ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報

マカティ 月間アクセスランキング

秋田県人なら知らない人はいない郷土料理の数々を、ここマニラで楽しませてくれるのが秋田屋。
2   Kyo-to 京兎
【マカティ・レガスピ】完全予約制の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷり。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。
【マカティ】和牛を美味しく!お得に!納得価格で!食べられる焼肉店。コミュニティー隔離中もテイクアウトやデリバリーを実施中!営業時間は月〜日曜の12時〜20時まで。テイクアウトの場合は事前に電話(091-7133-2828/091-6583-0793/02-8442-2741)までご連絡を。支払いは現金のみ。デリバリーはグラブエクスプレスやララムーブのほか、アンカスなどで対応している。
元力士が造る本格ちゃんこ鍋の店。鍋のスープは数十種類の素材を長時間かけて毎日仕込むこだわり。野菜もタップリで、日頃の野菜不足も解消間違いなし。
品揃えは基本的な日本食材に加え、生鮮食品が置いてあるのも魅力の一つです。
【マカティ】関西風と広島風の美味しいところの選りすぐったお好み焼きを、岡山出身のマスターがカウンターに立って作る。コミュニティー隔離期間はテイクアウトを実施中!営業時間は11時〜19時まで。ラストオーダーは18時30分。注文はSmart:0912-858-1635 もしくはGlobe:0915-773-9607までお電話かテキストで。
7   山崎 Yamazaki
【マカティ】1998年の創業から日本人に親しまれてきた日本食レストラン・日本食材店。お弁当の配達も行っている。
【マカティ】銀座でA5ランク高級黒毛和牛を提供している「YAKINIKU A FIVE徳」が2020年1月23日、リトル東京にオープン。日本でのノウハウを活かし、炭火を使用した高級焼肉店として展開していきます。
【マカティ・レガスピ】日本国内80店舗、ベトナムホーチミン2店舗運営する「屋台居酒屋 大阪満マル」のフィリピン1号店。2019年3月にマカティシネマスクエアにオープンした。
ブエノスアイレスを本拠とし、ラテンアメリカの2014年版ベストレストランランキングで、17位を獲得したステーキ屋。
【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
ほぼ全商品80ペソ均。便利な立地に加え、リーズナブルな値段で知られる食材店。夜10時半まで空いているので便利
13   瀬里奈 Seryna
【リトル東京】日本人やフィリピン人グルメに人気の和食レストラン。コミュニティー隔離期間中もテイクアウトを実施中!営業時間は11時〜18時30分まで。オーダーは電話やメッセージ(02-8894-3855/+63916-514-2355)まで。
【マカティ】日本人パティシエが手掛けるパティスリー。コミュニティー隔離期間でもおいしいパンやケーキなどが楽しめる。営業時間は9時〜16時まで。
15   Unakichi うな吉
マカティシネマスクエアに構えるウナギ専門店。マカティシネマスクエアに構えるウナギ専門店。テイクアウトのほか、P100の追加料金でマカティとBGCへデリバリー可能。P4,000のオーダー以上でアラバンへも対応。別途P500のデリバリー費が掛かります(スカイウェイ使用のため) 【配達対象エリア】 マカティ・BGC・アラバン 【営業時間】 10時〜19時(テイクアウト)/10時〜18時30分(デリバリー) 【電話番号】 02-7728-2072 【公式FB】 UNAKICHIMAKATI
【マカティ】料理、雰囲気ともにマニラで人気を博す本格イタリアンのカルーソの味を、外出規制中も楽しめる。テイクアウトのほかFood Panda経由などでデリバリーも提供。パスタやピザ、リゾットや魚料理など、幅広いイタリアンメニューをオーダーできる。その味を知られた自家製パスタやソースの味を堪能してみよう。
【マカティ】新鮮な刺身に美味しいお酒と豊富なメニュー 一日の終わりは、川崎で!
【マカティ】マカティのパサイロードに位置する、隠れた洋食のお店。コミュニティー隔離中は11時〜19時まで、テイクアウトとデリバリーを実施中!詳細はお電話(02-8893-7425)でご確認を。デリバリーはマカティ内でP1000以上から、デリバリー代はP100。
毎週日曜日の午前中に開催されるレガスピマーケット。オーガニック野菜や食品を販売するブースが集まったゾーンは必見。また、フェアトレード商品、美術品、骨董品、ぬいぐるみなど、数多くの雑貨屋が並びます。このページではその一部のお店を紹介します。
【マカティ】ジュピターストリート沿いにあるYOKOHAMAスタイルの本格焼肉をお楽しみください。当店ではグリルの方もうらなせる最上の味をご提供しています。
21   牛門 GYUMON
マラテのパン・パシフィック・ホテルにも支店を持つ本格焼肉店。
【マカティ】居酒屋「剣心」から、激安タレ焼肉店が2019年1月にオープン。ビーフカルビガーリックバター (P259)やツボ漬けカルビ(P369)など、種類豊富で価格もリーズナブル。自分でタレを選べる「ソースバー」では、お肉に合わせてお好みのタレをあれこれ試すことができる。
【マカティ】1995年から営業している老舗。座敷、テーブルともにゆったりと配置された店内は、日本の居酒屋そのもの。店内は170~180席と広く、最大12席の個室を5部屋完備。
立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
2007年オープン、マニラでは古参の部類で根強い人気を誇る。美味しさの源はスープに使われる珍鳥・烏骨鶏。
【マカティ】日本人、フィリピン人共に高い人気を誇るお手頃価格の日本食レストラン。マカティシネマ店のほかSMサウスモール店もテイクアウトが可能。P1,600で7日間分のお弁当(1日1食分)の剣心定額弁当サービスを提供。10種類のお弁当から好きなものを7つ指定してまとめてオーダー。ピックアップ、またはデリバリー対応。日本語でのお問い合わせはLINE から。
2019年7月にパサイ市からマカティのリトル東京に移転、かつて「うらめし屋」があったところで新しく営業スタート。とんこつ醤油に自信があり、某有名ラーメン職人が監修する本格派ながら、価格帯はなんとP250からと良心的でその上、お替わり無料の白飯も付いているというのが驚きだ。
ランチは定食でカジュアルに、夜は個室で接待にと、日本人のツボを押さえた一軒です。
【マカティ】日本初、世界中に1000を超える店舗を持つ「グローバル・カレーチェーン」。マニラ初店舗は2016年1月にオープンし、現在は5ヶ所に支店を構える。コクがたっぷりのオリジナルカレーソース、そして目移りするほど多彩なトッピング。
マカティのSunvar plazaにお店を構える、老舗の焼肉屋さん三田屋がリニューアルオープンしました。創業から17年目になり、以前のお店には元アキノ大統領もお忍びで通うほどの焼肉店。
【マカティ】日本人シェフ常駐の日本食レストラン。まるで日本にいるような気分でリラックスできる店内で、スタッフが着物をアレンジした制服で出迎えてくれます。このレストランの特徴は、日本の居酒屋スタイル!しっかり食事することもできますが、豊富な一品料理をつまみに飲みの場としても利用できます。
32   Tsukiji 筑地
【マカティ】20 年以上の歴史を誇る本格和食店。自慢の寿司カウンターには新鮮な魚介が並ぶ。岡島登志朗シェフは、長年築地市場で仲買に携わった魚の目利き。寿司ネタの多くは毎週築地からマニラに仕入れ、シャリは魚沼産コシヒカリを使うというこだわり。高級寿司だけでなく、日替わり定食(P495) などのお得なランチメニュー( 平日のみ) もあり。
食の激戦区大阪2店舗を構える「鉄板焼満月」より大河内氏が常駐する海外第1号店。当店は鉄板焼カウンターと個室で構成。
日本の食材を幅広く取り揃える「神戸屋」が、マカティアベニューに新規OPEN!
お取り扱い商品: 調味料・麺・魚介類,スナック・アイスクリーム,清涼飲料・菓子類,野菜 • 焼酎 • ウイスキー
マニラに12店舗以上展開する老舗デリカテッセン。生ハム、ソーセージ、チーズ、パン、ワイン、その他高級なヨーロッパの食材を提供し、その品揃えには定評がある。
シーフードと野菜がたっぷりの中華あんを豪快にのせたあんかけラーメンは、同店の数あるメニューの中でもオーダー率No1。
【マカティ・レガスピ】グリーンベルトの筋向いに構えるカフェレストラン。コーヒーはインドネシアでもトップのコーヒー豆業者のMerdeka Coffeeから。メニューは主にオーストラリアとニュージーランドの料理で、ピザ、パスタ、サンドイッチなどの軽食が多い。
【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
日本・韓国の商品が豊富な食品・日用雑貨店です。
【マカティ】本格的で美味しい日本居酒屋として、多くの日本人の間で人気のお店。クリークサイドモールの2階からMezzanine(中二階)に移転し、新たに営業を開始した。牛タン焼き(P580)や合鴨を使った料理が看板メニュー。
上品で香り高いゆず風味のつけ汁と、弾力あるモチモチした歯ごたえの麺は相性抜群。
【マカティ】マカティのリトル東京近くのThe Beaconコンドミニアム1階にお店を構える、本格炭火焼居酒屋 花菜串がソフトオープン!オーナーは日本でも炭火焼を経営している日本人店主。日本の食材も使用し、美味しい炭火焼が楽しめる。
【マカティ・グロリエッタ】和食むさし丸 Glorietta2 Japan Town店
【マカティ】かつてマカティのジュピターストリートに構える日本食レストラン「萬月」のシェフが指導をしたスタッフがシェフの監修を得て、新たにサンアントニオビレッジにオープンしたラーメン屋。
美味しいつけ麺を食べたくなったらこちらへ!メニューにはベストセラーのマル得つけめんなど、バラエティーに富んだつけ麺が10種類以上並ぶ。
46   樹海 Jyukai
【リトル東京】日本食材店てっぺんのすぐ横にある隠れ家的な和食レストラン。ほっこり和食料理をリーズナブルな価格で提供。当店おすすめは樹海盛りさしみ(980)、鮭カマ焼き(P280)。P270~280のランチ定食もコスパ抜群。
47   Azami あざみ
【マカティ】パサイロードに構える和食レストラン。とてもリーズナブルな価格で、周囲のオフィスから多くの日本人が食事に来る人気店。メニューの種類が多く、簡単な一品料理からセットメニューまでなんでも揃っている。お寿司は一貫から注文可能で、ネタによってP60~P190。
【マカティ・グロリエッタ】美味しい50種類の和食と、しゃぶしゃぶ用・焼肉のどちらかをお得な価格でお召し上がりいただけます。
【マカティ】ナポリ風ピザを専門とするイタリアンレストラン。11時〜19時30分までテイクアウトとデリバリーが可能。注文量や配達の状況によってはケソン市やアラバンまでデリバリーも可能とのことなので、まずはお問い合わせを。メニューは公式FBから。デリバリーのオーダーは7978-8325か0917-677-8325まで。
50   漁火 Isaribi
【リトル東京】店名から想像がつくとおり、新鮮な魚介類が自慢。日本やフィリピンの海から取り寄せた旬の素材を、卓上の網焼きコンロで好きな風に焼いていただく。
【マカティ】全てのSMモールに附属されているスーパー。カルティマールなどにある庶民向けのSavemoreもSM系列。
リトル東京の向かいに建つヘラルド・スイーツホテル2Fに店を構える本格日本料理店。
【マカティ・サルセド】やっぱり生でしょう!サッポロ生ビール始めました!
こちらはソウルに本店があり、フランチャイズでアジアに80店舗以上を持つ、韓国人も一押しの料理店。フィリピンでは昨年初めに一店舗目をオープン。
55   Kumori くもり
【マカティ】ランドマークやSMのスーパーの手前に店舗を構える。とろけるように柔らかい半熟チーズケーキが看板料理で、他にも多種類のスイーツやパンを販売している。
昨年10月にプレオープンしたミートショプ。
【マカティ】アラバンの優勝軒の姉妹店としてマカティのサルセドにオープン。フィリピンでは珍しいカウンター席のみのお店で、オープンキッチンをぐるっと囲むようにカウンター席がある。入り口近くのレジで注文してお会計をすませ、後は席についてラーメンを待つのみ。
【マカティ】1989年から営業するTsukiji Restaurantは、高級日本料理を味わえるレストランです。食材は東京の築地市場から週3回空輸。寿司や刺身に加え、近江牛を使った焼肉、しゃぶしゃぶ、鉄板焼きを提供しています。
【マカティ】2018年12月にマカティのチノ・ロセスにオープン。厳選高級品の和牛から、ホタテ、エビ、カニなどの新鮮な海鮮を取りそろえており、一押しは美味しい物だけを選び抜いたタラバガニ。全ての海鮮は北海道から急速冷凍をさせ、直輸入している。
【リトル東京】牛門焼肉の系列で、同じ建物の1階にある。龍苑牛煮込み(P250)、レバ刺し(P550)、牛タタキ(P350)などが人気。日本、韓国焼酎も取り揃えている。
日本の人気店が昨年マニラに登場。豚王、黒王、赤王、翠王という4種のラーメンだけで潔く勝負している。
【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
【マカティ】マカティメディカルから徒歩2分、日本人に嬉しい商品がばっちり揃う、台湾グロッサリーがあります!  豊富に揃ったコスメコーナーには、TSUBAKI、MACHERIEと言ったヘアケア用品をはじめ、Biore、豆乳イソフラボンなど、日本人にはお馴染みの商品がずらり。
【マカティ】人気デリカテッセン「サンティス」と同じWerdenbergグループがお届けするステーキハウス。ブラウン一色の落ち着いた空間は友人同士の集まりでも接待でも大いに活躍が望める。店名が示す通りアンガスビーフがメニューの主役で、こちらはアメリカから輸入。
刺身、寿司、天ぷら、豊富なメニューのどれをとってもはずれがないリトル東京通にはおなじみの店。
【マカティ・レガスピ】枝豆や冷ややっこといったおつまみのほか、煮物や焼き物など、日本の居酒屋や割烹料理でおなじみのメニューが勢揃いです。肉じゃが(280ペソ)、タコの唐揚げ(350ペソ)などと単品の注文はもちろん、お手頃なお一人様特別メニューも。
67   吉虎 Kichitora
10時間以上かけて作るスープは、自家製の細麺との相性抜群。
【グリーンベルト】2002年にオープンして以来、モダン風にアレンジした伝統のフィリピン料理で多くのグルメを唸らせてきた人気店。日本人の間で最も知名度の高いフィリピン料理レストランと言っても過言ではないだろう。フィリピン料理初心者はもちろん、上級者も大満足のレベルの高い料理が楽しめる。
【マカティ】新鮮な野菜を使ったヘルスフードが大好評のユニカセ。その人気メニューのひとつがゴロゴロ野菜の入ったベジカレーだ。鰹出汁にカレー粉とココナッツミルクを加えたソースはまろやかで、タイカレーに似ているが辛さはない。
【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定のプライムやスーパープライムなどの特上ビーフもあるが、マニラでは珍しいダブルゴールドビーフも是非味わってみてほしい。
71   BAR 井江 BAR IE
【マカティ】雑多な街を抜けて、扉を開けると広がるシックな空間。静かに流れるJazzを聞きながら、グラスを傾けるBarは大切な人と語らうだけでなく、ひとりの時間を過ごすにも最適。
ラーメン、つけ麺、うどん、焼きそばなど、麺類だけで50種類にも及ぶメニューの充実ぶりが自慢の老舗店。
毎週土曜日の午前から開催されるサルセドマーケット。多国籍の料理や食品のお店が並びます。 このページではその一部のお店を紹介します。
【マカティ】東南アジア各国の料理を一つのお店で楽しめるレストラン。2001年にフィリピンに上陸し、現在セブも含め11店舗展開。オープン当時から務めているマレーシア人シェフが全店舗を回って料理のクオリティーをチェックしており、各国の料理に忠実な味付けであるよう管理を怠らない。
75   とんかつ屋
マカティのコンドミニアムの一階にひっそりと店を構える「とんかつ屋」。知る人ぞ知るマスター秘伝の絶品とんかつ。
【マカティ】主にメトロマニラ内に19店舗程構える高級スーパー。外国製品が豊富で、店舗によってはデリカテッセンやイートインコーナーも入っている。
【マカティ・レガスピ】中国からベテランのシェフを迎え、主に湖南と四川料理を中心に、本場と同じ中華料理をリーズナブルな価格で提供。料理のオーセンティックさにいつも多くの中国人客が訪れており、日本人の間でも人気。
78   Kaya カヤ
【マカティ】韓国料理レストランで外せないのは、1993年創業のこちらの老舗。お客さんの3割は日本人。平日はビジネスマン、週末になるとゴルフ帰りのお客さんも多い。個室が6室あり、最大80人までの団体もOK。日本人がよく注文するメニューはユッケ、焼肉、石焼ビビンバ、チャプチェ、パジョン、冷麺など。
79   Tapella タペラ
【マカティ】フィリピンでも指折りのステーキを出す店、との噂で名高いこちらのスパニッシュレストラン。 スペインから取り寄せた特製ストーンプレートにシーソルトをまぶし、その上でじわじわと焼かれるジューシーな肉。

食べる

ジャンルで探す

ECQ中デリバリ情報

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel