ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Café de Bonifacio カフェ・ド・ボニファシオ

Café de Bonifacio カフェ・ド・ボニファシオ

伝統的フィリピン料理に大胆かつ繊細なアレンジを加えたオリジナル料理が自慢です。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 5/F THE PODIUM,ADB Ave.,Mandaluyong
  • TEL : 02-636-1407
  • 営業時間 : 月曜~木曜 11時~22時/金曜~日曜 10時~22時
  • 休日 : なし
  • “Revolutionizing FilipinoCuisine” フィリピン料理に革新を!と、力強く店が掲げるこの言葉通り、伝統的フィリピン料理に大胆かつ繊細なアレンジを加えたオリジナル料理が自慢です。 写真が充実したメニュー表には、マレーシア、シンガポール、インドネシアといったアジア各国の料理のエッセンスをレシピに取り入れた斬新な品々が並びます。 通常揚げ春巻きの形をしているルンピア(写真①)は、美しくカットして開き食べやすくアレンジ。今にも泳ぎだしそうに盛りつけられたティラピア(写真②)は、カリっと揚げて、尾までおいしく食べられるようにしています。

    ①Lumpiang Hubad in Pastry Cups(P120)
    ②Butterfried Tilapia in Tamarind Sauce(P299)

    2013年05月29日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】おしゃれなレストランが集まるパソン・タモ・エクステンションのKarrivin Plazaに、2016年3月にオープンしたばかりのモダンなフィリピン料理レストラン。かつてBlack Sheepのシェフとして活躍したJordy氏とJP氏が作り出す料理は、味付けや食材こそフィリピンのものだが、伝統とはかけ離れた独創的な料理。
    【マカティ・レガスピ】代々継承したレシピにオーナーのアイデアを加え、若者から高齢者まで楽しめるメニューが特徴。常連の日本人客もおり、店内はいつもローカルのリピーターや外国人で混雑している。
    【マカティ】1938年に創設され、長年フィリピンの人々に愛されてきたこちらのレストラン。Pancit LuglogやArroz Caldo、Lumpiang Ubod Sariwa を初めとするメリエンダフードから、伝統的なフィリピン料理が気軽に楽しめる。
    【タギッグ】日本人の間でもよく知られたフィリピン料理店XO46の系列。フィリピン北部に位置するヌエバ・エシハ州の料理を提供している。
    【タギッグ】食の都と言われるパンパンガ州の料理が主なメニュー。魚を開いて姿フライにしたBinukadkadna Pla Plaは見た目も楽しめ、一番人気。
    【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
    【マカティ・レガスピ】料理にソースをかけるのが大好きなフィリピン人の食欲を満たすために、シェフのJP Anglo氏がソースたっぷりにアレンジしたフィリピン料理が満載。
    【マカティ・レガスピ】料理を手掛けるのは、ラグナ州リリウ市出身の若手シェフ・Justin氏で、幼い頃から食べていた祖母の手料理を再現したメニューを提供。
    【カビテ・シラン】木々に囲まれた環境でゆっくりと食事が楽 しめるガーデンレストラン。フィリピンの伝統的な建築スタイルの家屋「Kubo(クー ボ)」のなかで、フィリピン料理を満喫しよ う。
    【オカダマニラ】ストリートフードやレストランが立ち並ぶマニラ首都圏の「キアポ」エリアから着想を得た、フィリピン料理店。味付けも洗練されており、フィリピン料理を初めて食べる方にもおすすめです。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー