ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Casa Verde カーサ ベルデ ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

Casa Verde カーサ ベルデ

UP Town centerの2階にあるアメリカンフード専門店。お肉はすべてアメリカからの輸入で、その超ビッグサイズのメニューに驚く。



UP Town centerの2階にあるアメリカンフード専門店。お肉はすべてアメリカからの輸入で、その超ビッグサイズのメニューに驚く。Bnian’sRIBS(写真①)は肉感がジューシーな本場の味だ。Leunen’sLAVA(写真②)の巨大パフェは3~4人分なので、ご家族など大勢で楽しむのにおすすめ。メニュー名は親しみを込めて、オーナーの愛するご家族の名前がつけられている。ダイナミックなアメリカンフードをシェアして、楽しんでみては?

店舗情報

  • 住所 : 2/F UP Town Center, Katipunan Ave., Diliman, Quezon City
  • TEL : 02-364-4154
  • 営業時間 : 11時~22時
  • 休日 : なし
  • WEB : http://www.casaverdecebu.com
  • 2015年05月24日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    ケソン市に構えるヨーロピアンレストラン。レストランひらまつ博多、東京のオーベルジュ・ド・リル、ポール・ボキューズなどのフレンチミシュランレストランで副料理長・料理長を歴任された目野氏が手掛ける。
    フィリピン人の好みに合わせたアフリカ産とフィリピン産の豆のブレンドを使用。チョコレートを思わせる少し苦みのある風味が特徴だ。豆は全て店内の焙煎機で焙煎をしている。
    【ケソン・シティ】あのモスバーガーがついにフィリピン上陸。2020年1月には、ロビンソンガレリアにポップアップストアを設置し、翌月に同モールに店舗を正式オープンした。モスチーズバーガーや海鮮かきあげライスバーガーなど、日本でもおなじみのメニューがマニラ店にも登場。
    【ケソン】1992年に一人の日本人女性によって設立され、オープン当時は日本風のパンを提供する数少ないお店であった。
    【ケソン】シャングリラプラザモールのDuck and Buvetteの姉妹店。サワードウのパンやピザを提供。ベストセラーはSourdough Loafや砂糖をまぶしたMorning Bun(P115)、チョコレート入りのPan Au Chocolat(P100)など。
    【ケソン】毎日150個ほどのパンを生産するケソン市の小さなパン工房。主にケソン市、アラバン、マカティ、BGCの飲食店に卸しているが、個人でも注文可能(最小オーダーP400分)。
    【ケソン】1970年から営業している老舗。リサール州に牧場を持つ。豚は冷凍せずしめてからすぐに焼き、マニラへ運送している。
    日本食レストラン経営者様、必見! Total Japanese cooking solution
    【ケソン】ふわふわした食感が特徴の台湾カステラの名店。日本のカステラを熟練職人のTai-Cheng Lu氏が学び、オリジナルのカステラを台湾の淡水で編み出したのが始まり。2019年6月にはケソン市のイーストウッドでマニラ1号店をオープン。
    【ケソン】ケソン市に構える日本食材店「ニューはっちん」の食材店と飲食店が一体化した新コンセプト。これまでのニューはっちん同様日本の食材の販売と同時に、サラダやカレーなどの食事、コーヒーやお酒などのドリンク、そしてマカティでおなじみのPatisserie Bebe Rougeで売っているケーキなどのスイーツを店内で楽しむことができます。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー