ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > trave caffe( トラベル カフェ フィリピン) ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

trave caffe( トラベル カフェ フィリピン)

フィリピン政府観光省とのコラボレーションにより誕生したトラベル カフェ フィリピン。新しいフィリピンを発見してみてはいかがですか?

2007年年末、マカティの複合施設グリーンベルト5に、フィリピン政府観光省とのコラボレーションにより誕生したトラベルカフェ フィリピン(TCP)。「旅」と「カフェ」の融合をコンセプトにしたユニークなサービスを提供しています。
インテリアには、フィリピン各地の優れた調度品を使用。大型プラズマディスプレイが2台設置され、国内のプレミアムリゾート映像をご覧になりながら、ゆったりとした空間でコーヒーや食事が楽しめます。

さらに、これからフィリピンを旅する人のためのトラベルインフォメーションも充実。あなたの旅づくりを真心こめてサポートしてくれます。

travel%20inte2.jpg

一歩足を踏み入れると、旅の雰囲気が漂う、旅がテーマのカフェレストラン。旅の合間に、ショッピングの途中に、ホッと一息。フィリピン初の個性豊かな旅がテーマのカフェレストランで、日常を離れ、新しいフィリピンを発見してみてはいかがですか?

プライマーでは、トラベルカフェフィリピンの4つの楽しみ方をご紹介します。

お店(住所・TEL)情報

お楽しみ1 : フレンチをブレンドした新感覚フィリピン料理

トラベルカフェ・フィリピン(TCP)では、「フィリピン料理とフレンチの情熱的な出会い」をコンセプトに、メニューを開発。野菜はバギオ産、バグース(ミルクフィッシュ)はミンダナオ産、ロンガニーサ(比風ソーセージ)はルクバン産、ヤギの白チーズなど各地から取り寄せた地元食材にフレンチテイストをブレンド、Newフィリピン料理ができました。

food2.jpg Chef‘s Adobo ( 320ペソ)
food1.jpg Cream of Tomato Soup In Pandesal  (175ペソ)



フィリピンの家庭料理といえば、アドボ。TCPでは、チキンをチョイス。レバーを包んだ “Chef‘s Adobo” はあっさりしたお味。 フィリピンの丸型パン “パンデサル” を器にした “Cream of Tomato Soup In Pandesal” は、トマト・ピューレにレモングラスでアクセント、グリーンマンゴーをトッピング。

food3.jpg Filipino Triolet  (140ペソ)
food4.jpg Suman Sushi  (190ペソ)



デザートには、フィリピンの昔ながらのデザート3品レチェ・フラン(比風プリン)、トゥロン(バナナ揚げ春巻)、スーマン(比風ちまき)が味わえる “Filipino Triolet” がおすすめ。 また、南国フルーツとスーマンで寿司風に盛り付けた "Fruit Suman Sushi" はとってもキュート! もち米と果物の意外なハーモニーに一度はトライしたいもの。

「今こそ、フィリピンを世界に広めよう!」と、メニュー考案したフランス人シェフTeuff氏からのメッセージです。

お楽しみ2 : 希少価値の高いコーヒーをお届け

coffee1.jpg
1度は試したいアラミド・コーヒー

トラベルカフェ フィリピン(TCP)は、

  1. 厳選した豆
  2. コーヒーの抽出方法
  3. アラミド・コーヒー(Alamid Coffee)

にこだわって、コーヒーを提供。

豆は国内各地から厳選した豆を使用しています。

・ミンダナオ島南コタバト州、ルソン島北部コルディレラ山岳地域の有機栽培されたアラビカ種
・ルソン島南部バタンガスのリベリカ種。
(フィリピンでは、バラコと呼ばれ"強さ""勇気" の意味を持つ)

これらの豆をプレス方式で頂きます。

そして、コーヒーの目玉商品「アラミド・コーヒー」は要チェック! アラミドとは、Civet と呼ばれるジャコネコの糞から採取できる未消化のコーヒー豆のこと。この豆から作られるコーヒーは希少価値が高く、世界一美味しい・最高級と言われています。野生の Civetが 自由に歩き回り食べることで、アラビカ種やリベリカ種が自然にブレンドされ、天然のなめらかな甘さを生み出し、風味豊かな味わいとなっています。ドリップ方式でご提供。なかなかお目にかからないアラミドをぜひ一度お試しください。

かつて世界有数のコーヒー豆生産国だったフィリピン。TCPは、"A Chain of Happiness" を合言葉に、フィリピン・コーヒーのフェアー・トレードをサポート、応援しています。

お楽しみ3 : 安心な旅を紹介するコンシェルジュ

concie1.jpg トラベルカフェのユニークな特徴、旅の案内人、トラベルコンセルジュ。入り口近くに設けられたブースにて、フィリピン旅行のサポートをおこなっています。

もちろん、無料。航空券の予約方法、現地オプショナルツアーの紹介、旅先での安全へのアドバイスなど、旅に関する質問にてきぱき回答。エリア毎にパンフレット(英語)もご用意しています。

知識あるホスピタリティに溢れたコンセルジェを活用し、フィリピンの旅をさらに快適なものにしましょう。

お楽しみ4 : フィリピンをお持ち帰り

omiyage1.jpg
3種のコーヒー豆を用意


omiyage2.jpg
ぽってりしたカタチがなんともかわいい。



フィリピンの著名ミュージシャンの演奏は1度は聞いて欲しい。

トラベルカフェ フィリピン(TCP)では、その場で楽しむだけではなく、旅の思い出に、厳選されたフィリピンの特産品、工芸品も購入できます。

コーヒーは、希少価値の高いAlamid Coffee豆をはじめ3種類のコーヒー豆の購入可能。

さらに、運ばれてくる料理の器やコーヒーカップ類、店内で流れている音楽CDを購入いただき、ご自宅でお楽しみいただけます。

◆各種コーヒー
・Alamid Coffee(ジャコネコの糞から採取できる未消化のコーヒー豆) (2,000ペソ/210g)

・ Mount Matutum Coffee(ミンダナオ地方マトゥトゥン山地近くで取れるコーヒー豆 ) (250ペソ/210g)

・ Premium Barako Blend Coffee (ルソン島南部にあるバタンガ州で取れるリベリカ種のコーヒー豆) (250ペソ/210g)

◆セラミックス
・ティーポット (820ペソ)
・コーヒーマグ (350ペソ)
・チョコレートカップ (350ペソ)
・ティーカップ (295ペソ)

◆フィリピンの親しまれてきた民族音楽 をモダンにアレンジしたトラベル・カフェ・オリジナルのミュージックCD。 演奏者:Ryan Cayabyab、Louie Ocampo、Lea Salonga、Bo Razon他大勢 (P350ペソ)

 

Shop Information

Travel Café Philippines

2nd Fl. Greenbelt5 Paseo de Roxas, Ayala Center, Makati City, Philippines
TEL: (632)729-2233
営業:10:00am ~10:00pm
定休日:なし



「トラベルカフェ フィリピンTOKYO店」
トラベル カフェ フィリピンは、日本で32店舗(2007年10月末現在)を展開するトラベルカフェインストアメディア社(旧トラベルカフェ)プロディーズによる海外初出店です。「トラベルカフェ フィリピンTOKYO店」 は、東京・飯田橋に2006年7月にオープン。日本にいながらフィリピンの生活スタイルを感じる事ができます。

東京都千代田区飯田橋3-5-1
TEL:(813)-3288-0091
営業:7:30am-11pm
定休日:なし
WEBSITE:https://www.travelcafe.co.jp/shop/iidabashi/index.shtml

店舗情報

2008年02月12日更新

広告

コメント / トラックバック 1 件

ツー | 
 

とっても楽しそう!私も是非いきたいと思いました。

コメントを投稿

コメントを入力:
質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
広告

その他レストラン情報

サンタロサに構えるスペシャルティコーヒーに特化したカフェ。オーナーの篠崎さんはスペシャルティコーヒーの資格を有し、日系工場で勤務する傍ら、スペシャルティコーヒーの普及活動などに取り組んでいる。
フィリピン人の好みに合わせたアフリカ産とフィリピン産の豆のブレンドを使用。チョコレートを思わせる少し苦みのある風味が特徴だ。豆は全て店内の焙煎機で焙煎をしている。
マカティのレガスピビレッジにオープンしたカフェレストラン。ケソン市の人気店・Sourdough Cafeのセカンドブランチ。自家製ブレッドやパスタなどのヨーロピアン料理のほか、店内ではチーズやブレッドも販売。
【タギッグ】日本人オーナー東海林克範氏とラテアート世界選手権チャンピオン山口淳一氏が手掛ける京都でも話題のカフェがBGCにマニラ1号店をオープン。印象的な%のロゴマークとこだわりのコーヒーが大人気のお店だ。当店で使用するのは100%アラビカ産のコーヒー豆。
【マカティ】ロックウェルとBGC、グリーンベルトに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩6分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ・レガスピ】明るいウッドとカラフルな色使いがおしゃれなカフェ。本業はコーヒー豆やRocket  Espresso、La Marzoccoと言ったメーカーのコーヒー機器を飲食店に提供するサプライヤーで、商品の紹介も兼ねてコーヒーの知識を広げるためのワークショップを行うために店舗を設けたことから始まった。
【ブルゴス】サルセドの人気カフェが、ブルゴスに場所を変えて新たにスタート。 新店舗は2階とテラス席を追加。全面ガラス張りの1階は外から見てもとてもおしゃれだ。
【パシッグ】パシッグのC5に構える。ケニア、グアテマラ、コロンビア、ブラジル、エチオピア、フィリピン産の生豆を仕入れ、お店で焙煎したものをコーヒーに使用したりパックに詰めて家庭用に販売もしている。ハンドドリップ(カリタとハリオの2タイプのドリッパーから選べる)、エアロプレス、フレンチプレスが当店で取り扱っている抽出法。
ビジネス街マカティの中心部に位置する5つ星ホテル、New World Makati Hotel。Cafe1228では人気のビュッフェメニューをお楽しみいただけます!

食べる

ジャンルで探す

フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー