ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > PAUL BOULANGERIE CAFE ポール・ブランジェリー・カフェ

PAUL BOULANGERIE CAFE ポール・ブランジェリー・カフェ

1889年にパリで開業したパン屋。世界各国にチェーン店を構えており、フィリピンではSMオーラのフラグシップ店として、モールの1/Fにオープン。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 1/F SM Aura Premier, Bonicacio Global City, Taguig
  • TEL : 02-808-5324 
  • 営業時間 :  8時~22時
  • 休日 : なし


  •  1889年にパリで開業したパン屋。世界各国にチェーン店 を構えており、フィリピンではSMオーラのフラグシップ店 として、モールの1/Fにオープン。食欲をそそる焼き立てパ ンの香りと、パリを思わせるクラッシーな店内が大好評の店。

     店頭に並ぶたくさんのパンや洋菓子は、全てフランス産 の小麦粉を使い、本場フランスと変わらないクオリティ。 目玉商品は、フランスから輸入しているマカロン。直径10 センチほどの少し大きめなマカロンで、ラスベリー、チョ コ、コーヒー味が楽しめる。

     輸入品のハムやチーズを使ったパン・洋菓子以外のメ ニューも満足度高し。いちおしはCroquet-Madam(写真 ③)。パン・ド・ミ(食パン)にハム、エメンタールチーズ、 クリームを敷き、ぷるぷる黄身の目玉焼きをトッピング。 ボリューミーなものが食べたい人には、ビーフ、たまねぎ、 マッシュルーム、ニラのソテーにチーズをのせたTartine Boeu(f 写真④)がおすすめ。。8時からオープンしているので、朝食にも利用できるのがうれしい。

    2014年06月25日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
    コメントを入力:
    ※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
    ※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

    ※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ・レガスピ】前菜にはフォアグラがたっぷりのプチタルトFoie Gras Tartを。フィリピン産シーバスのタルタルをレモンマヨネーズで和えたApahapとエビのブールモンテとイクラで楽しむパスタSpaghettini(P400)などのシーフードも充実。
    【マカティ】今、ポブラシオンで熱いワインバーと言えばこちら。上海で10年以上同名のワインバーを経営してきたフランス人オーナーが2018年7月にオープンし、1年もしないうちにロックウェルに住むエキスパットやフィリピン人の富裕層が足繁く通う人気店に。
    【マカティ】ファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。注文してすぐに食べられるコールドパスタやサラダなどもあり、サッとランチを食べたい時などに打ってつけ。
    【アラバン】同モールに構えるThe Black Pigの姉妹店。シェフはスペイン人Carlos Garcia氏が手掛けており、The Black Pigと同じコンセプトの料理をコストを抑えて提供。
    【タギッグ】BGCのEnderun College内に店を構えるフレンチレストラン。当店では、一流のスタッフと共に、キャンパス内で調理・ホスピタリティを専攻する生徒も働いている。三つ星シェフAlan Ducasseの理念に基づく教育を受ける生徒達の質は高い。
    【タギッグ】日本にも支店を持つ本格フレンチレストラン。店内は明るい雰囲気で、店内に飾られた白黒の写真で1世紀以上にもさかのぼるレストランの歴史を見ることができる。
    フランス語でサーロインステーキを意味するl'entrecôte。その名の通り店の看板メニューはステーキ。さらに、スイス生まれのオーナーシェフが生み出す、スイス、フランスといった欧州料理に独自のシンプルなアレンジを加えた様々なメニューを楽しめる。
    【マカティ、サルセド】カジュアルなワインバー。2015年にケソン市でオープンし、現在3店舗支店を持つ。サルセド店は日本人を含めた外国人客にも人気。
    【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
    【タギッグ】以前BGCで人気だったChampetreレストランのフランス人シェフ、Marc Aubry氏が手掛けるレストラン。提供する正統派フレンチにはなるべく現地で採れた食材を使うように工夫している。また、オーガニック食材も多く使用。Market Menu(P1,250)と呼ばれるコースは、仕入れた食材によって毎週メニューを入れ替えている。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel