ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Tito Chef ティト・シェフ

Tito Chef ティト・シェフ

【パラニャーケ】BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 2 Adelfa St., cor. President’s Ave., Tahanan Vill., Sucat, Parañaque
  • TEL : 02-842-5577 / 02-238-0968
  • 営業時間 : 10時~23時
  • FB : TitoChefRestaurant
  • ①ボードレーズソースととろけるような牛タンが絶品 Lengua Bordelaise(P495)

    ②盛り付けが美しい Aussie Lamb Paella(P530)

    ③あちこちに配置されたアンティークな小物がアクセント

    ④個室のひとつ。どこかヨーロピアンレトロな雰囲気がおしゃれ

    ⑤焦げ風味が美味しい照り焼き Broiled Teriyaki Chicken(P395)

    ⑥自然光が心地よい窓際の席

    ⑦3つの個室のうち、一番大きい部屋は20~30人収容。モダンなインテリアが特徴

    ⑧マンゴードレッシングとフルーツが美味しいサラダ Fruit Melange Salad(P295)

    ⑨あっさりした味付けがサーモンの旨みを引き立たせる Cedar Grilled Salmon Fillet(P495)

    Duck Confit Salad(P795)

     

    BFホームズの外側に所在。店舗は42年前に建てられた民家を改造したもので、オーナー兼シェフの初のレストラン。オーナーの両親が大切にしていた家具や小物を取り入れ、モダンとアンティークが合わさったインテリアが魅力。クラシック調の音楽がバックに流れ、気品がありつつもどこかカジュアルな雰囲気が心地よい。個室のデザインもおしゃれで、パーティや会食に是非利用したい。肝心の料理は、伝統的なフレンチの調理法に基づき、少々フィリピン人の好みに調整されつつも十分に美味しく整えられた味付け。レストランに併設されたパティスリーでは、オーダーメイドのデコレーションケーキや自家製の板チョコなど、かわいいスイーツが勢ぞろい。地元の日本人もよく訪れるそうで、ステーキやグリル料理をよく注文するとのこと。

    2016年09月30日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ・レガスピ】前菜にはフォアグラがたっぷりのプチタルトFoie Gras Tartを。フィリピン産シーバスのタルタルをレモンマヨネーズで和えたApahapとエビのブールモンテとイクラで楽しむパスタSpaghettini(P400)などのシーフードも充実。
    【マカティ】今、ポブラシオンで熱いワインバーと言えばこちら。上海で10年以上同名のワインバーを経営してきたフランス人オーナーが2018年7月にオープンし、1年もしないうちにロックウェルに住むエキスパットやフィリピン人の富裕層が足繁く通う人気店に。
    【マカティ】ファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。注文してすぐに食べられるコールドパスタやサラダなどもあり、サッとランチを食べたい時などに打ってつけ。
    【アラバン】同モールに構えるThe Black Pigの姉妹店。シェフはスペイン人Carlos Garcia氏が手掛けており、The Black Pigと同じコンセプトの料理をコストを抑えて提供。
    【タギッグ】BGCのEnderun College内に店を構えるフレンチレストラン。当店では、一流のスタッフと共に、キャンパス内で調理・ホスピタリティを専攻する生徒も働いている。三つ星シェフAlan Ducasseの理念に基づく教育を受ける生徒達の質は高い。
    【タギッグ】日本にも支店を持つ本格フレンチレストラン。店内は明るい雰囲気で、店内に飾られた白黒の写真で1世紀以上にもさかのぼるレストランの歴史を見ることができる。
    フランス語でサーロインステーキを意味するl'entrecôte。その名の通り店の看板メニューはステーキ。さらに、スイス生まれのオーナーシェフが生み出す、スイス、フランスといった欧州料理に独自のシンプルなアレンジを加えた様々なメニューを楽しめる。
    【マカティ、サルセド】カジュアルなワインバー。2015年にケソン市でオープンし、現在3店舗支店を持つ。サルセド店は日本人を含めた外国人客にも人気。
    【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
    【タギッグ】以前BGCで人気だったChampetreレストランのフランス人シェフ、Marc Aubry氏が手掛けるレストラン。提供する正統派フレンチにはなるべく現地で採れた食材を使うように工夫している。また、オーガニック食材も多く使用。Market Menu(P1,250)と呼ばれるコースは、仕入れた食材によって毎週メニューを入れ替えている。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー