガスピ】インドネシアを本拠とし、インドネシアやシンガポールに60店舗ほど展開するレストランのフランチャイズ。
    【マカティ・レガスピ】フィリピンでは数少ないオーストラリア料理レストラン。ハンバーガー、ステーキ、パスタ、サラダ、ミートパイなど、幅広い種類の料理が楽しめる。
    【タギッグ】スタッフからBawai(ベトナム語でおばあさん)と呼ばれ慕われているベトナム人女性がオープンしたレストラン。タガイタイなどに支店を構え、ここBGC店は2017年4月にオープンしたばかり。
    【アラバン】ダンなチャイニーズビストロで、シンガポール、広東、フィリピン料理のバラエティに富んだ料理が人気。中でもThomson Road Roasted Pork Platterが人気。甘辛い特製タレに漬け込み、こんがり焼いた厚切りポークはお好みでそのままいただいても、クアパオに挟んでもよい。
    【マカティ】アジアやヨーロッパの味を取り込んだモダンな料理がグルメの間で大人気。シェフは、SALA RESTAURANTも手掛けるColin Mackay氏。店舗自体はかつてNielson Towerと呼ばれる管制塔を改造したもの。
    【タギッグ】ベトナムから取り寄せた食材を使い、オーセンティックな味にこだわる。揚げ春巻きにはフィリピンでは珍しいメッシュ状の皮が使われており、サクッとした仕上がりが美味しい。
    【マカティ、サルセド】インドネシア人兄弟が経営するレストラン。3人のインドネシア人シェフが作る料理はどれも本場と同じ味。メニューはデザートも含め、ざっと60品ほど。
    【マカティ、サルセド】アジア各国の創作料理を提供するおしゃれなバー・レストラン。Antel Corporate Centerの2階に構え、全120席と程よい広さ。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel