ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 牛坊(ぎゅうぼう) ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

牛坊(ぎゅうぼう)

日本の居酒屋のような雰囲気に「ほっ」っとできる、焼肉「牛坊」のご紹介です。

 

赤いのれんをくぐって店に入れば、聞こえてくるのは「いらっしゃいませ」。日本語のできるフィリピン人スタッフが暖かく迎えてくれます。香りのいいおしぼりでキュキュッと手や顔を拭くと、一日の疲れもとれてすっかりリラックス気分。店内を見渡せば最新の雑誌やたくさんの漫画がそろえられていて、どこか日本の居酒屋にでも来たような感覚になります。

 


はずせないのは、和牛極上カルビ(P1,300)。「絶品」という言葉はこの為にあるようなもの。最初の一口ですぐに肉の違いが分かります。感触からして明らかに他と違います。口に入れた途端に肉が溶け始め、噛むと同時に甘い肉汁が口中に充満し、肉の旨味がす〜っとしみ込んでいきます。上質な肉だけあって脂分は多いですが、全然しつこくなくむしろその脂分が旨味をパワーアップさせています。う〜ん、美味っっ!!

 


P300とお得なお値段のユッケ刺しは、生肉独自の甘みとリンゴの甘酸っぱさ、そして卵の持つ甘み、これら3種の甘みが見事に融合。ひんやりと冷たいユッケが、焼き肉とはまた一足違う肉のおいしさを教えてくれます。ガッチリ厚い上タン塩は、タン独特のコリコリ感が楽しめます。しかし、食感を楽しんだ後はしっかり噛み切れるのが、ここのタンの品質の良さの証拠。レモン汁でさっぱりと召し上がってください。

 


お酒の肴としてオーダーしたい上ミノ(P600)もはずせません。ミノとは、ホルモンの一種で牛の4つある胃袋のうち1つ目の袋のこと。コリコリとしっかりとした食感がホルモンを食べる醍醐味ですが、ミノは特に歯ごたえ十分な部分。このお店の上ミノは、もちろんミノ独自のしっかりとしたコリコリ感が楽しめます。かつ、噛むたびにどんどん柔らかくなっていき、ミノを浸けている味噌ダレの味とミノの旨味が口中に広がります。

 


上カルビ(P400)は、ちょっと凝っていてこだわりのある味というよりは、ほんのり甘いタレにしっかり浸け込んでいてお子さんも大好きな焼肉らしい味。口に運ぶ前に醤油ベースか味噌ベース、お好きな方のタレにさっと付けてから頂いてください。タレと肉の旨味がガッチリマッチしていて、ご飯がどんどん進みます。

 

 

●用途:宴会の会場として
●店内の雰囲気:日本の居酒屋のよう
●予算:1,000ペソ~/一人
●オススメメニュー:和牛極上カルビ(P1,300)



とろける美味しさ、和牛極上カルビ(P1,300)


甘ダレで白飯がすすむ!上カルビ(P400)


日本酒の肴にしたい、上ミノ(P400)

店舗情報

  • 住所 : 561 Adriatico St. cor. Julio Nakpil St., Malate, Manila
  • TEL : (02) 521-2396
  • 営業時間 : 15:00~2:00
  • 休日 : なし
  • 2011年05月07日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    豊富な品揃えに定評があるマニラの食材店。基本的な日本食材に加え、 生鮮食品が置いてあるのも魅力の一つです。
    【マニラ・マラテ】もつ鍋激戦区博多でも美味しいと評判のもつ鍋専門店 梟がマニラにオープン。新鮮な小腸を「旨み・質感」を損なわないよう丁寧に処理しております。食べた瞬間、口いっぱいに広がるジューシーさは博多のグルメも絶賛。
    【ケソン・シティ】あのモスバーガーがついにフィリピン上陸。2020年1月には、ロビンソンガレリアにポップアップストアを設置し、翌月に同モールに店舗を正式オープンした。モスチーズバーガーや海鮮かきあげライスバーガーなど、日本でもおなじみのメニューがマニラ店にも登場。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    【チャイナタウン】第二次世界大戦後に現オーナーの祖父がオープンした老舗。マリネしたポークが美味しいAsado (Small P235、Medium P470、Large P940)というメニューで知られており、毎年放送される旧正月のTV特集では必ず取り上げられる。
    【チャイナタウン】生春巻きが美味しいことで地元の人に人気のお店。生春巻きと言っても、生の部分は皮のみ。中身は野菜、ピーナッツ、エビ、ポークなどを細かく切り、火を通したものを詰めている。
    【チャイナタウン】1956年にCarvajal通りの路地裏に開店した老舗。店名の「Sincerity」とは「誠実な」という意味。
    【チャイナタウン】Eng Bee Tinの系列店で、オーナーは元消防士。収益金はBinondo Paco Fire Searchや消防隊に献金されているというので驚き。
    【チャイナタウン】中華街でも数少ないベジタリアン料理店。麺筋、豆腐を使った煮込み料理、野菜の炒めものや煮びたしなど豊富な種類のおかずがガラスケースの中に並ぶ。
    【チャイナタウン】店名にあるように、お店の看板料理は餃子。一番人気のDumplingsは蒸したてジューシーな水餃子で、8個でたったのP82とリーズナブル。カラリと揚げたFried Dumplingsもパリッとした皮とジューシーな中身のコントラストを楽しめる絶品だ。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー