ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Aristocrat Restaurant(アリストクラット・レストラン) ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

Aristocrat Restaurant(アリストクラット・レストラン)

昔、昔、デートの帰り道、そこにはいつもアリストクラットがあった。老舗のフィリピン料理レストランン。

誰もが知っている、昔ながらの伝統のバーベキュー。

 

アリストクラット・レストランは、地元フィリピン人の間で、知らない人はいないカジュアルなフィリピンレストラン。「アシャンおばさん」の愛称で知られる故ドニャ・エングラシア・クルズ・レイエスさんと、その夫であるジャスティス・アレックス・A・レイエス氏が創立し、72年の歴史があります。

逞しい開拓精神と、もって生まれた料理の才能で、当時世界ではまったくの無名で見向きもされない存在であったフィリピン料理を、今や地元のフィリピン人だけでなく世界中の人たちからも愛される程のおいしさにまで引き上げた伝説の人、アシャンおばさん。彼女なくして今のアリストクラットはありえません。


今でこそ「チキンバーベキューのアリストクラット」と、マニラでは知らない人はいないほど有名な本家本元のレストランをはじめ、ベーカリー、24時間営業のコンビニエントストア「アリスト・マート」、特製ソースの販売や不動産の管理、フランチャイズビジネスと、精力的に事業を展開しているアリストクラットは、今から70年以上も前の1935年、家から家へおやつを売り歩く「おやつ売り」でした。以来、フィリピンの歴史とともに歩み続け、フィリピンレストラン業界の基盤を築きあげました。

メニューは、シニガン、カレカレ、アドボ、カルデレータ、ピナクベットなどフィリピン料理の代表が揃っています。でも、なんと言ってもマストオーダーは、バーベキュー。特性のタレをつけてお召し上がれ!



●用途:家族、友達とのランチ、ディナーに
●店内の雰囲気:ちょっと古い作りの店内が老舗風
●予算:250ペソ(1名)~
●オススメメニュー:
 チキンバーベキュー、ポークバーベキュー、シニガン、ピナクベット



バゴーン(アミエビの塩辛 )で味付け、ピナクベット(フィリピンの野菜炒め)。


ベーカリーも隣接。カラフルなケーキや、フィリピンの伝統的なスウィーツが購入可能。


本店は、ロハスブルーバード通り店。目の前は、マニラ湾のロケーション。本店以外に、マカティジュピター店、マニラのマラテにあるロビンソン店などあり。

店舗情報

  • 住所 : 432 San Andres cor. Roxas Boulevard, Malate, Manila
  • TEL : (632)526-4394
  • 営業時間 : 11:00am - 10:00pm
  • 休日 : なし
    アクセス: ロハスブルーバード沿い。マラテ教会の傍。
  • 2008年03月12日更新

    広告

    コメント / トラックバック 2 件

    PH-RYO | 
     

    フィリピンで、手土産に何を用意してよいやら分からなくて、取りあえず遊びに行くのだからケーキでいっか….ってことで何回か色んな店でケーキを買ったことがあります (^_^;)ゞ
    理由は分からないが、とにかく”チョコレートケーキ”が一番喜ばれるように思えますが気のせいだろうか?(笑)
    じつはフィリピンのケーキ、自分には甘すぎて一口食べて”ご馳走さま”ということが多いのですが、このAristocrat Restaurantのチョコレートケーキは最高に美味しい♪
    確かに甘いのですが、何処にでもあるケーキ屋の中では群を抜いて上位に位置づけられるのではないでしょうか?!
    ただし….お値段もチョイトばかし高めでしたけどw 

    ken | 
     

    RYOさん、こんにちは。プライマー編集部のkenです。
    実を言うと私はチョコレートに目がありません。チョコレートケーキに限らず、よくハッカの飴玉に入っている「どろっ」としたものから、お土産用のちょっと高価なものまで、およそ「チョコ」と名のつくものはなんでも好きです。
    フィリピンで売られているケーキの中には、確かに歯がぐらぐらきそうなほど甘いものがありますね。特に誕生パーティーに出てくるやつとか。
    私はよく「レッド・リボン」のブラック・フォーレストを買って帰りますが、この店のケーキはそこまで甘くないので、結構気に入っています。
    (ただし、私の味覚はかなり甘さに対して免疫ができあがってしまっているので、ご参考にはならないかもしれません)
    「アリストクラットといったらチキンバーベキュー」が頭にこびりついており、店内に入ったら真っ先にチキン・バーベキューを頼んで満足してしまう私は、フィリピン在住30年になるにもかかわらず、未だにアリストクラットのケーキを食したことがないのですが、今度行ったらぜひチョコレートケーキを食べてみようと思います。情報ありがとうございます。

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】おしゃれなレストランが集まるパソン・タモ・エクステンションのKarrivin Plazaに、2016年3月にオープンしたばかりのモダンなフィリピン料理レストラン。かつてBlack Sheepのシェフとして活躍したJordy氏とJP氏が作り出す料理は、味付けや食材こそフィリピンのものだが、伝統とはかけ離れた独創的な料理。
    【マカティ・レガスピ】代々継承したレシピにオーナーのアイデアを加え、若者から高齢者まで楽しめるメニューが特徴。常連の日本人客もおり、店内はいつもローカルのリピーターや外国人で混雑している。
    【マカティ】1938年に創設され、長年フィリピンの人々に愛されてきたこちらのレストラン。Pancit LuglogやArroz Caldo、Lumpiang Ubod Sariwa を初めとするメリエンダフードから、伝統的なフィリピン料理が気軽に楽しめる。
    【タギッグ】日本人の間でもよく知られたフィリピン料理店XO46の系列。フィリピン北部に位置するヌエバ・エシハ州の料理を提供している。
    【タギッグ】食の都と言われるパンパンガ州の料理が主なメニュー。魚を開いて姿フライにしたBinukadkadna Pla Plaは見た目も楽しめ、一番人気。
    【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
    【マカティ・レガスピ】料理にソースをかけるのが大好きなフィリピン人の食欲を満たすために、シェフのJP Anglo氏がソースたっぷりにアレンジしたフィリピン料理が満載。
    【マカティ・レガスピ】料理を手掛けるのは、ラグナ州リリウ市出身の若手シェフ・Justin氏で、幼い頃から食べていた祖母の手料理を再現したメニューを提供。
    【カビテ・シラン】木々に囲まれた環境でゆっくりと食事が楽 しめるガーデンレストラン。フィリピンの伝統的な建築スタイルの家屋「Kubo(クー ボ)」のなかで、フィリピン料理を満喫しよ う。
    【オカダマニラ】ストリートフードやレストランが立ち並ぶマニラ首都圏の「キアポ」エリアから着想を得た、フィリピン料理店。味付けも洗練されており、フィリピン料理を初めて食べる方にもおすすめです。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー