ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 【閉店】Le Bellevue (レ ベルビュー)

【閉店】Le Bellevue (レ ベルビュー)

【Le Bellevue (レ ベルビュー)は閉店しました】宝石を散りばめた夜景を舞台に、本格ヨーロッパ料理を堪能しよう。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : DIAMOND HOTEL PHILIPPINES, Roxas Boulevard Cor. Dr. J. Quintos Street, Metro Manila
  • TEL : (632) 528- 3000、(632)305-3000
  • 営業時間 : ランチ 11:00am-2:00pm(日~金曜日)、ディナー 5:00pm-10:00pm
    取り扱いカード: VISA /JCB /AMEX /DINERS /MASTERCARD
  • WEB : http://www.diamondhotel.com
  • 【追記:Le Bellevue (レ ベルビュー)は閉店しました】

     

    ダイヤモンド・ホテルでマニラ湾の夜景を独り占め!

     

      bellevue%20pri1.jpg

       

    各国首脳、企業のエグゼクティブや著名人からよく利用されるダイヤモンド・ホテル。日本人スタッフが複数名常駐しており、その便利さから日本人リピーターも多い高級ホテルとして知られています。

    その最上階27階にあるのが、ヨーロピアンコンチネンタル「Le Bellevue」。

    Philippine best restaurant 2007にも紹介されました。 ホスピタリティ溢れるマネージャーを筆頭に丁寧なサービスに銀食器のテーブルウエア、そして、東洋の真珠といわれるマニラ湾がパノラマに見渡せる絶景。洗練かつロマンティックなムードたっぷりの雰囲気は他では味わえません。

     

     

    beef-ribs.pri-jpg 必ずオーダーしたい肉料理。口の中でほぐれる牛リブ肉がシアワセを呼ぶ。

    cheese%20cake.%20pri.JPG 女性に好評なチーズケーキ。甘酸っぱいベリーソースと相性抜群。

     

    「Le Bellevue」自慢は肉料理。Braised Australian beef ribsは、とろりと口の中でほぐれる牛リブ肉をハーブが効いたグレイビーソースで頂きます。
    絶妙な相性は格別。また、ミディアムな焼き加減で、お肉自身の味とオレンジ・ジンジャー・ソースの絡みが楽しめる Roasted duck in orange-ginger sauce(740ペソ+)もおすすめ。霜降り和牛メニューもあります。

    南国の暑さを忘れて、マニラ湾のサンセット、宝石を散りばめた夜景を舞台に、本格ヨーロッパ料理を堪能するのはいかがでしょうか。  



    ●用途:ビジネス会食、友達同士、カップルでフォーマルに食事したいとき
    ●店内の雰囲気:マニラ湾の眺望が独り占めできムードたっぷりのレストラン。
    ●予算:コース P2,000~
    ●オススメメニュー:
    ・オーストラリア産牛リブ肉の蒸し煮ハーブ・グレイビーソース添え (510ペソ+) -Braised Australian beef ribs with herbed gravy served on garlic mashed potatos
    ・ベリーソースのアップルチーズケーキ (250ペソ+) -Apple raisin cheesecake with berries harmony and raspberry coulis





    これまで数々のカップルのプロポーズの場となったレストラン。ビシッときめたいなら、窓側の席を必ず予約してね。

    2008年02月12日更新

    広告
    広告

    コメント / トラックバック 2 件

    ジェニー | 
     

    先月、日本から友人が遊びに来てたのでこのお店に連れて行きました。セットメニュー4(duck breast)を頼みましたが、味の方はグッド! おすすめです。

    プライマー編集部 | 
     

    >ジェニーさん
    お返事遅れて申し訳ありません><
    プライマー編集部のYUKKEYです。
    日本からのお友達もさぞ喜ばれたことでしょうね^^
    私もいつか、こんなゴージャスなレストランで食事をできるようになりたいものです・・・(苦笑)

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    品揃えは基本的な日本食材に加え、生鮮食品が置いてあるのも魅力の一つです。
    【マニラ・マラテ】もつ鍋激戦区博多でも美味しいと評判のもつ鍋専門店 梟がマニラにオープン。新鮮な小腸を「旨み・質感」を損なわないよう丁寧に処理しております。食べた瞬間、口いっぱいに広がるジューシーさは博多のグルメも絶賛。
    【ケソン・シティ】あのモスバーガーがついにフィリピン上陸。2020年1月には、ロビンソンガレリアにポップアップストアを設置し、翌月に同モールに店舗を正式オープンした。モスチーズバーガーや海鮮かきあげライスバーガーなど、日本でもおなじみのメニューがマニラ店にも登場。
    【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
    【チャイナタウン】第二次世界大戦後に現オーナーの祖父がオープンした老舗。マリネしたポークが美味しいAsado (Small P235、Medium P470、Large P940)というメニューで知られており、毎年放送される旧正月のTV特集では必ず取り上げられる。
    【チャイナタウン】生春巻きが美味しいことで地元の人に人気のお店。生春巻きと言っても、生の部分は皮のみ。中身は野菜、ピーナッツ、エビ、ポークなどを細かく切り、火を通したものを詰めている。
    【チャイナタウン】1956年にCarvajal通りの路地裏に開店した老舗。店名の「Sincerity」とは「誠実な」という意味。
    【チャイナタウン】Eng Bee Tinの系列店で、オーナーは元消防士。収益金はBinondo Paco Fire Searchや消防隊に献金されているというので驚き。
    【チャイナタウン】中華街でも数少ないベジタリアン料理店。麺筋、豆腐を使った煮込み料理、野菜の炒めものや煮びたしなど豊富な種類のおかずがガラスケースの中に並ぶ。
    【チャイナタウン】店名にあるように、お店の看板料理は餃子。一番人気のDumplingsは蒸したてジューシーな水餃子で、8個でたったのP82とリーズナブル。カラリと揚げたFried Dumplingsもパリッとした皮とジューシーな中身のコントラストを楽しめる絶品だ。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン 外出規制中デリバリ情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー