ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピンのレストラン情報 > Rolando & Jackie Laudico|Chef Laudico GUEVARRA'Sシェフ・ラウディコ・ゲバラ

Rolando & Jackie Laudico|Chef Laudico GUEVARRA'Sシェフ・ラウディコ・ゲバラ

RolandoさんとJackieさんは二人三脚で活動している料理人夫婦。大学で出会った二人は、卒業後共にケータリング業を設立。

フィリピン料理  サヌアン



 RolandoさんとJackieさんは二人三脚で活動している料理人夫婦。大学で出会った二人は、卒業後共 にケータリング業を設立。そして2006年にボニファシオ・グローバル・シティでフラッグシップ店のBistro Filipinoをオープンした。現在はレストラン4店舗の経営に加え、海外のフードフェスティバル参加やテレビ出 演など、多忙なスケジュールをこなしている。二人ともフィリピン料理を広める活動に積極的に取り組んでお り、11月にはAsian Food Channelで、フィリピン観光省がスポンサーの番組Amazing Food Challenge : Fun in the Philippinesを放映する予定だ。

 Rolandoさんはエビとカニが大好物で、なんと2Kgも平らげてしまうほど。好きな料理はエビの炒め物。「初 めて作った時はね、生きたエビを熱した油に投入した後、蓋を忘れてしまったんだ。床に散らばったエビを 拾う羽目になったよ」と笑いながら語る。一方パティシエとして活躍しているJackieさんは、チョコレートが もっともお気に入りの食材。2013年にオープンしたChef Laudico GUEVARRA’Sは遠方からお客さんが来る ほど人気のフィリピン料理ビュッフェ。都会から離れた1920年代建築のレストランは、夏の別荘にいるような気分にさせてくれる。

店舗情報

  • 387 P.Guevarra St. cor. Argonne St., Addition Hills, San Juan
  • 02-705-1874/1811、0917-311-2222
  • 11時~14時・19時30分~22時(月~金曜ランチP399/月~木曜ディナーP499/週末ランチ・金~日曜ディナーP599) 
  • なし
  • 2016年06月08日更新

    ※情報の更新・訂正は、こちらからお知らせください。皆様からの情報をお待ちしております!

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    The Black Pigで知られるスペイン人シェフのCarlos氏が手掛けるカフェレストラン。サマーセットホテルの4階に位置し、心地よい屋外席からはアラバンの景色を楽しむことができる。メニューはシェフ独自のアレンジを加えたスペイン料理がメインだが、フィリピン料理にインスパイアされたメニューや国際的なメニューも提供。
    【アラバン】 ケソンシティ、マカティに続き、3店舗目となるこちらは、お洒落なフィリピン伝統料理のレストラン。人気は豚肉の揚げ物にトマト、ホワイトオニオン、エビのソースをかけて食べるBoneless Crispy Pata Binagoongan(P665)や、伝統餅菓子スーマンを黒砂糖のソースつけたSuman Sa Latik(P70)。
    VivereHotelの最上階にあり、アラバンをほぼ全貌できる半屋外のレストラン。遠くに朝日やマニラ湾の夕日、夜には街の夜景を見渡すことができる。ロマンチックな風景を楽しめることからデートに利用するカップルが多く、こちらでプロポーズをする人も多いとか。
    アラバンのWestgate Centerに店舗を構えるフィリピン料理店。シェフNeil Ramos氏が独自のアレンジを加えたフィリピン料理を提供している。
    アラバンのWestgateにあるKickstand Cafe & Brewは、アルフレスコエリアが特徴のカフェ。バイカーやサイクリストが集まる場所としてよく知られており、お店の前の駐車場にはバイクや自転車が並ぶ。
    各地に支店を構えるフィリピン料理チェーン店。フィリピンレストランに転向する以前はシーフードレストランであり、当初からの看板メニューである牡蠣は今でも人気メニュー。
    ローカルフードと国際色豊かなカクテルで人気のバー・レストラン。店内はアコースティックナイトのライブ演奏に合わせた落ち着いた雰囲気
    メニューには、フィリピンの伝統料理をモダンにアレンジした料理が豊富に揃っており、特に、コーンビーフのクリスピーボウル、ポークアドボライスボウル、パレス風ビーフチークの春巻き、そしてカレカレなどが人気。
    マカティのレガスピビレッジに店舗を構えるフィリピン料理店。店名のSarsaはタガログ語で「ソース」という意味であり、これはフィリピン人が料理にソースをかけるのが大好きなことに由来していると、シェフのJP Anglo氏が語る。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ(BGC)

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    ケソン

    マンダルヨン

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

  • ラスピニャス
  • フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you