ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Peri-Peri Charcoal Chicken ペリ・ペリ・チャコールチキン

Peri-Peri Charcoal Chicken ペリ・ペリ・チャコールチキン

ラテン系の国々の料理をカジュアルに楽しめるファミリーやグループ向けのレストラン。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : Unit323A,3/F Bridgeway,SM Megamall
  • TEL : 02-477-3354
  • 営業時間 : 月曜~木曜 10時~21時/金曜~日曜 10時~22時
  • 休日 : なし
  • ポルトガル、スペイン、メキシコといったラテン系の国々の料理をカジュアルに楽しめるファミリーやグループ向けのレストラン。 おすすめは炭焼きのPeriチキンに、ライス、コーン、グレイビーソースがつくCombo C(P180)や、パスタがつくPlatter1(P198)などのセット。 リーズナブル価格が地元客に人気です。 モッツァレラ・スティック(P170/6個)は、パン粉でカリッと揚げたもちもちのモッツァレラ・チーズが特製のチリソースにぴったり。 グリルチキン・カサディラ(P288)は薄焼きのトルティーヤでチキン、レタス、トマト、サワークリームをはさんだタコスのような食感。小腹がすいたときのおやつにもぴったり。

    2013年05月29日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    【パサイ】Sメゾンモールにあるヨーロピアンファインビストロ。レストランひらまつ博多をはじめ、東京のオーベルジュ・ド・リル、ポール・ボキューズなどのフレンチミシュランレストランの副料理長・料理長を歴任された目野氏が自慢のフレンチを振る舞う。
    【マカティ】マカティのパサイロードに位置する、隠れた洋食のお店。コミュニティー隔離中は11時〜19時まで、テイクアウトとデリバリーを実施中!詳細はお電話(02-8893-7425)でご確認を。デリバリーはマカティ内でP1000以上から、デリバリー代はP100。
    【アラバン】2018年4月にオープンしたギリシア料理店。。料理はオーナーのギリシア人が味のチェックをしており、ギリシア人客も舌鼓を打つくらい本場の味を再現している。
    【タギッグ】1965年にオープンした英国の老舗ピザチェーンであり、安定のピザ店として知られている。2018年にフィリピンに上陸。店名からファーストフード店と思われがちだが、きちんとしたフルサービスのレストランだ。
    【マカティ】マニラでよく知られたデリカテッセン、SANTISのスイス人オーナーが自らプロデュースしたスイスの本格家庭料理が味わえるレストラン。
    【マカティ】アジアやヨーロッパの味を取り込んだモダンな料理がグルメの間で大人気。シェフは、SALA RESTAURANTも手掛けるColin Mackay氏。店舗自体はかつてNielson Towerと呼ばれる管制塔を改造したもの。
    【タギッグ】ヨーロピアンとアメリカンにインスパイアされたコンフォートフードを提供。シャングリラプラザにある「Kettle」の姉妹店で、ロックウェルにも支店を構える。看板料理はButtermilk Fried Chicken Fingers。
    【タギッグ】かつてはカジュアルなフレンチビストロだったが、新しいシェフを迎えメニューを一新。現在は主にヨーロピアンを中心とした多国籍の創作料理を提供する。2階に行くとソファ席が多く、居心地のいいアットホームな雰囲気。
    【タギッグ】人気ギリシア料理店「Cyma」のカジュアルな姉妹店として、2017年にオープン。ギリシャ料理を代表する肉の串焼き料理「スブラキ」をメインに、様々なギリシャ料理がメニューに並ぶ。パスタも美味しく、中でもベストセラーはコシのある細めのパスタにはまぐりがたんまり入ったClam Pasta。
     「ケソンシティに本格ファインダイニングを」というオーナーの熱い思いがこもったモダン・ヨーロピアン・レストラン。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー