ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 【閉店しました】La Cocina de Tita Moning(ラ・クッチーナ・デ・ティタ・モニ) ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

【閉店しました】La Cocina de Tita Moning(ラ・クッチーナ・デ・ティタ・モニ)

【La Cocina de Tita Moning(ラ・クッチーナ・デ・ティタ・モニ)は閉店しました】中世の貴族の邸宅のようなノスタルジックな雰囲気で、伝統のスパニッシュを召し上がれ。

※2017年3月8日追記、La Cocina de Tita Moningは閉店しました。 

「La Cocina de Tita Moning」は、完全予約制のスペインのコース料理レストランです。レガルダ医師とその妻が住んだThe Legarda Houseを改装し、特別な“正餐”を味わうことの出来る場所としてその気品と質を保ち続けています。

San Rafael通りに面した門をくぐり玄関に足を踏み入れると、そこはまるで美術館。数々の絵画やアンティークが、あなたを出迎えてくれます。お食事の前に、専属のメイドさんによるThe Legarda Houseの案内を受けます。金字の重厚な書物が並ぶ図書館や、洗練されたデザインの夫妻の寝室、アンティークカメラ・ラジオのコレクション、無数の華麗な装飾品など、中世の貴族の邸宅に招かれたようなノスタルジックな気分を味わうことができます。


それからダイニングで食事を頂きます。花びらとアンティーク食器で彩られたテーブルにつくと、お料理がもてなされます。しかしその形式はフランス料理などとは異なり、メイドさんが運んでくれる大皿のお料理を好きな分だけお皿に取る、スペインの伝統的なホームスタイルです。食器を介してかわされる些細な会話やコミュニケーションが食事の美味しいスパイスとなります。


「パンプキンのクリームスープ」はカボチャの甘みが引き立つまろやかな口当たり。「バレンシアーナのパエリア」は、スペインの代表的な国民食であるパエリアを丁寧に作りこんだ完成度の高い一品で、カラフルなパプリカと大きなエビが舌だけでなく目も楽しませてくれます。メイン料理の「ローストポーク」はカリカリに揚げられた皮のフライを添え、濃厚なソースをかけて頂きます。ゆっくりと時間をかけて焼き上げられた柔らかなお肉は、噛み締めるほどに旨みが滲み出てきます。


また、「ウボのソテー」は是非一度ご賞味いただきたい一品。ウボとは野菜の一種で、バナナの茎のことを言うそう。熱するとやわらかくなり、とても素朴な味です。デザートの「バタープディング」はふわふわとした食感が楽しい。キャラメルでコーティングされたナッツと共に頂くと、美味しさが倍増します。

食後のコーヒーを飲んでいると、ゲストブックが手渡されます。それは様々な国籍の人々がここを訪れ、素晴らしい一時を過ごしたことの証です。まるで身内のようにあたたかくゲストを迎えてくれる。それはさながら、ひとつの家族になったような心地よさです。中世のアンティークに囲まれた、特上の正餐。そんな贅沢な経験ができるのは、ここしかありません。


●用途:特別な記念日などに
●店内の雰囲気:豪華でノスタルジックな空間
●予算:コースでP2,500(例)
●コース内容一例:
コース内容
① Sopa de Oro(パンプキンのクリームスープ)
② Paella Valenciana(バレンシアーナのパエリア)
③ Grilled Eggplant Salad with Homemade Vinaigrette
 (焼きナスの自家製ビネグレットソースがけ)
④ Slowly Roasted Pork with its own Chicharon(ローストポーク)
⑤ Candied Sweet Camote(さつまいもの甘煮)
⑥ Sauteed Fresh Ubod(ウボのソテー)
⑦ Organic Brown Rice(有機栽培の玄米)
⑧ Caramelized Saba Bananas with Vermouth Fresh Fruit Platter
 (バナナのカラメルがけとフルーツの大皿)
⑨ Tina moning’s bread and Butter Pudding(パンとバタープディング)
⑩ Barako Coffee, Native Chocolate or Herb Tea from Our Garden
 (バラココーヒー、ホットチョコレート、ハーブティー)



新鮮な具材を使ったパエリア


噛むほどに味わいが広がるローストポーク


フィリピンならではのウボのソテー

店舗情報

  • 住所 : 315 San Rafael Street, San Miguel, Manila
  • TEL : (02) 734-21-46
    E-mail: [email protected]    
    [email protected]
  • 営業時間 : 完全予約制なのでご予約頂ければいつでも可
  • 休日 : なし
    取り扱いカード:VISA and MASTERCARD
    ※前日までにコースメニューと日時・人数を予約して下さ
    ※コースメニューはホームページで確認できます
  • WEB : http://www.lacocinadetitamoning.com
  • 2009年10月19日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    豊富な品揃えに定評があるマニラの食材店。基本的な日本食材に加え、 生鮮食品が置いてあるのも魅力の一つです。
    【マニラ・マラテ】もつ鍋激戦区博多でも美味しいと評判のもつ鍋専門店 梟がマニラにオープン。新鮮な小腸を「旨み・質感」を損なわないよう丁寧に処理しております。食べた瞬間、口いっぱいに広がるジューシーさは博多のグルメも絶賛。
    【ケソン・シティ】あのモスバーガーがついにフィリピン上陸。2020年1月には、ロビンソンガレリアにポップアップストアを設置し、翌月に同モールに店舗を正式オープンした。モスチーズバーガーや海鮮かきあげライスバーガーなど、日本でもおなじみのメニューがマニラ店にも登場。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    【チャイナタウン】第二次世界大戦後に現オーナーの祖父がオープンした老舗。マリネしたポークが美味しいAsado (Small P235、Medium P470、Large P940)というメニューで知られており、毎年放送される旧正月のTV特集では必ず取り上げられる。
    【チャイナタウン】生春巻きが美味しいことで地元の人に人気のお店。生春巻きと言っても、生の部分は皮のみ。中身は野菜、ピーナッツ、エビ、ポークなどを細かく切り、火を通したものを詰めている。
    【チャイナタウン】1956年にCarvajal通りの路地裏に開店した老舗。店名の「Sincerity」とは「誠実な」という意味。
    【チャイナタウン】Eng Bee Tinの系列店で、オーナーは元消防士。収益金はBinondo Paco Fire Searchや消防隊に献金されているというので驚き。
    【チャイナタウン】中華街でも数少ないベジタリアン料理店。麺筋、豆腐を使った煮込み料理、野菜の炒めものや煮びたしなど豊富な種類のおかずがガラスケースの中に並ぶ。
    【チャイナタウン】店名にあるように、お店の看板料理は餃子。一番人気のDumplingsは蒸したてジューシーな水餃子で、8個でたったのP82とリーズナブル。カラリと揚げたFried Dumplingsもパリッとした皮とジューシーな中身のコントラストを楽しめる絶品だ。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー