ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Flatiron フラットアイロン ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

Flatiron フラットアイロン

【ボニファシオ】BGCに今年オープンしたアップタウンモール1Fにある、Flatiron(フラットアイロン)でコンフォート・フードを。(コンフォート・フード:家庭的なほっとする、心が和む料理のこと)Flatironでは、鉄板で提供するグリル料理をメインにしたレストラン。副料理長のカーク・グー氏曰く、「レストランの名前は、鉄板にちなんでいます。

1771 printing data

①メトロ・マニラで一番のコンフォートフードを自負するFlatironへようこそ

②1771 Group CEOのリッキー・グティエレス氏が手がけたお洒落な内装。

③約6時間煮込んだLamb Shank(p710)は、まぎれもなくベストメニューの一つ。

④料理には世界各国の原料が使われます。こちらは、日本風のピリ辛みそ漬けサーモン(P575)

⑤Flatironオリジナル、さわやかなPomelo Orzo Salad (P300)。底に見えているのは、ライスではなくオルゾパスタです。

⑥真鯛のパンシアードSea Bream of Liberty (P550)も看板メニュー。

⑦300gのチョイス級USビーフを使ったFlatiron Steak(P1,250)

 

BGCに今年オープンしたアップタウンモール1Fにある、Flatiron(フラットアイロン)でコンフォート・フードを。(コンフォート・フード:家庭的なほっとする、心が和む料理のこと)Flatironでは、鉄板で提供するグリル料理をメインにしたレストラン。副料理長のカーク・グー氏曰く、「レストランの名前は、鉄板にちなんでいます。当店の代表メニューであるFlatiron Brisket 6も、鉄板の上で誕生しました。」とのこと。またFlatironは、1771Group傘下のレストランです。他にはChateau 1771、Sentro 1771、Cafe 1771があり、そのトップがリッキー・グティエレス氏。そして、Flatironの厨房を仕切るシェフのヴィッキー・パシェコ氏により、数々のコンフォートフードが生み出されました。Flatironのメニューは、厨房の中心に位置する鉄板で調理され、伝統的な料理にモダンなテイストを加えたものとなっています。あらかじめ、お好みの料理ジャンルをシェフに伝えておけば希望に応えてくれるそうです。代表メニューのFlatiron Brisket 6(”6”は、6時間調理しているから)の他にも、シェフの一押しメニューには、Giant Gambas(普通のエビではなく、巨大な車エビを使用)、Black Jack Mac n’ Cheese (アメリカ産のブラックジャック・チェダーチーズを使用)、Manhattan Seafood Chowder (トマトベースのチャウダー)やPomelo Orzo Salad があります。是非、これらの様々なコンフォート・フードを味わってみてください。

 

ブログにも掲載してますので、ぜひご覧ください。

ブログ掲載ページ:
https://primer.ph/blog/genre/all/2016-06-30-flatiron-in-uptown-mall/

店舗情報

  • 住所 : G/F, Uptown Mall, 38th St., Bonifacio Global City, Taguig City
  • TEL : 0917-854-4540
  • 営業時間 : 12時~22時(日曜日~木曜日)、12時~24時(金、土曜日)
  • WEB : http://flatiron.ph/
  • FB : Flatiron.PH
  • Instagram:Flatiron.ph
    E-mail:[email protected]
  • 2016年05月30日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】おしゃれなレストランが集まるパソン・タモ・エクステンションのKarrivin Plazaに、2016年3月にオープンしたばかりのモダンなフィリピン料理レストラン。かつてBlack Sheepのシェフとして活躍したJordy氏とJP氏が作り出す料理は、味付けや食材こそフィリピンのものだが、伝統とはかけ離れた独創的な料理。
    【マカティ・レガスピ】代々継承したレシピにオーナーのアイデアを加え、若者から高齢者まで楽しめるメニューが特徴。常連の日本人客もおり、店内はいつもローカルのリピーターや外国人で混雑している。
    【マカティ】1938年に創設され、長年フィリピンの人々に愛されてきたこちらのレストラン。Pancit LuglogやArroz Caldo、Lumpiang Ubod Sariwa を初めとするメリエンダフードから、伝統的なフィリピン料理が気軽に楽しめる。
    【タギッグ】日本人の間でもよく知られたフィリピン料理店XO46の系列。フィリピン北部に位置するヌエバ・エシハ州の料理を提供している。
    【タギッグ】食の都と言われるパンパンガ州の料理が主なメニュー。魚を開いて姿フライにしたBinukadkadna Pla Plaは見た目も楽しめ、一番人気。
    【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
    【マカティ・レガスピ】料理にソースをかけるのが大好きなフィリピン人の食欲を満たすために、シェフのJP Anglo氏がソースたっぷりにアレンジしたフィリピン料理が満載。
    【マカティ・レガスピ】料理を手掛けるのは、ラグナ州リリウ市出身の若手シェフ・Justin氏で、幼い頃から食べていた祖母の手料理を再現したメニューを提供。
    【カビテ・シラン】木々に囲まれた環境でゆっくりと食事が楽 しめるガーデンレストラン。フィリピンの伝統的な建築スタイルの家屋「Kubo(クー ボ)」のなかで、フィリピン料理を満喫しよ う。
    【オカダマニラ】ストリートフードやレストランが立ち並ぶマニラ首都圏の「キアポ」エリアから着想を得た、フィリピン料理店。味付けも洗練されており、フィリピン料理を初めて食べる方にもおすすめです。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー