ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Serye Café Filipino (セリエ カフェ フィリピノ)

Serye Café Filipino (セリエ カフェ フィリピノ)

お店の内装からコーヒー、食材に至るまで全てフィリピン産にこだわった上質カフェをご紹介。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : Unit 8 and 9 Ground Floor, Santana Grove, Sucat Road, Parañaque City
  • TEL : (02)825-4691
  • 営業時間 : 10:00~22:00
  • フィリピン産にこだわる上質カフェ

    サウススーパーハイウェイのSucat Exitからほど近いところにある、Serye Café Filipino (セリエ カフェ フィリピノ)。広々とした店内には絵画のデザインテーブルやパーティ用ルームがあり、とても明るい雰囲気。


    Serye Café Filipinoでは、その名前のとおり、コーヒー豆はもちろん、ケーキやお料理などに使われている素材のほとんどがフィリピン産を使用しているというこだわり。 コーヒーは「コーヒーサイフォン」によって抽出されているので、香り高くコク深い味わい。中でもお奨めなのが、プレミアム フィリピーノ アラビカ(P55)。


    通常、レギュラーコーヒーに用いられることが多いアラビカコーヒーですが、Serye Café Filipinoのアラビカコーヒーはコーヒーフリークもうならせるフィリピン産の上質な豆を使用。 アラビカコーヒーよりもう少し濃いめのコーヒーをお好みの方は、Special House Blend (P50)がオススメ。ほどよい苦味がたまりません。


    Serye Café Filipinoは、カフェといっても飲み物や軽食だけでなく、お料理も充実。バーベキューチキン(P215)は、チキンの旨みをそのまま閉じ込め、グリルした一品。とってもジューシーでほっぺたが落ちそう!甘めのソースも一緒についてきますが、ソースなしでも十分おいしいので、お好みで調節してみて下さいね。


    Serye Caféは店員の方もとってもフレンドリー。いつでも笑顔で迎えてくれます。初めて訪れるのに、なんだか何度も来たことがあるようにさえ思えるくらい、アットホームな雰囲気。気の置けない友人とおしゃべりを楽しむのに最適です。いつまでもくつろいでいたい、そう思わせてくれるくつろぎ系カフェです。


    ●用途:ゆっくりくつろぎたいとき
    ●店内の雰囲気:フィリピンアート満載の明るい雰囲気
    ●予算:P100前後
    ●オススメメニュー:
     *Mocha Manila- P80
     *Boneless Chicken Barbecue- P215



    たっぷりの泡が美味しそうなカプチーノ。


    ジューシーさが堪らないBoneless Chicken Barbecue(P215)。



    店内のアートは、フィリピン大学の学生たちによる作品。ゆっくりとお茶をしながら、フィリピン最高峰の学生アーティストたちの作品を楽しめるカフェは、ここだけです♪

    2008年08月06日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ・レガスピ】グリーンベルトの筋向いに構えるカフェレストラン。コーヒーはインドネシアでもトップのコーヒー豆業者のMerdeka Coffeeから。メニューは主にオーストラリアとニュージーランドの料理で、ピザ、パスタ、サンドイッチなどの軽食が多い。
    【マカティ】新鮮な野菜を使ったヘルスフードが大好評のユニカセ。その人気メニューのひとつがゴロゴロ野菜の入ったベジカレーだ。鰹出汁にカレー粉とココナッツミルクを加えたソースはまろやかで、タイカレーに似ているが辛さはない。
    【タギッグ】ローカルアパレルブランド「Bench」のフラグシップ店内にあるカフェ。「トゥロトゥロ」と呼ばれるフィリピンの大衆食堂をコンセプトにしており、トゥロトゥロや家庭などで出される庶民的なフィリピン料理を提供。
    【チャイナタウン】1956年にCarvajal通りの路地裏に開店した老舗。店名の「Sincerity」とは「誠実な」という意味。
    Holiday Series 北海道チーズラテ HOKKAIDO CHEESE LATTE
    【マカティ・レガスピ】旅行先でカフェを訪れることが大好きな夫婦が経営するカフェ。2019年10月にオープンし、早くも女性に人気のカフェに。店名のBADはオーナー二人の名前(Brian and Dianne)の頭文字から。
    【マカティ・レガスピ】明るいウッドとカラフルな色使いがおしゃれなカフェ。本業はコーヒー豆やRocket  Espresso、La Marzoccoと言ったメーカーのコーヒー機器を飲食店に提供するサプライヤーで、商品の紹介も兼ねてコーヒーの知識を広げるためのワークショップを行うために店舗を設けたことから始まった。
    【マカティ・レガスピ】おしゃれなインテリアと、豊富な種類のパンやスイーツで知られる人気店。カウンターにはパン、それにタルトやパイなどのスイーツがずらっと並び、きれいな焼き色と香ばしい香りに食欲がそそられる。
    【マカティ・レガスピ】レガスピビレッジのLegazpiストリートとPalancaストリートの角に構える、知る人ぞ知る隠れ家カフェ。イギリスのメディアによるAsia’s 50 Best Bars(アジアのベストバー50)に4年連続で選ばれた。
    【マカティ・レガスピ】レガスピビレッジの地元でよく知られたカフェ。輸入品のコーヒーを売りにしているカフェが多い中で、当店はフィリピン産の豆を使用し、現地のコーヒー農園を支持している。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー