ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Man Ho マンホー ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

Man Ho マンホー

【パサイ】マニラ・マリオット・ホテル内にある、本場中国でも人気の広東料理レストラン、Man Ho(萬豪)。香港から直送された新鮮なアワビや大ぶりのタラバガニ、スープでじっくり煮込んだ燕の巣などの高級食材を調理するのはトップシェフのLaw Wui Wing氏。2014年の着任以来、同ホテルの様々なイベントでその腕を揮い、最高の広東料理を織り成すシェフとして定評がある。

①左:豚肉、鶏肉、鴨肉のバーベキュー盛り合わせ P1,288

 右:牛ヒレ肉と木耳のジンジャーソテー P1,188

②左:ナマコとアワビの照り焼き風、野菜添え P2,888

 右:シーフードのキャビア入り煮込みスープ P628

③左:玉子の黄身をたっぷり使ったカスタードクリーム入り蒸し饅頭 1個P48

 右:アーモンドミルクと卵白のメレンゲ仕立て P288~

 

マニラ・マリオット・ホテル内にある、本場中国でも人気の広東料理レストラン、Man Ho(萬豪)。香港から直送された新鮮なアワビや大ぶりのタラバガニ、スープでじっくり煮込んだ燕の巣などの高級食材を調理するのはトップシェフのLaw Wui Wing氏。2014年の着任以来、同ホテルの様々なイベントでその腕を揮い、最高の広東料理を織り成すシェフとして定評がある。ランチ、ディナーメニュー共に好きなものを注文できるアラカルト方式。高級広東料理はもちろんのこと、鶏のから揚げや鶏肉と塩漬けの魚入り炒飯などお馴染の料理が勢ぞろい。他にも、生姜とニラをたっぷり入れた牛ヒレと木耳のソテー、ボルチーニ茸のソテー、シーフードのキャビア入り煮込みスープなど、ここでしかお目に掛かれない料理も満載だ。全部で140席ある店内は、高い天井と洗練されたモダンなインテリアが特徴。24人まで入ることができる個室も6室ある。

店舗情報

  • 住所 : Marriott Manila BRANCH  2 Resorts Drive Pasay City, Philippines
  • TEL : (02) 988-9999
  • WEB : www.marriott.com/hotels/travel/mnlap-manila-marriott-hotel/
  • FB : marriotthotelmanila
  • Twitter:@marriottmanila
    Instagram:@manilamarriott
  • 2017年01月02日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    2010年「海外で働く日本人を保険を通してサポートしよう!」をスローガンに設立された、マニラとセブに拠点を持つ総合保険代理店。日本を離れると気になる「医療保険」そして意外と見落としがちな「公的年金」など、海外での不安を保険を通じて日本語で分かりやすくサポートしてくれる。英語の保険約款をすべて理解するのはとても困難。海外ゆえに疎遠になりがちな保険を、日本にいるかのように「身近な保険」にしてくれるのが強み。
    弊社は日系企業向けのサービスに特化した保険のブローカーです。マニラやセブ、フィリピン全土でサービスを展開しております。 お客様の代理人として様々な保険会社と交渉し、最適な保険プランをご提供いたします。
    1988年に設立されたBDOInsureは、BDO Unibankの完全子会社であり、SM Group の一員。強力なバックボーンを背景に取引量と収益性がフィリピンの保険業界で常に上位にランクインする。その理念は”We work for you every step of the way from purchase to claim”、豊富な保険知識をもった専門家が保険の選択から請求、すべてのステップで的確なアドバイスをしながら進めてくれる頼もしい総合保険代理店だ。
    1991年設立の損害保険ジャパンとPrudential Guarantee and Assuranceによる合弁企業。保険商品提供にとどまらず、サーベイヤーによる工場設備の防災レポート作成サービスなど、お客様のリスクマネジメント全般をサポートする。お客様が来訪者を受け入れづらいコロナ禍の昨今では、Web Meetingを活用したバーチャルサーベイも対応開始。日系のお客様へはジャパンデスクが窓口になり、言語や文化の違いによる認識相違が起こらないよう密に打ち合わせを実施。社内にデジタル部門を持ち、お客様の課題にITを活用したソリューションの提供も可能。
    1975年に旧大正海上(現三井住友海上)がマニラに駐在員事務所を開設。2002年にBPIと合弁で「BPI/MS Insurance Corporation」を設立。フィリピン全土に13支店と2営業支社を構え、日系企業向けには日系営業部がマニラ事務所対応する。企業関係の火災保険・工事保険・賠償責任保険などの専門性の高い商品・サービスのご提供を得意とし、フィリピンでの事業リスク転嫁をサポート。最近は日系企業向けの医療保険の販売に注力しており、充実した医療ネットワークに加えて、日系保険会社ならではのきめ細かなサービスを提供する。
    損害保険日本最大手の東京海上グループは1964年にフィリピンに進出し、現地有力財閥ユーチェンコ・グループに属するMalayan Insurance社と合弁会社を設立。2008年以降は同社内に東京海上部門を設置し、日本企業に特化したサービスを行っている。Malayan Insurance社はフィリピン国内で総収入保険料No.1 であり、両社の総合力を活かして、お客様に”あんしん”をお届けし、選ばれ成長し続ける会社を目指している。お客様の”いざ”というときにお役に立つことは勿論、リスクマネジメントに資する情報もご提供している。
    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー