ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > The Farm ザ・ファーム

The Farm ザ・ファーム

こちらはオーガニックのアメリカンフードレストラン。2010年にアメリカから帰国したオーナーがオーガニックフードの少なさを感じ、牧場主の父親に相談。そしてオーガニックの家畜をフィリピンで飼育することに。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 2/F The Commercenter Alabang, Commerce Ave, Filinvest City, Muntinlupa
  • TEL : 02-831-7493
  • 営業時間 : 月~木曜 11時~22時/金~日曜 11時~23時
  • FB : thefarmorganics
  • The Farm Organics
    住所:Solenad 3, 1/F Cinema Bldg., Nuvali Santa Rosa, Laguna
    電話番号:0905-357-2289
    営業時間:11時~21時
  •  

    ① オーガニックのアメリカンフードを楽しめる

    ② 人気メニューのRIVE EYEはブルーチーズバターソースとマッシュルームのグレービーソース付き(写真はOrganic Large P890)

     

     こちらはオーガニックのアメリカンフードレストラン。2010年にアメリカから帰国したオーナーがオーガニックフードの少なさを感じ、牧場主の父親に相談。そしてオーガニックの家畜をフィリピンで飼育することに。こちらで食べられるバーガーやステーキなどのお肉は、この牧場から仕入れるオーガニックビーフ。人気は200gのパテを挟んだThe Farmer’s Burger(P420)とRIVE EYE(写真②)。オーガニックビーフは油が少なめでヘルシーだが、肉の旨みもしっかりと楽しめる。

     

    The Farm Organics ザ・ファーム・オーガニックス

    The Farm Nuvali

     

    ①日当たりのいい店内

     

    ヌバリにあるこちらのレストランではUSビーフや和牛などの高級グレードはないが、国産のオーガニックビーフがリーズナブルで美味しいと大人気。オーナー家族がフィリピン中部のマスバテ州で牧場を営んでおり、ここの牛は遺伝子改良されていない飼料を食べさせ、ホルモン剤や薬品を与えず、ケージに閉じ込めず放牧している。これがフィリピン初の認定オーガニックビーフで、通常のビーフよりも自然で体に良いとされている。高級牛ではないが十分に美味しく、また値段が手頃なのも嬉しい。アラバンやBGCにも支店がある。

    2016年01月29日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    ブエノスアイレスを本拠とし、ラテンアメリカの2014年版ベストレストランランキングで、17位を獲得したステーキ屋。
    【アラバン】アラバンで大人気、日本人経営のステーキハウス。コミュニティー隔離中でもテイクアウトを実施中!営業時間は10時〜17時。ステーキやパスタなどが楽しめる。注文は0927-460-2495もしくは8659-7522までご連絡を。支払いは現金、クレジットカードのほか、BDOでも対応。
    【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
    【マカティ】チンゴロデリで提供しているアルゼンチンのボルジコビーフの特徴は、柔らかく濃厚で脂肪が多すぎないこと。それは飼料ではなく牧草で育てられているからだとか。
    六本木に本店を構える正統派ステーキハウス。自家製の乾燥熟成ビーフとフレッシュビーフの2種類を提供ている。
    【タギッグ】アメリカのセレブシェフ、Todd English氏が手がけるレストラン。洗練されたインテリアと共に、ジャンルごとに9つのステーション(調理場)があり、シーフード、フラットブレッド、パスタ、サラダ、タコス、ハンバーガー、ステーキなど、豊富なメニューが楽しめる。
    【マカティ】人気デリカテッセン「サンティス」と同じWerdenbergグループがお届けするステーキハウス。ブラウン一色の落ち着いた空間は友人同士の集まりでも接待でも大いに活躍が望める。店名が示す通りアンガスビーフがメニューの主役で、こちらはアメリカから輸入。
    【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定のプライムやスーパープライムなどの特上ビーフもあるが、マニラでは珍しいダブルゴールドビーフも是非味わってみてほしい。
    【イロイロ】テキサス風アメリカ料理を提供するレストランMojave。2008年にイロイロではじめてオープンしたステーキハウスで、フィリピンで人気のワッフル「Waffle Time」と同オーナーが経営している。
    【タギッグ】ニューヨーク出身のオーナーが経営するデリで、ボリュームのある朝食メニューが人気。BGCのFairways Towerの1階にひっそりと構える。等級6~8を誇るフィリピン産和牛「Kitayama Wagyu」を取り扱っており、肉の繊維を壊さないように保存方法に注意を払っている。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー